Entries

アルテックと我が家のJBLの比較

昨日は久し振りに良い音を聞いた。それで我が家との比較をしてみた。我が家はJBL4560のオールホーンシステムである、特に低音に圧倒的な音圧と勢いがあり、音が濃くて、躍動感を感じる。つまりずっと私が話してきた我が家の打撃音が、生とは違う独特な弾んだ感じを出している、しかし、アルテックの滑らかで、密度の濃い(中身の詰まった)中域はJBLにはない、我が家は昨日聞いたアルテックに比べ中域が粗くピークに薄いイ...

アルテック620B

今日は千葉に行ってきた。お客様のアルテック620Bが私の指定したネットワークの部品定数でとても上手く鳴ってると確認依頼の連絡が来たからだ。620Bとは言っても、604-8Hのツィーターは繋げておらず、ドライバーが807Aでホーンは511Bのオリジナルグリーンである。当然ホーンはボックスの上に乗っている。つまりツーウェイだ、我が家と比べ、低域不足はさすがにあるものの、なかなか品の良い綺麗な滑らかな音...

レコードレーベルの違い。

私はアナログ派である。CDに興味がないわけではないが、機械的でこちらが調整出来ないので、あまり面白くないと思う。でもマスタークロックジェネレーター(セシューム動作のタイプ)の良いのを聞くとレコードのオリジナル盤みたいな音でとても驚いた。では、本題に入る。ジャンルを越えて、実に様々なレコードレーベルがある。そのレーベルによってかなり音が違う、ジャズならばレーベルではないが、ミキサーはルディーバンゲルダ...

スピーカー

入り口に続き、やはりとても肝心なのがスピーカーである。スピーカーで音が決まってしまうと言っても過言でない。スピーカーは完成された市販システムを購入されるのであれば、大切なのはセッティングやケーブルだけとなる。しかしマニアを自称するならばやはりユニットを自分で選び大型ホーンシステムに挑戦したい。色んなメーカーがある、一般的にはやはりフォステクスが有名だ、数も大きさもとても種類がある。後はJBLやアル...

私は、異次元の立体オーディオ構築をしたい。

二本のスピーカーだけで何を馬鹿な事を言ってやがる。そうおっしゃるのもごもっともなのだが、それは出来る。実は、並みのオーディオでそれは無理だ、総て出来る限り完璧にすること、それしかない、私が呟いたその総てが正しいとは思っていない、他にもたくさん方法はあるだろう、が、しかし、過去に私のように考え、かなり努力され、それでもみんなあるレベルまでしか辿り着けなかったのは何故だろう?ここまでやれば、ここまで鳴...

トーンアーム

トーンアームの理想とは。カートリッヂに余計なストレスをかけないで、正常動作させる事にあると思う。殆どはカートリッヂの針先とカンチレバーでその動作は決まっているが、針圧が正確にかかり水平を保ちつつ、ラテラルやインサイドフォースキャンセラー(完璧には決まらない)が正確に決まっていてはじめて正常動作する。どんなに定規を使い目視ではかっても完璧な水平はかなり困難である、だから同じものを使用してもみんな音質が...

ターンテーブル

ターンテーブルの理想とは、余計な振動をせず静かに滑らかに正確に回転する事である。その他に、外部からの振動に対し強固でなければならない、それは何故か?余計な音をレコードやカートリッヂやトーンアームに加えてはならないからに他ならない。ドライブするには何種類かの駆動方式がある。1)ダイレクトドライブ2)ベルトドライブ3)糸ドライブ4)アイドラードライブ他にもあるが、一般的にはこの様な方式である。では上記の各...

音を良くする事とは。

誰もが一度は経験した筈だ。気に入った自分のシステムを不満なく聞いていて、圧倒的に自分よりも値段の高いシステムを聞かされた時、その見た目に先ず圧倒され、音までよく聞こえてしまい、同じものが自分も欲しいと。私も若い頃は確かにあった、しかし何度か聞かせてもらい気が付いた、よく聞いてみると、意外とたいした事はないなと。良い音とは断じて青筋たててスピーカーをにらみ対決姿勢で聞くものじゃない。好きな音楽を楽し...

アナログをもっと鳴らしたい。

昨夜は酷い台風だった。一番の基本はやはり良いレコード(1950年代のジャズならばオリジナルモノラル盤)を所有する以外にないが。先ずは自分の予算や音のコンセプトに合うカートリッヂやトーンアームやターンテーブルを見つける事だ。私はオーディオをはじめてから今年で30年になる、当時は物凄い数のカートリッヂがあった。値段も様々だった。アナログは間口が広く選択肢がとても多く、趣味としてはこちら側が音に関われるオ...

JB PROJECT BROMBO!

キングレコードのKICJ451である。私は今、このCDの八曲目を何度もリピートして聞いている。空間のある録音が好きなのも確かだが、楽器の数が少なく聞きやすいからだ。それよりこの曲をある程度の音量で聞いてると、アンプの目覚めが早い気がするからだ。私のオーディオシステムは以前より明らかに量感とスピード(音の切れ)が増している。それと、セッティングが決まる迄はどちらかと言うと右寄りな定位だった。今はパスド...

ネットワークあれこれ(6)

ネットワークあれこれを読んで頂き誠にありがとうございます。私はやっと決まったなどとほざきましたが、実はまだまだです。ネットワークが決まってくれば今度は音の鮮度が上がり、他のさまざな不備が見つかってきます。私はこう思う、色々やってきて、昔から言われてきたシンプルイズベスト、これに尽きます。ネットワークは出来るだけ配線をせず部品の足どうしをからげ、しっかり天婦羅半田にならない様に最短距離で取り回しを考...

ネットワークあれこれ(5)

ネットワークはやっと決まった。ここまで追い込んで来たら最後の最後まで突き詰めたくなるのが私だ。本当はネットワークの事ももっともっとたくさんの実験をやっているのだが、やはり書ききれない。そして私はドライバーの蓋をあけてみた、ウレタンが経年変化で殆ど溶けてボロボロになっていた、それが接着材で固まっている、剥離剤で溶かし拭き取り、洗い流し、厚さ一センチのニードルフェルトを買ってきて、蓋に合わせてカットし...

ネットワークあれこれ(4)

ローカットが425Hzでハイカットが9000Hzになり、かなりまとまって来てはいるが、私は以前500HzでさえLE-85は厳しいと感じた。ホーンのカットオフ周波数が250Hz迄のびたので、ひょっとしたらまた別の答えが出るかも知れないと思ったがやはりそれはもっと悪い方へ顕著に出た。私は自分のボックス4560を徹底的に調べた、その結果、ドライバーのローカットは800Hz辺りが一番無理なく上手く繋がりそうだ、それ...

ネットワークあれこれ(3)

コーラルAH-500は私にはとても良いホーンだった。ところが、良くなればもっと良くしたい、それが私なのだ、このままおとなしく聞いていればいいものを。しかしこれが結局この後三ヶ月苦しむ結果になる。私は色々調べ、ロスの少ないと言われるトランス式アッテネーターをドライバーとツィーターのレベル合わせに使ってみる事にした。四個購入した、全部で四万円位だった。初めは聞いた事のない音質に良いと思った、ひと月位聞...

ネットワークあれこれ(2)

固定抵抗は物凄くきいた。やっと私が意図した鳴り方になってきた。低音が太く引き締まり、全体の音が落ち着き、重心が下がったのである。この頃私はフォステクスのツィーターT-500Aを追加している。またネットワークの部品が増えた、分割数も増えた、どうしても音の減衰は否めない。やはりコンデンサーの品位だと思った。私はメーカーを揃えるべきだとつねづね思っているから、同じムンドルフの最高のコンデンサーを購入した...

ネットワークあれこれ

写真をご覧になりお分かりだろうか、一切端子が存在しない、総て半田付けをした私の自作ネットワークである。板は格闘の末の穴が無数に空いていて、配線も汚く、お恥ずかしいが、これが奏でるJBLサウンドはクリアーで無駄がなく、落ち着いていて力強く太い音、正に圧巻である。そして今は外したムンドルフ0Ωコイルである、巻き線が物凄く太く力と芯のある音だった。これは重要な事だが、最近とても気持ちよく音楽に浸れる。色...

急に音が激変。

昨日の夕方、耳を疑った、明らかに音が太く大きくなりしっかりしている。どうした事だろう。永年夢に見た音が出たと思う。私はコンコルドで録音した、スコットハミルトンが大好きだ。サックスの音がピカイチである。後はマンハッタンジャズクィンテットのドラムとエディーゴメスのウッドベースが最高、今日は見事にはまる。ポールチェンバースのベースオントツプがリアルでなまめかしい。今まではどうしても上手く鳴るから1950...

端子の清掃。

オーディオは端子の清掃に始まり端子の清掃に終わるそう言っても過言ではないだろう。いささか説教がましいが、これは基本中の基本、とても大切な事である。せめて半年に一度は清掃した方が良い。オーディオはただでさえ接点だらけである、アンプやCDプレーヤーの修理屋さんのお話を聞くと、修理内容は殆どがグランド周りの半田上げ、または半田クラック、それとボリュームやファンクションや端子の接点の酸化による錆だと言う。...

アースラインのシンプル化をしてみた。

今まで私はお恥ずかしい話し、アースにはかなり無頓着であった。繋がっていればあまり変わらないと勝手に思っていた。その場しのぎで次々と間に合わせ程度に適当に何となく繋がっていた、色々あわせるとその長さは三メートル位になっていた。目でおっていくと、酷いもので、ほとんど要らないケーブルばかりだった、アナログのアームからひっぱってるのが音を聞いて決めたウエスタン16GAだからアースラインもそれで決めた。ケー...

MCヘッドアンプの電源ケーブル交換してみた。

私のカートリッヂはDENONのDL-305発売記念モデル(非売品)である。非常に珍しく、持ってる人はもういないのではないだろうか?ひょんな事から一度も使われずに私のところに来た。私の所には不思議と、この様にあり得ない本物中の本物が集まって来るのだ。だからオーディオとは運命的なものを感じる。それをトランスやヘッドアンプをたくさん聞き比べ、私は、今回ヘッドアンプにしたわけだ、型番は、DENONのHA-50...

プリアンプの内部配線交換。

私のプリアンプはクラウンIC-150Aの後期型である。特に不満があった訳ではないが、せっかく決まったラインレベルに揃えてみたくなった。とても音の良い単線がウエスタンで見つかったからだ、トランスからほどいたものである。太さは0.8mmである。情報量が多く、滑らかな音だ、正直こんなに変わるとは思ってなかった。それまでは0.6mm四本よじったのを配線していた、今回分かった事だがウエスタンの線(他の線も同じかも知...

ホーンのカットオフ周波数。

これはかなり重要な問題です。スピーカーシステムは各ユニットが合わさって構成されている、書いてる私はJBLのスリーウェイである。以前ネットワークが出来上がったので、ユニットの単体の音を聞いてみた、当たり前だが全く音にも音楽にもならない。ウーハーは、モコモコの音、ドライバーはプワプワしていてほとんど鳴らない、ツィーターはチッ!チッ!っとかすかに鳴ってるだけ。総て繋げると驚く程上手く手を結んでいる。三位...

JBLとTADの比較。

昨日聞いてきたので頭にこびりついているTADのサウンド。家庭において普通TADのスピーカーはN氏のようにはまず鳴らない、だから私はTADは鳴らないと今まで思っていた。我が家のJBLのスピーカーも実は家庭で鳴らすものではないと半ば諦めていた時期があった。でもジコマンではあるが、かなり鳴った。だからTADも上手く鳴らせばかなりの音になる予感があった。よく言われる、400W位のパワーアンプをぶちこまない...

今日は川口へライバルの試聴に行った。

二年前に、とある人をとおして知り合ったTADのスピーカーシステムを自作真空管アンプでとても上手く鳴らしてる川口にお住まいのN氏のサウンドを聞いてきた。彼はとても優しく神経が細かく几帳面だ。どう凄いのかだが、普通は必ず音のどこかに隙があるものなのだが、いつもこれと言ってケチのつけようがないのだ。ボックスもネットワークもホーンもオリジナルでない、とにかく聞いてすぐに分かるのは徹底的な共鳴対策がされてい...

オーディオケーブル。

私はケーブル屋である。何年かの格闘の末、やっとこれだと思えるケーブルが出来た、では、なぜ私がこのようなケーブル屋になったのか。少しお付き合いいただきたいと思う。二十年程前、都内近郊のヴィンテージオーディオショップWに、ガラード#301を購入しに行った春先の事であった。当時その店は今と違い狭く所狭しとオーディオが溢れていて神秘的であった。その日はたまたま店主は休みだった、仕方がないので色々物色してい...

オーディオとは?

始めにお断りしておく、オーディオはしょせん趣味だからそんなに真剣にやる気はないとおっしゃる方はこの呟きは無意味かも知れない。かなり大変だからだ。本当はもっと細かく書くべきなのだが、いくら書いても書ききれない、実は、これだけ書いてもほとんど伝えられないのが現実だ。私がここ何日か呟いた事を一つ一つ真剣に地道にやってこられた方はかなりのレベルに達しているはず。そして、かなりのレベルに達したと思っていると...

RCAピンケーブル。

スピーカーケーブルやネットワークや電源周りがしっかりしてくると、いよいよピンケーブルだ。私はここから先、更に、しっかり決まったと思っていたはずのスピーカーケーブルやネットワークの不備や、はたまたユニットの不釣り合いが次々に発覚した。私はここから二年間かかりこんにちに至る。そして、最近やっと終わりが見えてきたのだ。ではなぜそのような事になってしまったのか?オーディオとは、何かをやってもお腹の空いた時...

電源ケーブルで音は変わるか?

ネットワークが真っ芯に決まれば、後は鬼に金棒と言いたいところだ、がしかし、更に音質向上を目指すならば、次に肝心なのは電源ケーブルだ。その音の差が本当に貴方に分かるのか、簡単なチェックの方法を語ろう。オーディオは、一部のバッテリー駆動のものを除き、家庭の電源コンセントから必要な電気を供給する。本来はちゃんとプラスマイナスをあわせるのがセオリーなのだが。CDプレーヤーの電源を切り、その電源ケーブルをコ...

接点を減らすと言う事の本当の意味。

色々語って来ましたが、私は少しずつ接点を減らしていった。それがどこにでも良い結果をもたらしてくれる訳ではない冒頭で断っておく。あくまでも常識の範囲内で程度ものである。時には失敗もある。私が思う良い音とは良質のヘッドホンの音だ、あの閉塞感のない綺麗な拡がりのある、うるさくない音だ、あのようにしたいと、日々努力したわけだ、今の我が家の鳴り方はとても似ている気がする。でも、ここで気付いて欲しい事がある、...

トーンアーム内部配線の威力(3)

トーンアーム内部配線が遂に完成した。色々聞いてみたが、我が家のJBLは1950年代のジャズが特に上手く鳴るようだ。まるで新しい録音であるかの様に鳴る。この鳴り方は他のどんなJBLとも違う、昔何度も足を運んだ門前仲町のジャズタカノの乾いたくさやの様な音とも違う、一関のベイシーの様なお化け低音とも違う。低音が全く被らない鳴り方をする。ただ新しいジャズを聞くと音像がほんの少し高い位置になる。これがもう少...

Appendix

プロフィール

wespirits

Author:wespirits
WESTERN SPIRITSのつぶやきへようこそ!

WESTERN SPIRITSホームページ

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR