Entries

総ては耳で判断する。

最近、色んなシュミレーションの出来るパソコンソフトで特性を調べてオーディオやってる人がいる。その総てを否定する訳ではないが、ディスプレイとにらめっこしていても、永遠に決まらないと思う。それはなぜか?所詮は繋ぐマイクの性能でしかなく、聞くのは個々の耳だからだ。精神衛生上スツキリしたい気持ちも分からないではないが、決まる筈がない。更にモヤモヤすると思う。どんなに高価で正確と言われてる測定器で測っても、...

歌舞伎町のサウナ

今回もオーディオと全く関係のない事だが。人間、たまには息抜きが必要だ。でも、また一つ、私のオアシスが消える事になった。昔からそこにあるのは知っていたが、一年位前からたまに息抜きに行っていた。歌舞伎町では40年営業していたサウナの老舗である。決してお洒落とは言いがたいが、私にはそこがなぜか安らぐのだった。この度みなさんご存知、三月の震災により、老朽化したビルはとうとう建て替えを余儀なくされた。それで...

立川談志さん

立川談志さんが亡くなった。私は言葉抜きに大好きだった。天才?奇才?色々言いたい事はある、しかし、最高だったよね。もう二度と、こんな独特な噺家はでてこないだろう。物凄くシャイな、照れ屋な、お洒落であんなに計算高い言葉を使う人はもう居ないと思う。とても残念だ。三月十日に坂上二郎さんが亡くなってしまった、私は子供の頃、コント55号を観て育った。わびとさび、言葉のやり取りとその間とスピード、それがもう観れ...

定在波はなくならない。

オーディオは最後、部屋で音が決まる事が更にハッキリ分かってきた。だから私は今まで、それをあえて否定して、この狭い部屋で色々調べ頑張ってみた。しかしやはり限界が来たと思う。細かく話せば、この部屋で出来る事は実際はまだたくさんある。でも、もうここでやるのはやめた、新たな部屋にシステムを運んだ時、総てほぼ0から(基本はあるが)になり、無駄になるからだ。今まで、この部屋でかなりお金を使ってきた、これ以上の無...

低音再生

オーディオは超低音再生との戦いの歴史だ、私もそう思う、しかし、私も含め多分本当に凄い低音をみんな聞いたことがない。我々が喜んで聞いている凄いと思っている周波数は、せいぜい250ヘルツを軸とした、100ヘルツ近辺位の周波数だ、パイプオルガンやウッドベースやバスドラがフルフル鳴るとみんなそれをかなり低い音と勘違いして喜んでいる。実はたいして低い周波数ではないのだ。ただ、出て感じるのと、しっかり鳴るのと...

自分だけはずっと変わらない…

永遠なのか?本当か?時の流れは続くのか?いつまでたっても変わらない、そんなものあるだろうか?見てきたものや聞いたこと、今まで覚えた全部、でたらめだったらおもしろい。こんな気持ち分かるでしょう?答えはきっと奥の方、心のずっと奥の方。涙はそこからやってくる、心のずっと奥の方。ザ ブルーハーツの歌詞である。ザ ブルーハーツありがとう。分かりやすく、ストレートで、私の大好きな歌詞です。私は28歳の頃にこの...

MM対MCカートリッヂ

別に戦わせようとは思わないが、両者にはどうしても越えられない音質の壁がある。一般的に、MCトランスやMCヘッドアンプなど、余計なものを必要としないからピュアな音が聞ける、と、私も思って疑わなかったMMカートリッヂ。しかし、ある時、人に言われて気が付いた、ピアノの高い音階を強く弾く音や、バイオリンの音に独特な頭の上を突き抜ける様な音がMMカートリッヂには確かにある。私が聞いてて特に気になったのは、シ...

夜中にオーディオ聞いてると

夜中は静かだ、特に街道沿いに住んでる私には好条件だ、しかし当然大きな音は出せない、昨夜、いったん床についたが眠れないので、耳を研ぎ澄まし静かに聞いていた、どれだけ聞いただろう、気が付くと、ある時間から何をかけても信じられない位良い音になった、言葉を変えたら、いつも願っている理想の音にとても近いのに気付いた、アルコールのせいでも眠気を我慢して聞いているせいでもない。普段はジャズしか上手くならないこの...

スピーカーの能率。

最近は細長い能率の低いスピーカーが多い様に思う。居住スペースの中で置場所が狭くなったのか、AVと一緒になったのか。毒もなければ旨味もない。これは主観的な考えなので的を得ていないかもしれないが。その分ボリュームをあげたら同じと話す人がいる、しかしそれはやはり違うと言わざるを得ない。能率が低いと言うことはそれだけスピーカーの感度が低いと言いたい。私が鳴らしているCROWNとJBLの組み合わせで今はとて...

DL-103再び。

こう思っている人もいるだろう。所詮は安くて古いタイプのカートリッヂだ、昔お金のなかった時代に随分使ったけど、あまり良い音はしなかったと。実は私も今回新品を購入するまでは少しそうも思っていた。でも今回確かに何か閃くものがあって購入した、ひょっとすると。そして的中した、上手く鳴らなかったのは、若い頃の自分の調整能力の低さだったのだと。購入してから、毎日12時間はガンガン使っている、コイルもダンパーも活...

オイルコンデンサーとフィルムコンデンサーの混合

これも以前、随分と、その比率の音の差を調べる為にやってみた。大きな定数のオイルコンデンサーに小さな定数のフィルムコンデンサーを合わせてみた、音が重くなった、極僅だが、フィルムコンデンサーの特長が入り重くうるさい音になった。今度はその逆に大きな定数のフィルムコンデンサーに小さな定数のオイルコンデンサーを合わせてみた、さっきのよりは幾分軽くはなったがお互いの特長を殺しあってしまう、聞いてて面白くない。...

エージング

昔から、聞く前に電源を入れ機器を暖めておくと話す人がいる。私は、その言葉はおかしいと思う。暖めるのでなく、馴染ませると話すべきだ。アンプもCDプレーヤーも電源スイッチを入れ再生し始めて、一時間位は音がボケている、いくらそれまで鳴らしていても一旦スイッチを切ったら、そこからまた一時間は同じことだ。少しは違だろうと話す人がいるが、残念ながらそれは違う、やはり一からになる。アナログになるとカートリッヂが...

オイルコンデンサー

言わずと知れたPCB入りのUSA製の名オイルコンデンサーである。今はもう製造は出来ない、本当は販売してもいけない、有害なPCBが入ってるから、燃えないゴミでも絶対に出してはいけない。地球上の自然界にPCBを分解出来るバクテリアは、未だ存在しない、ましてや環境保護から、燃やしてもいけない法律になっている。使われる方は責任をもって処理していただきたい。他にもウエスタンやGE等色々な種類がある。普通真空...

モニターケーブル貸出。

ウエスタンスピリッツは、注文を受けて一ヶ月間モニターケーブルを無料で貸し出しをしている。しかし、最近、売れずにただ帰ってきたケーブルが二ヶ所あった、私は貸し出したお客様樣へ、今後の参考の為にアンケートを同梱している。一件目は、そのアンケートには何も悪い事は書かれていなかった。ただ、感謝の気持ちを私に伝え、帰って来たのだ。二件目は、ピンケーブルを繋げるとうるさく、スピーカーケーブルと合わせた時に上手...

デンオン(現デノン)DL-103

昔からDL-103を私は何個使っただろうか。途中、オルトフォンSPUA/Eにはまり暫くご無沙汰だった。今の時代に、私は、あえて新品を購入してみた。それは何故か?オークションでの安価な価格も魅力だが、いかんせん中古は製造から時間がたっているから、ダンパーも駄目になっていると思う、現に何個かダンパーが劣化していたり、カンチレバーがどちらかに曲がっているのもあった、値段が安いが為に、あまりまともな使い方を...

フルレンジ一発

どんなにダイナミックレンジを広げようとも、大型スピーカーシステムにしようとも、16センチ(ロクハン)フルレンジ一発の、軽やかで爽やかな中域は到底再生出来ない。フルレンジ一発に比べて、どうしても周波数をマルチやネットワークで切って繋げた、特に、中域はやはり重い、と、言わざるをえない。それと、フルレンジ一発は、アンプとの間に存在するものが少ない(スピーカー端子位)ので、正確な録音現場の音がする、特に定位が...

I市の法務局へ…

電車で一時間四十分、そこから寒い雨の中を歩くこと約20分である。帰りも当然同じことになる、法務局で土地の測量図をもらい本日の第一業務終了、さて、と。雨の中、久し振りに昔から大好きな餃子屋(中華屋)さん迄歩き、行ったら店が閉まっている、あれっ?ここまで来て休みかよ、中で人の気配がする、そうかまだ12:00になってないのか。その店は千葉県のI市では有名な、行列の出来る超人気店である、天気も手伝ってか私が...

骨董とヴィンテージオーディオ

何でも鑑定団と言う番組は実に面白い。私は目が肥えているから騙される筈がないと自信満々で番組に持ち込んだ掛け軸、本人は1000万円の価値があると信じて疑わなかった、鑑定の結果、三千円ですと言われた瞬間、本人はガッカリであろう。鑑定士いわく、貴方は変なものばかり買ってお金を使うのでなく、たまには奥さんを温泉にでも連れて行きなさい、と言われて真っ赤な顔をしていた。正に赤っ恥である。骨董の世界はとても深く...

ドライバーを上手く鳴らしたい。

よく聞くこんな言葉、ドライバーは音がうるさい。実は私もドライバーと三十年戦った。これはあくまで私の考えで、総てにあてはまらない事をお断りしておく。昔はホーンが共振して鳴ってるからと思っていた、しかし、違う。それ以前にドライバーがちゃんと鳴っていないからだ。ほとんどはネットワークや端子を介してのエネルギーロスや他の調整ミス(己の力不足)である。ちゃんと繋がり、調整されるとエネルギーロスが減り、更にうる...

ハイエンドとヴィンテージ

両者には、かなりの差があるようだ。一聴して思うのは、ハイエンドオーディオはメーカーによっての音の差が少ない、音が端正で軽く、大きさのわりにダイナミックレンジが広く、滑らかだ、しかしどれも縦に細長く、音に芯が感じられない。購入するほうはセッティングなどそんなに気にしなくてよさそうだ。それに対し一般のヴィンテージオーディオは、メーカーによるコンセプトがハッキリ分かれていて、正直鳴らしやすいとはお世辞に...

秋葉原。

私は昔、秋葉原の高級オーディオの販売員だった。私が秋葉原にはじめて行ったのは、はじめてもらった給料でラジカセを買いに行った時だ、私はSONYが欲しかった、名前がカッコいいと思っていた、しかし買って帰ったのは東芝のボンビートだった。はじめは何軒も回って一番安い所で買いたかったが、一件目でラジ館1Fの強面のお兄さんにつかまり一生懸命説明され、断れなくなり買ってしまったのである、多分東芝のマネキンだった...

憧れのリスニングルーム。

長年の夢だったリスニングルームを建てるのはやはり容易ではない。実際は、私が建てる訳ではない(笑)提出する書類がとても多いのに驚く。一度に言ってくれたら良いのに何度も千葉県に行かなければならず、とても大変だ、往復四時間だ、確かに夢を叶えるのだから面倒だなどとは言ってられないのだが。とにかく銀行は建築基準法を重要視する、それは確かに基準を満たさない物件に銀行は融資を行えない、それは当たり前なのだが。でも...

デンオン(デノン)DL-305

私は、本当にたくさんのカーリッヂを所有してきた。その中で、長い時間聞いていて疲れなくあまりジャンルを選ばず使いやすいカーリッヂは、スバリDL-103だ、それは昔使っていた305を再度手にした今でもやはり変わらない、しかし、305は調整が神経質で決まればかなり高スペックを引き出せる、特に針圧とアームの水平にとても敏感な事だ、安価なものからそれなりの音をだすのは比較的容易い、しかし高級品からそのスペッ...

音響とリスニングルーム。

オーディオやピアノの防音ルームの気持ちのよい響きは、吸音七割、遮音三割であると言われる、私もそう思う、部屋で余計な響きを作ってはいけないと言う事だろう。建材によるのだろうが、床がフローリングのままでは柔らかな本当に低いところまでしっかりした低音再生は難しい。しかし、お金のかかったオーディオルームにうかがうと、だいたいコンクリートやフローリングが実に多いのだ、コンクリートやフローリングの床は一見する...

2011年インターナショナルオーディオショウ

平日の午前中10時に行ってきた。早いにもかからず、どのブースもけっこう混んでいた。それは良い事なのだが、肝心なのはその音とかけているソフトである、クラシックばかりで聞いててぜんぜん我が家との比較にならなかった。近年全体的な傾向は耳に障らず広がり、空間の表現が巧みであり、滑らかで音に芯がない、ふわふわと空間に浮いていて奏者の足がない、そんな歪みのないある意味、優等生的な空虚な鳴り方であった。中でもL...

リン ソンデックLP12

昔鳴らしきれなかったターンテーブルである。今はYAMAHAのGT-750にオーディオテクニカのトーンアームAT1005Ⅱを付けて使っている。だけどダイレクトドライブなので滑らかな音はでない。最後のところでどん詰まりになる。ここ数ヵ月考えていた、テクニクスSP10MK2に戻ろうか、リンに戻ろうかである。やはりリンの音は魅力的だ、あれだけ軽いのに何故あれほど低音が出るのだろうか?うんっ、やっぱりLP12をおい...

アッテネーターと音圧差の比率と関係。

何も音のない状態を0とする、総ての周波数は存在しない音のない世界を想像してほしい、そこからオーディオを鳴らすと、音(音楽)が生まれる、ならばそのゼロを出来るだけ自然界に近く正確にフラットにオーディオで再現すれば良い訳だ。断わっておくが自然界の音に0はない。例えばの話だが、ウーハーが100デシベル、ドライバーが118デシベル、ツィーターが108デシベルだったとする。ウーハーは基本的に正確なレスポンスを...

JBL2120。

このユニットとJBL4343Bとの出会いが私のオーディオの始まりだった。昔、大学の二部に通いながら昼間は文京区本郷でアルバイトをしていた、そこで知り合った二つ位歳上だった方から2120を譲ってもらったのだ。その方は鶴見に住んでいて部屋は確か12畳だった、スピーカーはJBL4343Bだった、メーカーは知っていたが自宅で買える人などいないと思っていた。そこで聞いたハービーハンコックの処女航海の神秘的な...

限られたリスニングルーム

賃貸暮らしでオーディオをやってきた方なら誰でも一度は思った事はないだろうか?家族や近所に迷惑をかけずに、ある程度の音量で気兼ねなくオーディオを楽しみたい。そして、コンセントや壁や天井に何かを施してみたいと、私はずっと思っていた。ちょっと何かをやるとセンスさえあればかなりの音質改善になる。賃貸ではなんにも出来ないのだ。私はAVに興味はないので何も巨大なスクリーンを吊ろうと思っている訳ではない、単純に...

音の量と質の問題。

スピーカーが上手く鳴らない、または高周波ノイズが耳につくと言って、ネットワークのアッテネーターで絞って誤魔化す。こう言ったシステムを良く目にする、ほとんどがこれだ、しかし、それは違う。それは何故か?量を調整して改善される事も確かに希にある、しかし原因はだいたい他にある、私もそうだったが、一番多いのは可変式アッテネーターかトランス式アッテネーターの安価なものを使っている事が原因となることが多い、可変...