Entries

オーディオケーブル間違いだらけな聞き比べ

とんでもない比較試聴をされる方がいらっしゃる。特定の楽器の音や、ソフトに入ってるある音だけをこのケーブルは鳴るとか鳴らないとか、そんな聞き比べをされるマニア先生がいらっしゃる。そしてそれだけでケーブルの優劣を決める。それを周りに言いふらす。それでは、まるで子供レベルである。オーディオは音楽を聞くものである。その試聴のしかたはそれを既に忘れている。ビルエバンスのCDに録音されている地下鉄?の音や、エ...

青黒檀の効果オーディオ

数あるオーディオインシュレーターの中で、ピカ一の効果のある色々な素材を個人的に二十年近くずっと探して来た。使う場所にもより、一概にこれが最高とは言わないが、木材で何種類かに絞られてきた。しかしあくまで、個人的な主観によるものだと言う事を念頭に、参考にしていただけたら幸いである。1)[青黒檀]音に芯と力があり重厚な重心の低い落ち着いた音が特長。しかしCDプレーヤーの下には不向きと思える。2)[チーク]青黒...

オーディオは、更に鳴ってきた

もうリッツ線のエージングは終わったと思っていた。かなり鳴っていた、しかし今日は更にベールが剥がれだした。今日は更に鳴らすほどに音はどんとん変わってきた。恐怖さえ感じる程の肉厚な生々しさである。聞いてるのはCDで、ジミヘンドリクスの:bluesである。ギターでこんなヤバイ音は出せない、若い頃そう思った、やはり更にそう思った。家庭でこんな音を鳴らして良いのだろうか、それにジミヘンドリクスはもう過去の人である...

柔らかく強い美しい歌声CHRIS HART

今日はオーディオとはあまり関係のないお話しですが、お付き合い下さい。写真がピンボケで申し訳ない。彼は、最近日本テレビ系「のどじまん ザ! ワールド」で観る度に私を魅了し続けた。とにかくのど自慢の中で彼だけが、声も滑舌も歌唱力も他を圧倒していた。そして、我々日本人が恥ずかしくなる程日本語が綺麗である。私は今は、音楽業界の人間ではないので、彼が今後どうなるのか分からないが、応援したい。これ程歌の上手い...

オーディオ、鳴らしはじめのカートリッヂの音

アナログは確かに優れている、しかし泣き所が一つある、良い音になるまでかなり時間がかかると言う事。季節によって部屋の温度が違う、寒い時は、エアコン等で室温を17~18°にしないとなかなか良い音にならない。しかし今は初夏である、それでもレコードを2~3面はかけないと良い音にならない。しかし一旦良い音になってくるとかける程良くなってくる。CDもアンプもそうである、電源を入れて一時間位鳴らすと良くなってく...

オーディオ、配線間違え発覚

昨日の試聴結果がどうにも気になっていた。以前ドライバーの入力端子を外し、ダイアフラムにダイレクトにスピーカーケーブルを半田で留めている所があった。そこに、エアコン用のパテで穴とケーブルの間に出来たほんの僅かな隙間がある。そこを埋めていた。それはまあ良い。上手く出来たようである。その時、スピーカーの後ろの景色を見た瞬間、目の上の端に違和感を感じた。ツィーターの後ろの景色をチェックしてみた、うんっ!?...

更にもう一人のお客様が来られた。

こちらのお客様は、刺客とよんでもおかしくない、寡黙な方だが、かなり厳しい聞き方をされるお客様である。少しでも気に入らない所は、私がプロなので包み隠さず伝えていただける。先ずJポップをCDで四曲しっかり鳴るかである。総て「良いね」だった。これは大変な事である。次にアナログである、アナログは三面位かけないと音が良くならない。ベートーベンのエロイカを総て聞いた。最後の五分位のところからかなり鳴り出した。...

マランツSA7003からCD-72aに戻した。

そしてシステム構築三日後、電源環境やリッツ線配線は大まかであるが決まった。三人のうるさがたのお客様にもご試聴願いオーケーである。試しに繋いでいたマランツSA7003から、以前時代後れと言われた同じマランツのCDプレーヤーCD-72aのレンズをクリーニングして、再度繋いで聞いてみた。やはり比較にも何もならない、驚きの素晴らしい鳴り方だった。実は音はずっとこちらを気に入って使っていたのだが、実験中に音が...

オーディオ、200V30A単独電源の威力

言葉で表現するのはとても難しく誤解を受けやすい、しかし私は、実験してみてあえて呟く。これは総て事実しか書いていない。実に優しく、静かで綺麗で力強い奥深い音になる。誤解してほしくないのは、家電と同じ回路のエアコンの200Vのコンセントから200Vをとるのとは訳が違うと言う事である。私はたまたま、両親が二人で住んでいた実家を取り壊し、新たに家を注文住宅で一から新築したので、オーディオ専用の単独回路に出来...

完成したシステムの試聴にお客様が来られた。

まだ八割程の完成だが、ほぼ終わりステップアップしたと思う。しかし自分だけの判断では心配である。井の中の蛙にはなりたくない。ここは一つ、耳のこえたズパリ結果をいただけるお客様にご試聴願う他はない。そう思った。一週間前に連絡をとり、試聴をお願いした。はじめはまだ評価出来ないと話された。そうアナログは、なかなか良い音にならないのである。私とお客様はお互いにアナログ派である。何枚もレコードを聞いた後、針圧...

リスニングルームに、三人目のお客様が来られた。

このブログは少し前の内容である。最初の段階のプリとパワー用の低磁束ノイズカットトランスが入った頃のお話である。その頃既にこのくらいの実力があったのである。少し振り返ってみたい。社交辞令なく試聴結果をいただける。それは、怖いようで誠にありがたい事である。オーディオは一人でやっていると、たまにとんでもない方向に進んでしまう事がある。その為に、第三者の試聴結果はとても大切なのである。良いと思っているのは...

総てはJBL4560BKを鳴らす為に

毎日オーディオブログを公開している。ウエスタンスピリッツは、人生の集大成である新居のオーディオルームへ引っ越して来て三ヶ月が過ぎた。気付いてみると、この部屋に来てからあまり休んでいない。徹底的にオーディオのエネルギーロスを減らす為に色々実験を行い、当初頭で考えていたよりも遥かに実験は成功したと思っている。そしてノウハウは更に積み重なった。当然大学ノートに。そして色んな事がオーディオを通して分かって...

ウーハー用のリッツ線の三日後

二日目もかなりマイルドになり綺麗なヴァイオリンとギターを聞けた。そして音は暖かくなってきていた。始めに注意!音は確かに良くなる。しかし今回の内容は、絶対にやってはいけない事である。Western Spiritsが、今まで公開してなかった異次元オーディオ構築の為に行っていた事。それはかなり危なく、ウーハーを壊してしまうかも知れない、絶対にやってはいけないクレージーな事である。私はJBLユニットの入力端子が大嫌いで...

ウーハー用の絹巻きリッツ線ケーブル完成。

リッツ線スピーカーケーブルは、高域にしか効果がないと言われている、理論上はそうなのだろう。本当だろうか?なぜだかウエスタンスピリッツの作り方で、そんな事はなかった。みんな少し頭だけで考えすぎなのではないだろうか。理論は先駆者が既に決めて答えを出している。確かに大切だが、時代は進んでいて、聞くのは耳である。理論より経験が勝ると思う。リッツ線とは、素線の数を細くして増やし、電気が高周波になるほど素線の...

ウーハー用0.25㎜ф単線325本のリッツ線素材

遂にケーブルの最終章、リッツ線スピーカーケーブル製作が始まった。オーディオルームが暗くて分かりづらいとは思うが、比較の為に一応煙草と一緒に携帯で切り出し束ねた、素線を写した。長さは180㎝である。やはり、0.12㎜фPEW被膜単線327本は、かなりの太さになった。今回、ノウハウも追加され一気に327本を左右ワンセットずつ切り出した。とてもグッド、上手くいった。これをプラスに使う。窓を開けているので2...

ネットワークリッツ線配線から三日後

消磁もエージングも行った、音楽もたくさん聞いた。そして、鳥たちのシンフォニー<森の中で>をCDでずっと鳴らしっぱなしにしてきた。繋いで三日目である。鳴き声の強い芯や、音の立ち上がりは鋭くなり、前後、左右、上下の広がりが、リッツ線を繋いだ後は明らかに増えている。まるでネットワークの定数を変えた位の違いはあるが、何にもしていない。ただリッツ線に替わり、丸三日間リピートして鳴らしっぱなしにしていただ...

母の事、黄色いカーネーション

このブログは一ヶ月前の内容で、公開しようと思っていた矢先にノイズカットトランスが届いたり、実験が始まってしまい、今日になってしまった。そこに日曜日の母の日が被ったのである。そして、最近オーディオばかりやっていて少し考えが煮詰まり過ぎたようだ。疲れた。母は、引っ越してからずっと毎日、一日中愚痴っていた、洗濯物を干すところがない、母さんはそれがストレスなんだと。前の家は、亡くなった弟の部屋に少し広いベ...

オーディオ、ドライバーとツィーターのネットワーク迄もリッツ線で繋いだ。

このオーディオブログは少し前の事を書きためて公開している、なので実際は更に先へ進んでいる。夜の23:34である。遂に、ドライバーとツィーターのネットワーク内部のプラスのリッツ線スピーカーケーブルが完成し繋がった。プラスなので色は黒にした。今回は、プラスのリッツ線である。長さはドライバーが40㎝でツィーターは78㎝である。左右は全く同じ長さに揃えなければならない。パワーアンプからのケーブルよりはかな...

オーディオ、中域と高域ネットワークのマイナスのケーブルを交換。

このオーディオブログは、少し前の事を書き溜めて公開している、よって実際はもっと先へ進んでいる。今回は、ドライバーとツィーター迄のマイナスのケーブルだけを交換した。プラスマイナスのケーブルが離れている為に、先ずは作り易いウエスタン16GA単線を絹巻きして、白い綿の太い糸を巻き付け配線した。そこもまだ赤黒のスピーカーケーブルだったからである。しかしマイナスは外れてもまだプラスは赤黒のままである。かなり...

ウエスタンスピリッツ 絹巻きリッツ線スピーカーケーブル完成

ウエスタンスピリッツがいつも語っている塩化ビニール被膜が、音に腰がないと言うお話と、リッツ線ケーブルの表皮効果、これは全く別のお話である。リッツ線は、被膜の質より表皮効果を狙った作りである。細かく書いていると文章が長くなる、一つだけ頭に入れておいて欲しい。0.6㎜ф単線の断面積と等しい数値にするには、0.12㎜ф単線が27本必要になる。計算では25本なのだが、27本で個人的に音質も0.6㎜単線と合わせ...

リッツ線絹巻きスピーカーケーブル

やっとここまで漕ぎ着けた、ここからがやっと新居のリスニングルームで、ウエスタンスピリッツのスタートである。今まで標準の音質を掴もうと、あえて百芯の赤黒スピーカーケーブルを繋いできた、その音は熟知したつもりである。それから約一ヶ月である。電源ケーブルでの実験結果は、塩化ビニール被膜のケーブルを外せば外すほど音はクリアーになり、力と芯のある音の方向に変化してきた。回りくどいが、その様に順序だって実験を...

Jポップの鳴らないシステムは片寄った鳴り方である

そんなもの鳴らなくてもいいと仰る方もいるだろう。しかし、少しお付き合いを願いたい。日本の標準的なJポップが上手く鳴らないと言うのは些かおかしい。私は何度も話してきた。確かに、ミニコンポを購入すればJポップは上手く鳴らせる。私は何度も、量販店の店頭で鳴っているミニコンポの音に驚いた、我が家では鳴らない筈のJポップが、なんなく上手く鳴るからである。では、ミニコンポはそんなに素晴らしいのか?そうではない...

遂にオーディオノイズカットトランス総てが、絹巻き電源ケーブルで繋がった

ウエスタンの極太単線の素線を使った絹巻き電源ケーブルの実験は、少し前に書きためたものであり、実際はもっと先へ進んでいる。今回、少し勇み足ではあったかも知れないが、これで四台総ての低磁束ノイズカットトランスに、絹巻き極太ウエスタン電源ケーブルが繋がった。最後に繋いだのはプリに繋がってる低磁束ノイズカットトランス1000Wの一次側である。これでノイズカットトランスから総ての塩化ビニール(JIS規格、石油系)...

オーディオ、アナログプレーヤーのノイズカットトランスも絹巻き電源ケーブルに

このブログ内容は、少し前の実験結果を日々書きためたものであり、実際はもっと先へ進んでいる。ノイズカットトランスは各々に総て、3mは離れて設置してあり、ノイズの影響はほぼゼロに近い。このトランスの優れたところは、唸りがほとんどないことである。今回のノイズカットトランスには、アナログプレーヤーもCDプレーヤーも差し替え出来る様に二次側の出力電源ケーブルに、中継端子を付けてある。そこは既にウエスタン16...

オーディオ、MCトランス用のノイズカットトランスに絹巻き電源ケーブル

期待があって一日待てなかった。今回購入したMCヘッドアンプ用に購入した200V~100Vの1000Wの低磁束ノイズカットトランスである。電源ケーブルだけは作りはじめていたのである。しかし番狂わせで早く届いてしまった。昨日迄は、写真三番目にあるJIS規格のケーブル、VCT5.5㎜2を繋いでいた。かなり太いケーブルなのだが被膜の為か音がボケていた。今日、悪戦苦闘の末に絹巻きケーブルに繋ぎ終えた。アナログを鳴ら...

オーディオ用低磁束ノイズカットトランスの威力

今回、アナログ用として購入した200V30Aから100Vの1000W低磁束ノイズカットトランスは、CDにも繋げられる様にメス端子(一般的には延長用)を二次側に付けた。アナログプレーヤーに繋げてみて、あまりの素晴らしい音に、耳を疑ったからである。当たり前だが、CDは単体ではアナログプレーヤー以上に変化が大きく、楽器やボーカル各々の分離に優れ、エッヂがたち、肉厚な音に変化した。そして静かである。しかし今回ア...

オーディオ、更なるトランスからの絹巻き電源ケーブル

今回の呟きは、昨日公開したアナログのノイズカットトランスの前に行った実験内容であり、今は外れたトロイダル巻きタイプのノイズカットトランスのお話である。今回、新たに購入した低磁束ノイズカットトランスが、あまりにも素晴らしいので、先に番狂わせで公開したのである。CDに使用している100~100Vのノイズカットトランス二次側の電源ケーブルである。ここもずっと赤黒スピーカーケーブルを使って来た。そして、あ...

オーディオ、遂にアナログ用の、低磁束ノイズカットトランスが届いた

やっぱり今回も早かった。もう少し日にちがかかると思っていた。が、嬉しい。今回のノイズカットトランスは、一つ17kgである、一気に二つとも三階まで上げると、さすがに体力のある私でも息が切れた。発注を受けていただいた会社に、あまりに素晴らしいので、ブログに社名を公開させてほしいと頼み、OKが出たので、遂に、社名を明かします。秋葉原ラジオセンター内の、東栄変成器株式会社である。その社で製造している訳ではない...

オーディオ、プリアンプの半田不良発覚

少し前に似たような経験をした。写真は、愛機USA CROWN IC-150Aである。電源がしっかりして、周りが固まって来ると、やはりあちこち弱いところが悲鳴をあげる様になる。まともになってくると言うより、普通の100V電源の時には分からなかったシステムの粗が、200Vからのノイズカットトランスが入った事により、どこがどうおかしくてそうなってるのか、場所が特定しやすくなると言った方が良いかもしれない。...

オーディオ絹巻き電源ケーブルPart3

前回作った二次側からプリ迄の電源ケーブルは、次の日の夕方には自己満足ではあるが、かなりのレベルで鳴っていた。とにかく切れがよく、スピード感がある。次は、いよいよコンセントからノイズカットトランス迄の一次側へ200V30Aを送るケーブルの製作にかかる。200Vはかなり強力な電源である、これこそが本当の電気の源である、変わらぬ筈がない。四角い断面のウエスタンワイアーをチョイスした。幅が4㎜位厚さが2㎜位...