FC2ブログ

Latest Entries

荻窪の櫻井洋一さん再来訪


地元の駅で待ち合わせ、ランチをしてから我が家に到着。


今回は、先日聴いていただいたtechnics S P‐10MK2と、SP‐10Rを聴き比べてみたいとのご要望だった。


音質の違いは、とてもセンスのいい方なので、間違いなく掴んでいる筈、しかし百聞は一見にしかず、それで本日の再来訪となった。


私の感想は、どんな音が入ってもビクともしない、しっかりした穏やかな音である、80万円の価値はあった。


しかし櫻井さんの音も半端ではない、歴代のアナログプレーヤーの名機(八台)や、カートリッヂやトーンアームを沢山所有され、その総てはコンセプトを持って総て間違いなく使い分けられている。


一台しかない私など足下にも及ばない、それは分かっている、しかしそのような方に聴いてもらいたい。


お互い半端ではない、人様に笑われようが、好きにオーディオ人生を歩んで来た、楽しみである。


櫻井さんは聴かれた感想をこう仰られた「ウエスタンスピリッツサウンドはもう完成されている、我が家(櫻井邸)では低音が出過ぎている、しかしウエスタンスピリッツで聴くと低音はしっかり鳴っている、我が家ではこうは鳴らない」


私はこう答えた「ウエスタンスピリッツスピーカーボックスは、低い低音が鳴らない設計になっているが、それは音を遠くに飛ばす為、櫻井さんのスピーカーでこのように低音を抑えようとすると、美味しいところがなくなってしまう」


私はそうお伝えさせていただいた。


今日は気温が低く直ぐにエアコンを切った為、technics SP‐10RのS/Nがひきたった感じとなった。


櫻井さんは「あなたがブログに書いたとおり重心の低い音で、我が家の音に似ている気がする」このお言葉はとても嬉しかった。


櫻井さんは一言「いいね」私はもう余計な言葉はいらない野暮である、そう思った。


「素晴らしい音で楽しかったよ」最後に笑顔で言っていただいた。


櫻井さんこれからも宜しくお願い致します、今日はありがとうございます。







スポンサーサイト

音楽を聴くとは

明日を生き抜く力をもらう事、私はそう思う「自分の音はどうなのだろうか」音ばかり気にして音楽を聞いていない、これほどもったいない事はないと思う。


音というものは、音楽を鳴らそうと努力していくうちに自然と磨かれて行くものです。


ソフトというものはもともと演奏が優れているから録られ存在しているのです。


録られた以外のものを音からなくしていく、原音の邪魔になるものを取り去ってみよう、私はそう思いました。


人伝の情報でしたが、あちこちに板を敷いたのも違う方向からオーディオを見つめたからです。


見えないデジタルノイズや高周波ノイズで悩んだり、色々ありますが、見えないので分からない、でも色々やっています。


低音が鳴らないからとスーパーウーハーを追加するなどもってのほかです。


オーディオをやってきてそんな事も知らないのか」そう思います。


そんな人に限り堂々と雑誌の写真に載っている、私なら恥ずかしくて仕方がない。


何が言いたいのか、分からないってそういう事なのである、自分のことしか考えてないので、自分の事すら見えなくなってしまっている。


こんな方もよくお見受けする、アルテックA‐7に代表されるウーハーとドライバーだけのツーウェイである。


ドライバーとウーハーは能率と位置さえ合っていれば端正な白黒のジャズが聞ける、これも確かに魅力的な鳴り方だが。


しかしツィーターがないと低音を抑えきれない、つまり低音が鳴りっぱなしのようなつまらなく退屈な音になってしまう。


縦軸上に三つのユニットを位相を含め合わせるのはとても難しい、しかしどうしても通らなければならない道である。


ドライバーと繋がったホーンのスロートから一気に広がる所、その位置にツィーターのホーンの出口を合わせると決まる事が多い。


良く振動板の位置を合わせてる方をお見受けしますが、何の根拠もなく、その方法はナンセンスである。


オーディオは真面目にやっていれば、答えは必ずある。


しかしどこかがおかしいので、最後まで鳴りきらず、長い間聴いていられなく退屈になり。


音楽が鳴らないのです、音を聞く前に音楽を聴けるように各自で調整されたし。


オーディオとは音楽を聞くためにある、そのオーディオシステムから素敵な音を鳴らし明日を生き抜く力をもらいたいものです。






剥離

やっと2S PEW(二種ポリエステル被膜線)をほぼ完璧に剥離する事が出来た。


今まではPUW(ポリウレタン被膜)被膜が弱く、たまに作ったケーブルがショートするので、強い被膜を指定したらこの素線になりました。


しかし普通のPEW(ポリエステル被膜)は剥離が容易だが、リッツ線としては販売されてないので、二種ポリエステルになった訳です。


しかし何故PEW被膜のリッツ線が存在しないのか理由が分かりません。


二種ポリエステル被膜の特注リッツ線は音がしっかりします、そして剥離は大変で半田はし辛いですが、出来上がった音に満足です。


今のリッツ線にいたるまで私は何度失敗した事でしょう?いちいちブログに書く内容ではないと思い書いて来ませんでしたが、それも経験の一つでしょう。






低い低音とは?

なかなか言葉で表現するのが難しい、こんな感じの音である、コンサートホールの扉を開けた時、周りの空気が動く、この様な感じ。


もしくは侍が刀を構えた時の殺気のような感じ、キース・ジャレットが、ケルンコンサート冒頭の鍵盤を叩く寸前の、息をのむような緊張感のあるような殺気をはらんだような音の事。


測定器で測り、何ヘルツまで再生がどうのこうのは正直どうでも良いのです、個人的にそれが鳴らないシステムは、ジャズもクラシックも鳴らない気がしますが、なかなか鳴りません。


私は未だに努力しています。






SP‐10Rウェルカムパーティー

届いて次の日、聴きながらシャンパーニュを飲もうと提案した、家内はあっさり「いいよ、やろうか」と言ってくれた。


HMVから昨日購入したレスターヤングのレコードも届いた。


それを聴きながらシャンパーニュを飲んでいると、世間の事など、どうでもよくなって来る 。


何を聞いても上手く鳴ってくれる、ようこそ我が家へS P‐10R、シャンパーニュも格別に美味しく感じた。






Appendix

プロフィール

wespirits

Author:wespirits
WESTERN SPIRITSのつぶやきへようこそ!

WESTERN SPIRITSホームページ

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR