Entries

実家と揉めた

一生一代、一件の家を建てるのは実に責任があり、大変な事だ、かなりフンドシを引き締めしっかりしなくてはならない。家は建築屋さんが建てるんだ、等と悠長に考えていては、必ず落とし穴が待っている。私がこれから建てようとしている家は、いわゆる二世帯だ、その為、総ては×2となる、思ったよりも値段が高くなる、この際金額は省くが、当然私達夫婦が考えていたより、予算がかかる、実家と相談して足りないぶんを出してもらわ...

プリとパワーの間のスピリッツケーブル

先日お客様が来られた時に二人で聞いていて、良いと思っていたプリ、パワー間のリッツ線(28本)の音があまりにもつまらないので、試聴の途中で、従来のウエスタンスピリッツケーブルに戻させていただいた、それから私は楽しくオーディオを聞いている、リッツ線のケーブルはまだ不完全となった事になる。今リッツ線が繋がっているのは、MCヘッドアンプとプリの間だけである、それだけでも充分リッツ線の効果は感じる事が出来る、...

布田にあった、豚カツ屋さん、かつ元が復活

とても嬉しかった。国領の駅前で、かつ元のマスターに偶然再会した、久し振りで会ったマスターは自転車に乗り、とてもスッキリしたお顔をしておられた。一言、また店やってるからとの事だった、私はここ半年、もう食べられないと、がっかりしていたのだった。私は、京王線布田駅の近くにあった、かつ元に十年前二日酔いの昼に出会った。平日の午後に食欲もなく何を食べようか、さ迷っていた、すると、どこかで嗅いだような、懐かし...

お客様が試聴に来られた

もう25年位のお付き合いになるだろうか、そのお客様が遥々試聴に来られた。私のブログを毎日総て読まれて、今回実験しているリッツ線ラインケーブルを聞いてみたいとの事だ、先日はさんざんな結果となった、今回はどうだろう、まだ完成してないのだ正直少し不安だ、まだ聞いていただく段階ではないのではないか。傾向は分かるので、聞いてみたいとの事だった。前回から私は、プリとパワーアンプの間のケーブルまでリッツ線に交換...

オーディオケーブルのエージング

しかし、いつも思うエージングとはいったいなんなのだろう?ケーブルは、ある程度の時間鳴らせば確かに音が変化する、と言うか出来上がる。ある時間とは、ラインケーブルで72時間、これは私の例だが、一日3時間聞くとすると24日かかる事になる、普通の方で毎日一時間となると、72日となる、約2.3ヶ月である、正直、こんな事やってたら人生終わってしまう(笑)厳密に言えば、本当はもっと時間がかかる、あくまでも72時間...

両親の引っ越し

今日、家内と両親の引っ越しの手伝いをしてきた、この時期にエアコンのない部屋で、重いものを運ぶのは非常に大変だった、目眩がして、身体中の水分が全部出てしまったのではと思う位汗をかいた。今、私が住んでる街から実家までは、電車を乗り継ぎ、約一時間半の道のりである、今回、建て替えの住宅ローンの件で、私は何度実家に足を運んだ事だろう。年老いた両親は、二人で静かに何不自由なく暮らしていた。この話が持ち上がって...

知り合いが試聴に来られた

彼のスピーカーは、タテマツ音工の一番上のクラスのボックスに収まったTADのフルセットなのだ、ホーンだけが我が家とおなじコーラルAH-500なのだ、そう私は、彼にコーラルのAH-500の中低域の素晴らしさをすすめられ、購入した、やはり我が家でも素晴らしい、そして、彼は実際かなり良い音を鳴らしている人なのだ。TADは、家庭で鳴らすのがとても難しい、それを何事もなかったかの様に、当たり前に鳴らしてしまった...

歪みの少ないオーディオケーブル

今回私は更に28本捩ったリッツ線ケーブルを二組完成させ、丸一日たった、CDプレーヤーとプリ間とプリとパワーアンプを繋ぐケーブルである。昨夜からずっとエージングCDをかけっぱなしでリピートさせていた、ほぼ24時間となった。聞きはじめはつまらなかった、聞きながら考えていた、36本の時、同様、失敗に終わったのか、まだ分からない、現に私は四枚のCDを取っ替えひっかえ聞いている、駄目ならばこんなに聞いてられ...

ウエスタンスピリッツはもっと愛されたい

私は何も世間のオーディオを小馬鹿にしたり、脅かしたりしたい訳ではない、ただ、自分が行った様々な実験の結果や、色々な事を、己の思ったまま、包み隠さずノンフィクションで、プログを通し、世間に勝手に呟いているに過ぎない。でも、正当な評価はされたい、だから怖がらずに、どしどしケーブルのモニター応募をもっともっと利用してほしいと思う。私はケーブルを貸し出しても、うるさくすすめて販売する事は一切しない、それが...

ウエスタンスピリッツのケーブル実験

私は過去から、いったい何本のオーディオケーブルを作って来たのだろう、今でも、ずっと本当の答えを知りたい、暫くケーブル研究は頭では色々考えていたが止まっていた、しかし今回、リッツ線ラインケーブルに挑戦してみた。それと今回使ったのは、比較的どこにでも売っている日本の被膜(ポリウレタン)を施された、普通の銅単線0.29㎜фだった事である、この太さが絹糸を強く巻き付けられる限界だった事もまた不思議な巡り合わせ...

住宅ローンが通った。

やっと暗い夜が明けた、遂に、私の願いは叶った、でも、とてもながい道のりだった、この話は去年の九月からだ、約一年である、いい加減待つのに疲れた、そして、なかば諦めていた。来週、来週、また来週、そしてそこから更に待たされ、ひたすらさんざん待たされ、突然あの書類を用意してください、この書類を早く提出して下さい、そしてまたさんざん待たされ、結局NG、ずっとこの繰り返し、何だか鵜飼の鵜みたいだと思った。自分に...

リッツ線ラインケーブルその4丸一日目

今回は前回の24本が良い結果だったので、ピン端子に入るぎりぎりの本数36本で試してみた。昨日、36本で作ったラインケーブルのファーストインプレでは、明らかに、クリアーさもなく、聞いていて面白くなかった。さて今日はどうだろう、一時間電源を入れておいたオーディオに針を落とした。駄目だ、やはり大げさ過ぎる、うるさい、世間ではこれを良い音と思う人もいるのかも知れないが、線を増やし過ぎた為に、多分、捩った線...

リッツ線ラインケーブルその4ファーストインプレ

プラスの線を、36本に増やして、急に音質が落ちた、と言うか、前回の24本の方が遥かにクリアーで聞きやすい。重低音は、確かに増えたが、他の帯域がヒステリックで、不自然な鳴り方に感じる。期待していただけに、聞いていて不愉快になり、私は、かなりの違和感を感じた、もっと簡単に言えば、次のレコードに手がのびないのだ。作っていて分かったのだが、本数が増えた為に、あまり綺麗に束ねる事が出来ない、よって、絹糸をあ...

リッツ線ラインケーブルその3エージング完了

今回ウエスタンスピリッツが作った、リッツ線ラインケーブルの音は、全帯域にわたり柔らかく一切飽和する事がない、凄いキャパシティーだ。0.29㎜фを24本でこの結果だ、21.8544である、さて、これを36本で作った音はいったいどうなるのだろう、想像するだけでワクワクする、表皮効果は約1.68倍で断面積は約1.56倍である、みなさんならば分かるだろう。とにかく今現在歪みがあまり感じられない、音はスピーカー...

リッツ線ラインケーブルその2エージング完了

携帯で撮っているので汚く写っていますが、実際端子はピカピカです、上の写真はピン端子の中を上から見たところ、下の写真はシールドの半田の様子。午後三時に試聴を始めた、先ずは米Concord CJ-51ジョー ベヌーティーのヴァイオリンの音は艶っぽく上品に、妖艶に柔らかく鋭くなっていた。シンバルの音は、潤いがあり量的には明らかに増えたのだが耳に刺さらずに、奥の方から広がり前に出てくる、ツィーターを取り替えた位の違い...

リッツ線ラインケーブルその2丸二日目

丸一日実家に帰省していた、我が家に帰り風呂で汗を流し、早速試聴。今までのケーブルの様に、半田の焼けとかエージング不足をあまり感じないのだ、シンバルの音は少しウエット感が増した感じだ、それと、少しモコモコしていたウッドベースの低域はスッキリした音に変わっていた。明らかに低音は低い所迄音はのびている、しかしその鳴り方は今までと少し違い、ソフトで歪み感がない。リッツ線はエージングにもう少し時間がかかるか...

リッツ線ラインケーブル(その2)

私は、今回更なるリッツ線ラインケーブルを昨日完成させていた、前回作ったケーブルのエージングが今日の午後に完了する筈なので、聞きながら繋げるのを待ってたのだ。今回は0.29㎜фを12本プラスに使った、10.9272表皮効果は0.6㎜4本(断面積1.1304)と比べると1.456倍である、しかし断面積は0.700831564つまり三割以上減るのである、そしてシールドをした、マイナスは1.2㎜単線一本である、合わ...

リッツ線ラインケーブル三日目

今回のリッツ線は0.6фの銅単線をプラス側に四本束ねてシールドを施し、マイナス側に1.2фの単線一本にシールドをしないで、絶対平行に作ったタイプだ、個人的にプラスとマイナスを捩ったケーブルの音は、閉塞感があり好きではないためだ。昨日はクリアーな音だったが、音はかなり強かった、人によっては好きな方もいらっしゃるかも知れない、でも私は納得いかなかった、やはり適度な太さとリッツ線の数でバランスの良い所がどこ...

リッツ線ラインケーブル二日目

とにかく音は、強くクリアーの一言、高域に音域が広がり、うるさくはならず左右にも広がりは出るが、今回は0.6фを四本と少し線が太かったので、本当はリッツ線とはちょっと言いがたい、曲によっては音が強いかな?そんな印象。今0.29фの単線を12本にして、リッツ線ラインケーブルも試作中、0.6㎜4本に対し表皮効果は1.45倍となる、こちらの方がリッツ線本来の実力はある筈だ。作って聞いてみないと何とも言えないが、...

リッツ線ラインケーブル実験開始

久し振りの大きな実験だ、過去に何度か試した時は、ウエスタンの線で作った為か、音は今一つだった、今の様にマイナスも太い単線ではなかった、シールドもプラスマイナス両方にまとめてかけていた。では、なぜウエスタンの線で駄目だったのかであるが、私の使っているウエスタン単線は被覆が経年変化で、たまにはげているところがあるのだ、つまりそのままでは完全なリッツ線にならない、一本一本に絹糸を巻き付けてみたりしたが、...

カートリッヂを取り替えるのは大変な事だ

たくさんのカートリッヂを取っ替えひっかえやってる人がよくいらっしゃる、色々試すとかなり違うらしい、の、だが…私は最近デノンDL-103からオルトフォンSPUA/Eに交換、それだけでとても大変な苦労をした、一つのカートリッヂの性格や機能を分かるのに私のように、トーンアームの調整程度は誰でもやるだろう。しかし私はヘッドシェルのリード線にまで拘ってしまった、しかもそこから気になり出したトーンアームの高さや...

オリジナルサブウェイトを発見

写真にあるインサイドフォースキャンセラーのウェイトの更に下に付いている小さなウェイトの事である、かなり大切にしまったとみえて、全く違う所に大切に保管してあった。サブウェイトをプラスすると3.86gになる、サブウェイトを追加する前は2.16gとするとサブウェイトの重さは1.7gだ、自作したのは約1gだった、これでは全く世界がちがう。メインウェイトにねじ込み装着して、糸をかける前に再度、針圧を調整して、三つ...

OrtfonSPUA/E

これはあくまで私の主観であり、もっと優れたカートリッヂはたくさん存在するかも知れない。私は実にたくさんの名機と言われるカートリッヂを本当にたくさん使ってきた、同じSPUも色んな種類新旧使ってきた、しかしこれ程私が永く愛用しているカートリッヂは皆無だ。それはなぜか?使いこなすのは実に難しいが、決まった時これほど私の耳を魅了するカートリッヂが他にないからだ。私はDENON DL-103を頑張って暫く使ってきた、個人...

JBLでクラシック

久し振りで気を入れてクラシックをJBL4560システムで聞いてみた、今からするとDL-103で確かにうるさくは鳴らなかったが、最近気が付いた、クラシックはあまり聞かなくなっていた、周波数は確かに鳴っているが、心に響かなかったと話したが方が早いのか。それで、SPUに戻した今、はたしてどのくらいのレベルで鳴るのだろう、ふと、気になった。先ず聞いてすぐに分かるのは、楽器の定位が小さく、第一ヴァイオリンの...

久々に聞いたBRYAN ADAMS

THE BEST OF BRYAN ADAMS、私の心に力がみなぎった!ピュアで透明、なにより土臭く人間臭い感じ。ストレートなロック、そんな感じがする。しかし一年前、私はこのレコードに打ちのめされたのである、聞いていてぜんぜん面白くなくなってしまった、それからは正直かけるのが怖かった。私はオーディオケーブル制作者なので、感想はどうしても音になってしまうのだが、1993年、もうとうに世の中CDになっていたが、この頃なぜか...

人間嫌いな事は出来ない。

今日はいっけんオーディオと関係ないような事だが、実は、私にはとても関係がある、今回は、私の事について恥をかくのを承知で書いてみた、これは総て本当の事である。自分は他の奴より絶対に出来るんだ、何の根拠もないのだが、そう思い込んだら、もう欲しいものを手に入れたも同然、私はそう思う、願わないものが来る訳がない、出来ると思わなければ出来る筈がない、そしてそれをやるならばいつも今だ、私は子供の頃からなぜか人...

やっと手に入れた二枚の米レコード

私のお気に入りArt Pepper Straight Life 米Galaxy Ca 94710です、今まではOJCだった。やっぱり想像どおり、ぜんぜん音が違う、OJCは音が舞い上がり明るすぎうるさかったと思う。どう違うのかであるが、米盤は、ちゃんと楽器の音がする、聞いていて落ち着く感じなのだ。強いて言えばあまりオーディオを感じない、自然で無理をしていないと言ったら良いのか、総てが等身大に私は感じる。しかし同じGalaxyでも他の盤はあまり面白く...

カートリッヂは優れたものを使うしかない

私は、アームを調整したり、細かく色々やってみた、その結果分かったのは、当たり前の話だが、良くないものを良くする方法はないと結論付けたい、ただ調整や周りを固める事により、同じ型番のものと比べて、圧倒的な差をつける事は出来る、しかしそれをやるのはいつも今である。優れているのは分かっていたつもりだったが、オルトフォンのSPUがこれ程のものとは正直私は思わなかった、やはりSPUは至宝だ。それと私のオーディ...

メーカーオリジナルスピーカーボックスの大切さ

私は最近つくづく感じている、メーカー指定のオリジナルボックスを使っている人が少ない。昔からよく聞くこの話、特にアメリカ製は、オリジナルボックスの作りが雑で良くないので、ボックス屋さんに注文して作ってもらったら、音がつまらなくなった。まあ作ってもらったボックスの音が気に入ったならそれはそれで大いに結構なお話しだが。当たり前である、特にJBLやアルテックのボックスは、そのメーカーのユニットを鳴らすべく...

オールホーンスピーカーに天井の高さは必要ない

よく聞くこの言葉、オーディオルームは広く天井の高い部屋が良いと、広さはある程度確かに必要だ、しかしあまり天井の高い部屋はオールホーンスピーカーシステムの場合逆にエネルギーロスに繋がる気がする。軽井沢に私とほぼ同じシステムを組んでいただいたお客様がおります、別荘で部屋の広さは40畳ほどで、天井は吹き抜けになっている、はかった事はないが凄く高い、久しぶりで聞いてきたが、物凄い残響特性であった、楽器の位...

Appendix

プロフィール

wespirits

Author:wespirits
WESTERN SPIRITSのつぶやきへようこそ!

WESTERN SPIRITSホームページ

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR