Entries

オーディオ、絹巻き電源ケーブルPART1

さて、いよいよ始まったウエスタンスピリッツの快進撃。新居に来て約二ヶ月、色々書いているが、実に色んな事が次々と起こっていた。しかし、ブログにはあまり細かく書けない。日々色々実験してる結果を文章にするのは、とても難しいからである。寒い日や蒸し暑い日、雨の日や乾燥した日、色々あって、部屋はかなりオーディオを鳴らすのに都合よくなってきた。まだまだ床の鳴りや、定在波等、課題山積である。ただ新しい部屋に住ん...

オーディオ、ノイズカットトランス用の絹巻きケーブル

先ずは、パワーアンプに繋いでる2000Wの二次側からである。今まで低磁束ノイズカットトランスは、届いてから秋葉原の電線屋さんで購入してきたJIS規格にあったものを一次側(VCT5.5㎜2)も二次側(二次側は赤黒スピーカーケーブル)も繋げていた。しかしやっと気付いた、赤黒のスピーカーケーブルで電源は、些か良くないだろう。電源ケーブルではないからである。製作する前に、標準的な音質を掴む為とはいえ安易に考えすぎた...

オーディオ、更に低磁束ノイズカットトランスを二台注文した。

今回はまた、200V30Aなのだが、MCヘッドアンプとアナログプレーヤーへ繋ぐ、200Vから100Vへの1000Wの低磁束ノイズカットトランス二台である。ただでさえアナログは素晴らしい、そこに200V30Aの1000Wの低磁束ノイズカットトランスである、どんな結果になるのだろう…ワクワクしてくる。綺麗な電源の入った音は静かで優しく滑らかで内容が濃いのである。 嫌らしく濃いのではなく、身のしっかり詰まった音が...

オーディオ、JBL4560BKの下に耐震ジェル

JBL4560BKの下には、キャスターを付けている、そのキャスターの台座とボックスの底板との間に耐震ジェルを挟んだのである。あまりネジを締め付け過ぎると、耐震ジェルは潰れて効果が薄くなると思われたので、適度に5㎜厚の耐震ジェルを3㎜位の厚さになるまで、測りながらネジを均等に、対角線上に少しずつ慎重にバランスよく締め付けた。実際にネジで締め付けたら、2㎜潰すのにけっこう力が必要だった。しっかり留まっ...

オーディオ、スピーカーから床への振動

電源はクリーンになり、左右のスピーカーもまともに動作した。ラックの底板とキャスターの間に耐震ジェルを挟んだ、床からラックへの振動はかなり止まった。なので、以前アナログプレーヤーの下に敷いた耐震ジェルは外した。それからずっと冷静に聞いてきた。かなり強烈な低音になったようだ。しかし、確かに違和感が出てきた、低音に本物の奥行きと、クリアーさと力がない。それは急に気付き、対策が頭に浮かぶ。現在低音は確かに...

オーディオラックの底板とキャスターの間に耐震ジェル

作業中の行程を、写メで写しておくべきでした。結果を急ぐあまり忘れてしまった、申し訳ない。しかし、120kgのラックを一人でひっくり返すのは並大抵ではなかった。スピーカーからの床の振動は確かにあるしかし、その前に影響を受けているラックが気になった。スピーカーが更に鳴り出したからである。電源強化に伴い、今度は、床がかなり振動するようになってしまった。ずっと気になっていた、とりあえずアナログプレーヤー下の...

ようやく音はセンターに来たと思ったが

色々メンテして三日目である、オーディオは常にどこかがおかしい。自分は絶対に間違えていないと思っている。しかし、そこに悲劇が生まれる、常に自分の行った事を疑わなければいけない。人は必ずミスをするものであるからである。まともに鳴らそうとして色々やっても、導通はしっかりしても、そこからしっくり安定するのはやはり二~三日はかかる。そしてまた聞いていると、次なる違和感が必ず出てくるものである。電気的に導通し...

そして、低磁束ノイズカットトランスを…

安心して、更なる200V30Aの極太ケーブルが繋いであるコンセントへ繋いだ。実は、家を建築中に私のミスから、一ヶ所だけ極太ケーブルが間に合わなかった方の200V30Aのコンセントに、あえて今までパワーアンプを繋いで聞いていたのである。屋内配線の極太ケーブルとの差を確かめたかったのである。本当のオーディオコンセント五ヶ所は、オーディオラックの後ろに四つと、横の壁の下に一つあるのである。それで、本当は六ヶ...

再びAC ENACOMを繋いでみた。

聞いていてふと気になった。200Vからのプリとパワーの電源環境は整った。しかし100Vはどうだろうか?CDにトロイダル巻きのノイズカットトランスが入ったが、その上が空きコンセントになっている、そして。アナログプレーヤーとMCヘッドアンプも100Vである、しかも今のところ何もしていない。そのコンセントの上がやはり空きコンセントになっている。100Vね…これはひょっとして…見渡してみると、AC ENACOM...

スリーウェイネットワークを壁に吊るした次の日

オーディオは楽しい、いつも必ず何かの答えを正確にくれる。バーンスタインが1987年10月に、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団を振ったマーラー交響曲第1番二長調《巨人》グラモフォン デジタル録音盤と1997年発売の映画、タイタニックのサントラ盤をCDで聞いた。一晩で、スケールがとても増えていた。木管楽器が特に良く通る、綺麗でダイナミックな鳴り方に変化していた。木管楽器はとても難しく、普通ボヤけてい...

スリーウェイネットワークを主役にした

チークの板に各々分けて作ったスリーウェイのネットワークを、スピーカーの後ろの壁に吊るしてみた。写真は、一枚目が普通の縦に写し、二~三枚目は横に写した。以前から一度やってみたかった方法である。他の機器のそばに設置するとその影響が多少はあると思った。特にコイル(コンデンサーもゼロではない)が発する電磁波がずっと気になっていた。スピーカーの上ほどは音圧の影響も少ないし、他の機器への影響も殆どなくなったのか...

メンテナンスPart3

スピーカ本体のメンテを終えて、全体を見渡してみて感じた。アンプは、ノイズカットトランスで効果がある、ひょっとしてCDも効果があるのでは?こう思うのは当然だろう。そう思った、少し前まで使っていた100~100Vのトロイダル巻きのノイズカットトランスが外してあった。CDは、マランツCD-72aである。消費電力があってもせいぜい20~50Wだろう。トロイダル巻きのノイズカットトランスは、容量が1000Wである、...

メンテナンスPart2

そして、スピーカーのメンテナンス後、後一つやってみたい事があった。  以前やってみて絶大な効果があったヶ所、ネットワークの部品をインシュロックで板に留める作業である。 ボンドでしっかり留める方法もあるが、何かあった時に部品定数を変えられなくなる、なので私はインシュロックで締め付けて留めている。  簡単でとても効果がある。いつでも外せていつでも復旧出来る。これがとても大切である。...

メンテナンスPart1

先ずは、スピーカーの取り付けネジ、右チャンネルはオーケーであった。しっかりしまっていた。いったん少し緩め押し付け気味にしっかり閉め直した。私はスピーカーボックスに穴を開けてケーブルを差し込んでいる。その為か、スピーカーケーブルよりも数㎜穴が大きくあいて隙間が出来ていた。そこをエアコンのパテで埋めて応急処置をした。たとえ少しの隙間であっても、設計どおりになっておらず、音に対する影響は0ではないと思っ...

電源環境が整うと不備がみつかる

昨日夜の事だった。200V30A~117Vダウン ノイズカット トランスがプリとパワーに入ったので、家内に聞いてもらおうと二人で三階のリスニングルームでCDを聞いていた。トランス配線後、夕方に音が少しおかしくなったからである。家内が真ん中、私は左に座った。少しして音に違和感を感じた、左チャンネルの音がノイズっぽく歪み、途切れだしたのである。プリのアウトの端子をさわると、一旦はちゃんと鳴るが、また直ぐ...

ノイズカットトランスが届いた

驚いた、驚異的な早さである、頼んでまだ一週間。見積もりには納期約16日と書いてあった。出掛けている間、午前中に届いていた。父も母も、重くてただ驚いていた。私はお相手に、自分がプロである事をお伝えした。貴方はプロなので、後はそちらでどうぞなのだろうか?配線に夕方まで時間をかけてじっくり慎重に行った、200Vは流石に怖い、間違えたら指先が吹っ飛んでしまう。先ずは電源を繋がずに200Vの入力迄を配線してか...

Portrait Of Marian McPartland

1979年 USA Concord CJ-101女性ピアニストである、演奏は、エレガントの一言。女性特有の優しくも厳しくもあり、繊細でありながらも安定していて聞きやすいレコードである。私は彼女の名前を知らなかった、ネットオークションで見つけて購入してみたのである。中古だが、とても綺麗な盤だった。JAKE HANNAが、バスドラで、彼女の左手の力を補っている、そんな感じをうけた。それは、JAKE HANNAの十八番(おはこ)である、ピアノ、ド...

熱く生きる事の意味とオーディオの答え

今日もオーディオとは関係ないお話しですが、無関係ではない。私は、とても分かりやすく熱い人間である。なぜそうなのか?誰も本音でオーディオを語ってないからである、だから熱くならざるをえない。趣味嗜好?デザイン?大切なのは、オーディオであるいじょう音である。確かに音楽を聞くためのもので、音ばかり追ってはいけない。しかし、そこそこに鳴っていなければ、常に違和感があり、音楽に浸れない。違うだろうか?私は自分...

パワーアンプからネットワークにダイレクト接続

アチャー!以前お伝えしたチークの板が小さく、厚さが貧弱である。しかしこれが現状である。チークの板は、分厚い物に買い換える他はないが、とりあえずこのままやってみる。しかし、これもまた、とりあえず赤黒50芯のスピーカーケーブルで実験を行った。音に癖のあるケーブルでは、真価が分からないからである。更なる飛躍の為に、先ずは標準的なケーブルでの実験が必要と思われた。前の部屋の時からずっと気になっていた。いつ...

市川大野、瓢の餃子のお話しpart2

またまたオーディオとは関係ないお話しですが、お付き合い下さい。昨日、再び家内と食べて来た。食べた瞬間だった、美味い!これは間違いなく今は亡き市川店の志村さんの味だった。油で揚げているので油の味は確かにある、しかしあっさりしていた。前回(去年)食べた時は油っこく、もっとベタベタだった。正直途中で嫌になった。厨房を覗くと揚げてる方がいつもと違う。私よりは少しは若い四十代に見えたが、分からない。やってる事...

常に謙虚であること

私にとって、とても難しい事であった。しかし結局人間、一人ではなんにも出来ない。人は色んな方向からオーディオを見ている。つまり同じ形でも少し角度を変えてみると、全く違う形に見える。これを理解しないといけない。しかし、その伝え方がとても難しい。自分が最高と思う鳴らし方は、時に他の人から見たらナンセンスであったりする。自分のやり方が常に一番ではないという事である。子供の頃から全く勉強をしておらず、私は基...

アースの線でも音質は変わる。

これには今更ながら正直驚いた。アースの線で音質が変わる。以前から話される方がいたので、ウエスタンや日本の線で色んな太さでも試した。その結果、アースの線は1.2~1.6㎜の太さを出来る限り短くシンプルに使うのが良い事が分かった。些かオカルトじみているが、その違いを真剣に聞いてみると、確かに音質は違う事が分かった。 昔アースの線は緑のアース線をはじめ、スピーカーケーブルでも何でも変わらないと聞い...

ネットワークはまだワニ口クリップで留めてるだけ。

私は大切な事をお伝えしていなかった。オーディオはとにかく時間がかかる。でも急がばまわれである。まだ部屋の音響特性も分からないのに、総てを半田で留める気にはならない。この部屋ではもう少し時間がかかる。なぜならまだまだ鳴り方が変化すると思うからだ。私はLCネットワークを使用している。今度はパワーアンプからウーハー、ドライバー、ツィーターを各々総てダイレクトに繋ごうとネットワーク用の板を購入してある。や...

プレーヤーの下のハウリング対策

しっかりしたラックに置き換えてみたら今度は、アナログがハウリングをおこした。考えた、何故?多分ラックの板が横にあるスピーカーの音圧をウッドポールの時よりもまともに受けるためだと思われる。その証拠に側に行き、ボリュームを上げたままいくら跳び跳ねても、ハウリングは起きない。とすると、床からの影響は考えにくい。過去にも経験があるが、この場合LINN等のサスぺンションのタイプのプレーヤーに交換するか、プレ...

200V30Aから117Vの低磁束ノイズカットトランス

秋葉原に来た、ノイズカット トランス二台の代金を支払いに来たのである。  オヤジさんが見積もりに追われ、一人で忙しそうにしておられた。  そして細かく話をつめていった。実際に作る行程をお聞きすると、実に頭が下がる。私はてっきり機械で作っているのかと思っていた。  コアだけを機械に固定して、三人がかりで手で巻いているらしい。その内のお一人がいま病気で倒れられているらしく、その...

部屋の壁が馴染んできた

オーディオは部屋を含め本当に難しいと思った。そして降り続いた雨があがり陽がさしてきた。何か良い事あるかな。新居に越して一ヶ月ちょっと経った。日に日にとはいかないが、少しずつ鳴り方が変化してきたのである。今日更に低い重低音がズボッと鳴って、急に奥行きと広がりが増した。はじめは固かったトランペットやサックスの音は、かなり柔らかく違和感が減ってきた。明らかにこちらの耳が慣れて来たのではない。200V30A...

SCOTT HAMILTON AND WARREN VACHE WITH SCOTT'S BAND IN NEW YORK CITY

1978年USA Concord CJ-70テナーサックスとコルネット&フリューゲルホルンが目立つ演奏内容で、全体的にとてもエレガントなソフトな曲調に仕上がっている、個人的には夜中に聞くと最高である。ところが、A面2曲目とB面2曲目に、とても素敵な女性ボーカルが入っている。写真二枚目にある女性である。ビブラートが細かく震える様な声で、綺麗で素敵な女性の声だ。SUE MELIKIANとジャケットには書いてあった。スー メリキアンと読むの...

オーディオケーブル

私は、当たり前だがケーブルを真剣に作っている。私は購入していただいたケーブルが、貴方の装置から一生外されない自信がある。また外れてほしくない願望もある。よくウエスタンスピリッツのケーブルは麻薬的とか言われるが、それは心外だ。独特な音を鳴らすにはそれ相応の努力と経験の積み重ねが必要であるからである。いくら私のケーブルを繋いでも、ただそれだけでは努力もせずに良い音にはならない。ただ音質が変わっただけで...

市川と言えば瓢(ひさご)の餃子だった…

今日はオーディオとは関係のないお話しですがお付き合い下さい。とうとう市川駅近くの瓢は跡形もなくなくなってしまった。かなり前に廃業されたのは分かってはいたけれど、やはり実際に見るとショックであった。中華やさんなのだが、有名なのは、やはり餃子だと思う。揚げ餃子なのだが、一個がいなり寿司位はある、それが一人前で六つある。味は甘く(キャベツの甘みで砂糖は入っていない)何とも言葉にしようがない。普通の餃子では...

THE DAVE McKENNA QUALTET

1989年USA CJ-365 Concordである。久しぶりに感動した。録音と演奏が素晴らしい。これこそ品の良いジャズだ、そう思った。いつまでも聞いていたい。特にギターが素晴らしい、同じギタリストのカルコリンズも素晴らしいが、GRAY SARGENTはとても勢いとスピードがあり、音に切れがある。美味しいレコードである。...

Appendix

プロフィール

wespirits

Author:wespirits
WESTERN SPIRITSのつぶやきへようこそ!

WESTERN SPIRITSホームページ

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR