Latest Entries

電源ケーブル単線化

ウエスタンスピリッツの電源ケーブルは、ずっと太めの赤黒のスピーカーケーブルを、ノイズカットトランスの一次側まで繋いできた、誠にお恥ずかしい限り。


日々色々あり、忙しさにかまけてきた、そろそろ総てを決める時だ。


私が電源ケーブルと定めたのは、どこにでも売っている日本製の太さ1.6mmのPEW「ポリエステル線またはエステル線とも言われる」単線である、ポリエステル被膜はこすれや熱に強い。


太さは1.6mm、プラスマイナス共に一本ずつ絹巻きして平行を保たせハーネスして作る。


もしくは被膜が強いので、絹巻きもハーネスもしないで作る場合もある、今回検証したいのでこの方法をとった、端末は気を付けて剥離したので、一カ所の不具合もなかった、200vも六ヶ所あるので慎重に配線をした。


これをノイズカットトランスの一次側まで総て交換した、と言うよりは、二股で一つのノイズカットトランスからとっていた仮の配線だったので、休んでいた残り二台のノイズカットトランスも繋いだ、その数合計で九台である。


私は以前も書いたが、回遊魚のような性格なので、一旦動き出すと妥協なく終わるまで止まれないのである。


これで総ての機材に単独のノイズカットトランスが納得のケーブルで繋がった。


ボーカルがポンッとセンターに小さく浮かんだ、穏やかで滑らか情報量が増えた、この変化は配線の取り方もあるが、今回作った横型ラックに変更したのも大きく貢献してると思う。


協力してくれた家内に大感謝する。


そしてその点音源から気持ちよく広がり潔く消える、立ち上がり立ち下がりが見事である、やはりこの単線は太さに優れている。


ウエスタンエレクトリックの単線には、この太さ(ゲージ)はないのである、微妙に細く、微妙に太く音の為にちょうどいい太さがないのである。


しかし絹巻きとハーネスはやはり必要な気もする、でもこの音も少し響きがあり、輝かしく甘くチャーミングかもしれない。


絹巻きとハーネスは少し、音をクールにするようである、そして落ち着いていて穏やかになる。


このケーブルに交換した事で、音はまだまだだが完成へ近付いている気がする。


今回CDPとマスタークロックジェネレーターの四枚板の天板の真ん中に、厚さ0.1mmの銅板(銅板も気をつけて見てみると裏表がある)を挟んだ、これによりアナログとの差がかなり埋まった。


CDPの音もなかなかホットになった。


やっと電源の単線化が終わった、後は配線をもっとシンプルに綺麗に。


と思い三日間きいていたら、ウーハーからだけノイズが出てきた、今までよりラックの後ろに設置したノイズカットトランスの数が増えた、極僅かなノイズだが気になる、多分これが原因と思われる、それぞれにノイズカットトランスどうしの距離を持たせる必要がある。


トランス同士の距離が近いのだろう、トランスをケースに入れ、そこにグランドを落とせばノイズは止まるだろうが、音は伸びやかさを失う筈である。


やはりトランス同士は、適度な距離が必要である、最後までしっかり終えたい。


その為には機材からの電源ケーブルの長さが必要になる、秋葉原の九州電気へ探しに行った。


何で九州電気へ行ったのか、ラックを作る前にクレルの定価58万円の電源ケーブルが安価にてオーディオショップで販売してたのを見つけ、三本購入して聞いてみた、ボケていて酷い音だった。


今までも研究と称し沢山の極太ケーブルを使ってみた、どれも五十歩百歩で、雑誌等で紹介されてる試聴レポートとは程遠い音質だった。


皆さん高級ケーブルを聞いて納得しているのは、思い込みである、沢山お金を支払ったのでいいと思いたいだけである。


今回の探し物(電源ケーブル)は直ぐにみつかった、なかなか良さそうである、探していた同じものがなかったので、少し太めのタイプを11本購入して来た。


値段は想像通り激安だった、インレットが付いていて、5mで一本2千円しない、極太ケーブルを使うあほらしさもない、普通にいい音になるだろう。


さあっ!一気にやるぞっ!!






スポンサーサイト

整形外科診察

左手の平の痺れは、CTやレントゲン検査の結果、頸椎狭窄症による椎間板ヘルニアと答えがでた、症状はまだ極めて軽いらしい。


これからどう治療するのか、医師のお話を伺いに行った。


大学病院は直ぐに手術をすすめて来るが、場所が場所なだけに少し恐ろしい気もする。


色々調べた結果、首の手術が簡単だなどと話す医者は、逆に信用ならないらしい、私もそう思う。


他に方法があればいいが、手術を受けるかどうかは、家内と私とで決めたい。


これから楽しい事が沢山待ってる筈だ、これを台無しにしたくない。


因みに今の家内は、即座に手術に反対した。


やはり医師は、頸椎の手術は確かに難易度も高く、大きなリスクが伴うとお応えになった、色々話し合った結果、とりあえず経過観察(様子見) となった。


とりあえず神経に働き、末梢神経障害の症状を改善する薬と、血液の流れをよくする薬を処方していただき1ヶ月の経過観察となった、この薬はあまり体に負担をかけず、効果が期待出来るとの事。


私程度の症状ならば、自然と元に戻る事も多いらしい、手術が上手くいかない場合、今とは関係のない下半身まで痺れたり、おかしくなる可能性があると伝えられた。


ただ痺れているだけで動かしづらいとかは全くない、ただ痺れて気持ち悪いだけである。


とりあえず原因は特定出来た、今一つスッキリしないが、少し長く付き合うしかないようである。


でも、一安心である。






ケーブルで定位は変わらない


因みに今現在の私の後ろ姿の写真である、家内が撮ってくれた、若い頃は箸にも棒にもかからなかった。


県下でも有名な不良だった、今でも性格は全く丸くはなっていない、前から撮れば顔も写るが更に危ない。


しかしこんな私でも、結婚して年老いた両親の介護を通し、少しは変わったかな?

私の話はさておき、そろそろ本題へ。


ケーブルで音像が多少小さくなったりはするが、ケーブルで定位は変わらない。


定位は二本のスピーカーの微妙なセッティングでしか変わらない。


それ以前に物で定位は変わらない、しかしこのセッティングを出来る耳を持った方は、私の知る限り先ずいらっしゃらない、知る限りたった一人だけである。


ケーブルに絹巻きしても定位は変わらない、ごもっともである。


ケーブルに絹巻きをすると絡まったような音は確かに解れるが、定位が変化する訳ではない、こんな事今更話すまでもないだろう。


このお話はよくマルチシステムにありがちだが、ケーブルを色々換えて音を作ろうとする方がいらっしゃるが無理だ、ならばお伺いしたい、あなたはコウモリかと…


しかもパワーアンプのメーカーもクラスもバラバラ、これではマルチは絶対に鳴らない。


既にナンセンスなのである、ツィーターはエネルギーが少ないので細いケーブル、ドライバーはそれより少し太く、ウーハーは一番太く…こんな話はない。


それどころかユニットによってケーブルのメーカーまでバラバラにチョイスしてしまった方も沢山いらっしゃる。


オーディオの回路を全く理解していない証拠である、ケーブルやパワーアンプは、総て同じメーカーの同じクラスで揃わなければならない。


詭弁かも知れないが、ケーブルとは低音が出なければ高音も出ない、ましてや品のいい中音など更に鳴らないのである、間違いなく総てが揃って一つに手を結ぶ魔物なのである。


ケーブルはあまり太いものを使わず、普通の太さのもので充分である。


最近のケーブルは値段も高いがとにかく太すぎる、そして何Nとか言って、さっぱり基準の分からないのが現状である。


こんなものを端子も含め、プロである私に薦めて来る馬鹿もいる、こちらはすでに散々やり尽くして理解した上でケーブルを作っている、今更必要のない情報である。


多少違うが、ケーブルとは総てを繋ぐもの、そして間違いなく機材から機材へ伝達しなければならないものであり、固有の特徴は要らない。


正しく正確な信号を届ける、ただそれだけ、色気や響きは奏者が弾いたものであり、既にソフトに入っている、それを色付けなくエネルギーロスなく届けるのが、ケーブル本来の役目である。


ラインケーブル、XLRケーブル、スピーカーケーブル、電源ケーブル、フォノケーブル、それぞれに役目が違い、作り方も違うが、基本は伝え、受け、供給するものである。


そんな話をしている時に、定位の話が出てくる事自体既にナンセンスなのである、こちらは正にドッチラケである(大笑)


そして私はオーディオだけをやってる訳ではない、ただひとりの人間であり、日々の生活の中で、母の介護や色々大変なのである、少しはご配慮願いたい。


ケーブルで定位は変わらないが、ラックの設置場所で確かに定位は変わる、こんな事も今更語る内容でもないだろう。


人にはそれぞれ限られたスペースの中でしかないのだ「そんな事総て分ってるよ」と言いたい、本当に一日嫌な思いをする。


人間他人とのお付き合いは、適度に距離があった方がいい。


ブログのコメントや、他人のシステムを聞かせて頂いた時など、結果をストレートに話すのでなく、言葉を飲み込む事も時に必要、それが大人のお付き合いだと私は思う。


見ても聞いてもみないでは何にも分からない、違うか?


ウエスタンスピリッツはまだまだだが、正直かなり鳴っている、ただ百パーセント書かないだけであるし文章にならないし、いちいち書いていられない。


本日の最後に…私はオーディオによってこの人生を開花し、色々本物を突き詰めた、その結果色々わかってきた、しかし更なる本物をいまだに求めている。







新たなリッツ線購入

今まではウエスタン0.6mm単線を四本捩って(プラスのみ)作ったものは音が良ったので、それを雛型にリッツ線も同じにしていた。


つまり0.6mm単線の断面積を求めた、結果0.12mm被膜単線を二十五本と答えは出たが、実際に作り聞いてると音に納得がいかない、増減を繰り返し聞いてみて、二十七本がベストと定めた。


それを四本捩ると合計108本となる、しかし捩るとケーブルの表面がボコボコしていた、音はいいが見た目が気に入らなかった。


捩ったためエアーギャップになり、抵抗値や音に影響ありと睨んだ、今回は単純に0.12mm単線を108本で特注した、これで作業工程も減る、音質も改善されると思う。


前回は韓国での製造だったが、今回は日本製にしていただいた、金額も10kgで一万円程しか変わらない。


被膜も束ねる外被も、ポリエステル(エステル)に変えてもらった、以前はポリウレタンだった、音も強度もポリエステルが優れている。


剥離の手間は変わらないが、作り手としては、何時も安定したものを作りたい。


発注先(秋葉原ラジオデパート一階のマイクロパワー研究所)は二~三週間で完成と伝えて来た。


左手のひらの痺れは治らないが慣れてきた、そろそろケーブル作りを始める準備をしておきたい。


部屋や総てのレコードが片付き断捨離も終わった、そして二つあったラックも一つにして新たに作った、部屋はとても広くなり、今はどこに何があるのか一目瞭然。


これでいいものが作れると思う、ある程度数がまとまったらまた一ヶ月無料のモニター応募を開始したいと思う。


またブログで公開したい、明らかに今までのリッツ線より音質は数段アップすると思う。


それにしても市販のケーブルはどれも値段が高い割に音は大した事ない、正直かなり笑える、リッツ線が優れているのは研究結果からもう明らかである。


計測結果で既にハッキリ答えは出ているのである、リッツ線は高周波にだけ作用するのではない、殆どの帯域に好結果が得られる事が分かった。


絹巻きやハーネスは別としても、本当に正しく作る事が出来れば、リッツ線は究極のケーブルと言えるだろう。


早く来ないか、楽しみである、オーディオはあまりごちゃごちゃやらないでシンプルに、これが一番良いようである。






雨戸

呼んで字のごとく雨の戸である、昔は夜になると物騒だし、雨が降った時、音が気になるので閉めていた。


台風など風雨が強いときなど閉めていた、ところが最近古い戸建てにお住まいのお家は、昼間でも雨戸を閉めてる家が多い。


私も以前ギター少年だった頃、エレキギターの音が少しでも他のお宅へもれないように雨戸を締め切って弾いていた。


それでもギターの音は、他のお宅へだだもれだった、全く意味がない。


雨戸を締め切っていると、部屋が何時も暗く湿っぽくなる、外から見られるのが嫌なのか、変な習慣だと思う。


我が家など雨戸はない、しかもレースのカーテンしかない、夜になると明かりをつけるため外から見え見えであるが、誰も見ないし気にはならない。


部屋の中を雨戸で隠し、一切見えなくして、いったい何をしてるのだろうか?そちらの方が余程気になる。


気がつけば近所のお家やアパートは全部雨戸がしまっている、少し不気味な気もする。


新しく建った新築のお家は、どこも雨戸が付いてない。


ビルダーに新築の家に雨戸は付いてない、流行ってないし雨戸はもう必要ないと笑われた。


今の家は窓がペアガラスになっていて丈夫になっている為、ビルダーは出来るだけ外観や採光を気にして部屋が暗くなるような雨戸は図面に書かないそうである。


雨戸は必要ないと思う。






Appendix

プロフィール

wespirits

Author:wespirits
WESTERN SPIRITSのつぶやきへようこそ!

WESTERN SPIRITSホームページ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR