Latest Entries

ウッドポールのラック

昔、私はウッドポールのラックを使っていた、お金が無かったのと、簡単に組み立てられ、その時は一応木材製なので音が良いと思っていた。


しかし使い始め、数年経ち何となく気がついた、「他と比べ音が軽く汚い、ラックがウッドポールだからではないのか」そして当時はシステム総てが、中古品だった。


GASやCROWNやニッコーのアンプを使っていた、それらが絶妙にマッチしたのだろう、今からすると有り得ないような音だったが、世間にないような音だったので、聞いた方はみなさん驚いていた。


今でも言われる方もいらっしゃる「あの頃の音もあれはあれでストイックでかっこよかった」と。


しかし私の場合、求めていけば自然と分かっていった「この音は安っぽくおかしい」と、ウッドボールのラックは総てがねじ込んだポールを板で挟んで留めてるだけなので、グラグラしている。


しかし軽いので、下にキャスターを付ければ移動が楽である、この安易な考えがいけなかった。


板はパインの集成材叩くとカンカンいってる、ポールはMDF、そこに埋め込んである鉄のネジ、音には最悪だった。


その頃、昔、別注で作っていただいた100キロのラックもあったが、引っ越した部屋が狭すぎて使えなかった。


そのラックもウッドボールのラックも、今の家へ持ってきたが、確かに別注で作っていただいたラックの方が、音は良かったが今はもう全部処分した。


総重量1トンの板の分厚いラックに作り換えたからである、木工ボンドや建築用の両面テープで張り合わせ作る為、音が良くなるまで時間はかかるが、泣ける程音は良くなった。


もうラックの下にキャスターを付ける事はない、ただラックにだけ一番下にバスマットを敷いてみた。


バスマット自体は軽く安定しないが、上の重たい(1トン)ラックと面で重なる為、とても安定する。


これは年上の仲間から教わった方法である、スピーカーの下から来る低音震動をかなり和らげてくれる。


その為、アナログターンテーブルや、他の機材を本来のスペックにするために重要な事だった。


これらが分かった今、昔使っていたキャスター付きのウッドポールのラックが、いかにチープなものだったかに気がついた。


通ってみるのも必要な道だが、数年後間違いなく無用の長物になること間違いなし。


今は直接オーディオに関係ない工具置き場や、家電品の収納として使っている。


安易な考えはいけない、オーディオに楽な事は何一つない、私の間違いとして笑って読んで頂けたら幸いです。


でも経験は大切だと思う、間違いがなければ成功はない、成功するには間違いに気付き出来るだけ正確に直す事だと思う。






スポンサーサイト

危険な暑さ

最近の日本の気候は異常である「エアコンはなくても大丈夫」もうこんな事を言ってる場合ではない。


危ないので車でエアコンをかけて移動したり、直ぐに涼しい建物内に入るようにしている。


そして涼しい所で、出来るだけ温かい物を食べる事にしている。


暑いからともり蕎麦やそうめんなどで過ごしていると、どんどん汗をかくため、カロリーが足りず倒れてしまう、そうは言っても色々なそうめんもありますね。


冷やし過ぎは良くないが、湿度を下げるだけでかなり楽になる、そして最近色々な扇風機が売られている、部屋の空気をかき回して上手く活用したいものである。


とにかくあまり長い時間、日の当たるような道を歩かない方が良い。


気がついたら病院のベッドにいた、これだけは避けたい、熱中症は本当に危険なのである。


自分が全く気付かない内に、とんでもない事になっているものです。


たくさんの人がいる所で倒れたら救急車を呼んでもらえるかもしれないが、誰もいない所で倒れたらそのままアウトである、気をつけましょう。


この先このまま何もなければいいのですが、嫌な気もします。






ガティノワ ミレジメ



今日は私が大好きなシャンパーニュのお話しです、少しお付き合い下さい。


今まで我々はガティノワのロゼを飲んで来ました、甘さのない切れのいい感じが好きでした。


普通のロゼは甘く華やかな香りが特徴ですが、このシャンパーニュは、どことなく更に深く、切れも鋭いですが、他のシャンパーニュに比べ香りが淡い気がしました。


しかしそれも我々の好みだと感じました、フルーツのアラカルトのようなものを購入して来て飲んでみました。


やはりシャンパーニュはフルーツと相性が良いようです、そして青カビチーズと合わせて食べながら飲むと最高に美味しいと思います。


私はゴルゴンゾーラピカンテ(イタリア原産国ですが、臭いはかなり強烈)が大好きです。


しかしガティノワのミレジメは扱ってるお店が少なく、なかなか見つける事が難しいのです。


でも何とか見付け飲んで欲しいシャンパーニュの一つだと思います。


以前ご紹介致しましたミニエールやジャック・セロスとはまたまったく違う味わいです。


でも我々はやはりエグリ・ウーリエや、アンリ・ジローか好みですが、また全く違う香りと味わいがあるのです。


車やオーディオとどこか繋がり、我々夫婦はシャンパーニュが大好きで、多分結構なコレクターだと思います。


有名なロマネ・コンティは、三十年セラーで寝かせよ、ですので今年で五十九歳の私にはそこまでの寿命がないと判断、諦めました(笑)


なので我が家のセラーには身分不相応な、クリュッグ・ダンボネが入り出番を待っております、ダンボネはセラーで十年です。


ガティノワのミレジメ是非とも探し、飲んでみて欲しいのです、やはりシャンパーニュは楽しいと思います。


必ず信頼のおけるお店で本物を購入して欲しい、あまり売れないお店や安売り店は良くない、そう思います、気をつけないと結構ひどい保管状態のお店もあります。


因みに冷蔵庫でなく必ずワインセラーをご用意下さい、味や香りが全く違います。


暑い夏、冷えたシャンパーニュをお楽しみ下さい。







ウーハー

色々なメーカーの様々な大きさやタイプのウーハーを使って来ました。


一番最初に私が使ったスピーカーシステムは、コーラルのX‐7でした、ウーハーは30センチバスレフでした、今思い出しても優秀なスピーカーだったと思います。


次に先輩から譲り受けたJBLの25センチフルレンジ2120、25センチです。


それを100リットルのボックスを作り、ツィーターはJBL077を8キロでローカットだけして、バスレフでなく、下にJBLのパッシブラジエターPR‐15Cを付けて聞いていましたが、コーラルのような低い低音は鳴りませんでした。


そしてそこから一気に三年で、今のJBL4560BKを手にしました、ウーハーはJBLの2205Aでした、ドライバーは2420でホーンは2345でした、ツィーターはJBLの077を暫く使っていました。


とにかくジャズしか鳴りませんでした、その頃、職場の先輩に門前仲町のジャズタカノへ連れて行っていただきましたが、音に癖があり、私の好みの音ではなかったのですが、タカノさんは亡くなる前にとても良い音を鳴らされていたのを思い出しました。


その頃の低音は端正で忘れる事が出来ません。


私は今もその亡霊を探してるのかもしれません、お金をたくさん使い音が劣化する人が多い中、タカノさんはあまりお金をかけずに成し遂げた一人でした。


個人的に部屋が狭かろうが、ウーハーは38センチを上手く鳴らす努力をしたいものです、やはり小さいウーハーからはそれなりの低音しか鳴らない、私はそう思っています。


何と言おうと38センチのウーハーの音は余裕があり柔らかく気持ちいいのです、付帯音がどうのこうのではなく、それが柔らかさを出しているのです。


スピーカーの前にスピーカーを置いてはいけないと語る人がいらっしゃるが違う、それも作用しあい音は構築されている。


何かをなくせば確かにスッキリするが、別の大切な何かを失った、これも事実です。


オーディオは経験とセンスを磨き、人の鳴らせない音を鳴らす、永遠に終わらない趣味です。


ウーハーなどその中の一部分にすぎず、総ての帯域バランスが整い鳴っているのです。


苦しみたくなければ、センスを磨き本物のメーカー品の商品を見抜く力をつける事です。


何を使ったらいい?答えは何処にもない、だからその事に関し私は一切語らない。


どう鳴らしたのか、結果は聞いていいか悪いかただそれだけである。






品川水族館


一昨日関東はとても暑かったです、写真の鮫はシロワニと言われるサメです、昔日本ではサメと言う言葉がなく、サメの事をワニとよんでいたらしい。


ゆっくりと泳いでいますが、そばに来るとその大きさと歯の鋭さと人相の悪さに思わずゾッとします。


サメを見るならやはり茨城の大洗水族館ですね、恐竜の化石や色々巨大な見ものが沢山あります。


品川水族館はイルカショーもあるのですが、屋外なので一昨日はテッカテカで暑かったです。


見ていて二分位すると、見学席の方から爆竹を鳴らしたような、凄い音がしました、上に取り付けた扇風機の羽が一枚割れて回転がおかしくなり、その振動で本体が外れぶら下がっていました。


すぐに事なきを得て、イルカショーは再開しましたが、大洗水族館は硝子に囲まれた屋内なので、少し涼しく見る事が出来ます。


やはり品川水族館は古さを隠せませんね、食べる所も一軒のレストランしかありません。


大洗水族館は五軒位色々なジャンルのお店(和洋中やファーストフードも含め)があり選べます、セルフですが、広いスペースでゆっくりと食べる事が出来ます。


少し遠いですが、大洗水族館はお薦めです。


しかし何故品川水族館へ行ったのか、写真にあるシロワニは何故だか私の夢に度々度々出てくるのです。


たんにシロワニさんを見てみたかったのでした(笑)







Appendix

プロフィール

wespirits

Author:wespirits
WESTERN SPIRITSのつぶやきへようこそ!

WESTERN SPIRITSホームページ

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR