Entries

CD電磁波吸収実験のその後

デジタルノイズ、高周波ノイズ、電磁波色々言われている。四方八方に飛び散り、アンプなど他の機器に有害な影響を及ぼす電磁波。部屋に飛び散る電磁波を抑える事が大切だ。これを十年間ずっと訴えていた方がいらっしゃった。CDの実力は発揮されてない、まだまだ良い音がするはずだと。ウエスタンスピリッツが使っているマランツCD-72aの基盤である。作業はし易かった。しかし内容は避ける。しかし個人的にデジタルは、何をや...

オーディオは半田とケーブルの音を聞いてる様なものだ

ちょっと深く考えてみた。見渡すと、とにかくオーディオは接点だらけである。基板を見ても部品のリード線が導通してる基板に刺さってるだけ、そこを半田で留めてる所が非常に多く、リード線が基板に寝た状態で基板に密着しその上から半田が乗ってる訳ではない。特に最近のオーディオは、コストダウンの為か、ほぼ中国製である。安価な物ほど基板の半田は、見た目は綺麗だが、音に拘って作られてるとは到底思えない。ならば、基板の...

磁界、電磁波=電波、デシタルノイズ

ケーブルを作る上で一番厄介な難問である。電気のあるところ総てに発生する。とは言ってもやがて減衰して消えていくが、次々と発生する、そして飛び散り音を汚す。オーディオは交流である、素線を電気が流れるとき進行方向の右に捻れる様に発生する磁界。そして数珠繋ぎに結び付き最後は電波になり減衰して消える。しかしオーディオケーブルの中で本当は何が起こっているか実際はまだあまり解明されていない。ならばその電磁波を味...

CDの電磁波対策実験をやってみた

デジタルアンプ等の電磁波が随分以前から話題にのぼり、メーカーや自作マニアの努力のお陰で、最近は随分良くなったが、やはり、どこのメーカーもまだ完璧とは言えない。今回はCDプレーヤーのお話しである。実験の内容は危ないので、真似をされて大切な機材を壊されても困るので差し控えるが、実はオーディオに有害な電磁波は、ほぼ吸収出来る事が分かった。そしてCDプレーヤーの性能が悪いのではなく、諸悪の根元はCDプレー...

気に入ったレコードばかり上手く鳴っても進歩はない

私もそうだが、貴方の部屋のレコード棚に上手く鳴らないレコードがたくさんある筈である。そしてまた逆もあるだろう。上手く鳴らないレコード、それを少しでも上手く鳴らす努力をしよう。しかしその道は機材を換える事ではない。今のままで色々悪戦苦闘していただきたい。だからこのブログの過去から全部読んでいただく事が大切なのである。機材の組み合わせばかり考えて買い換えていても、システムは永遠に上手くは鳴らない。その...

オーディオの真実

さて、それはいったいどこにあるのだろうか?私は考えてみた。素晴らしい世界の名だたる圧倒的な高級品を探し、ところ狭しと揃える事だろうか?私は違うと思う。努力して鳴らした音、そこにはどんなものを使っているかなんて全く関係ない。今鳴っているのは貴方自身である。優れたものを使うのは確かに大切な事である。しかしお金がなけれはオーディオは出来ないのか?そんな話しはないだろう。お金がなけりゃ10万円で良い音のシ...

流行りのネットオーディオ

これからはネットオーディオの時代になると言われている。確かに私も以前そう思った時期もあった、しかし今は違うと思う。やはり音楽記録媒体の頂点に君臨するのはアナログレコードであり、通称ツートラ三八(2トラック38㎝)のオープンデッキである。誠に変な事があった。レコードからツートラ三八に録音した方が音が良いのである。何度やっても同じだった。そして考えてみた、再生音はフラットアンプやバッファアンプを通る、し...

試聴の時に音の差が分かりやすいソフト

私は最近、他人のオーディオを聞き歩く時に持参するソフトはいつも決まった三枚しかない。自分でもさんざん聞いていて耳にこびりついている。曲の好き嫌いではない。一枚目はアナログでアートペッパーのミーツ ザ リズムセクションの一曲目と、つい聞き逃してしまう四曲目である。この二曲は実は、味わい深く鳴らすのがかなり難しい。特に四曲目である。かなりトータルの調整に優れたシステムでしか私の求める音にならない。聞き...

ネットワークに繋いだ新たらしいコンデンサー

このお話しは、ここ三週間位の事を細かく書き溜めて今回公開した内容である。なので他の話しと少し前後し、被るところがある事を始めにお詫び申し上げます。今回、新しいコンデンサームンドルフMcap supremeのエージングに時間がかかっている。確かに販売されたお店の方は、このコンデンサは優れているが、鳴り出す迄に最低でも半年から一年はかかるだろうと話された。ならば普通の人の鳴らす時間を想定されたのだと思った、なの...

エネルギーロスを減らす為に行った実験の数々

先ずは四年前に遡る、先ずは電源ケーブルからだった。次にネットワークをたくさん作った。そしてアナログプレーヤーである、下に付いているゴムの足をとり、そこに敷く音の良い木材を探した。青黒檀だった。次にカートリッヂとヘッドシェルの間に青黒檀で加工したベースを作り、挟んだ。シェルのリード線をリッツ線で作り、配線した。そして、トーンアームの内部配線もリッツ線を作り配線した。次にそのトーンアームの内部配線をP...

なぜオーディオはなかなか鳴らないのか

私が数多くクリニックをしてきた結果、オーディオが上手く鳴らないのは、端子の錆や鳴らし不足とケーブルとスピーカーのセッティングである。所謂左右のバランスが崩れている為である。メーカー製のスピーカーシステムならば管理され、左右は音響的には揃っているが、やはりセッティングが整ってないと上手く鳴らないのである。もうひとつ、スピーカーは内振りか平行(フラット)どちらが正解か?答えを出そう。フラットである。私は...

アナログの左チャンネル接触不良

あれだけ神経質に半田を上げたつもりだったのに、またまたそこの接触不良だった。個人的にエネルギーロスを減らす為、トーンアームの内部配線を0.12㎜ф単線を四本ずつ使い、リッツ線を作りアームの5ピン端子を外し、そこから引き出し、PUケーブルと半田で繋いでいる。一ヶ所導通していなかった。トーンアームは厄介である、入り口の端子の所かと思い目視でも引っ張ってみても繋がっている。テスターであたると導通ありである...

我以外皆我師 閃きこそ我人生

この二つを私は心に刻み、座右の銘にしている。これはオーディオに強く繋がる、人の優れているところは取り入れる、違うところは反面教師にする。閃きは私の総てであり、あまり外れた事はない。しかし深く良い言葉である。でも私はどんな人間にも良いところは必ずあると思う。むしろそちらを探している。オーディオも全く同じである。それは自分がぐうたらで駄目人間なのを分かっているからである。...

ママチャリを購入

今日はオーディオとは関係のないお話です、でも暫しお付き合い下さい。私は車に乗らない、免許を持ってないので乗れないが正解。若い頃、度重なる暴走行為の末に、遂に免許取り消しとなり、元々あまり興味がなかった。それから車やバイク、特にパチンコ、競輪、競馬競艇には全く興味がない。特に理由はないが、どうせ賭け事をするなら、自分の人生にかけてみたい。車はあれば便利なのは分かるが、必要性を感じないのと事故を起こす...

日本全国を試聴されてる超オーディオマニアが訪問された

前回のご訪問からかれこれ四年位にはなるだろうか。私よりは経験値も高くベテランであり、今まで色々な事を教わった、私にとって、とても大切な方である。  オーディオ以外にも広く色々勉強され、とにかく知識が広い。日本のどこかに良い音を鳴らされている人がいると聞くと伺い、殆ど聞かれたのではないだろうか。  今回は、新居の音がちゃんと部屋と馴染んで鳴っているか不安なので、こちらが無理を言ってお...

昨夜家内に試聴をお願いした。

気が付くと度重なる実験の為に、オーディオルームはごみ屋敷の様になっていた。家内と三日かけて片付けたのである。片付けが終わった夜、家内とオーディオを聞いた、ジャズやクラシックではなく、Jポップである、コブクロやゆずやレベッカ等である。彼女の選ぶCDはオーディオ的ではない、ある意味、核心をついてると思う。どちらかと言えば私の嫌がるソフトを棚から選ぶ、故意にそうしている訳でなく、ただ自分が聞いてみたい曲...

システムを冷静に見渡してみて

しかし、随分と変化している。私は昔、オーディオとはケーブルも含め、その総てがオリジナルで完成されてるものと思っていた。あまり崩さない方が上手く鳴ると思っていた。そしてある程度迄は確かにそうだと思う。利己的な考えで色々換えても上手くバランスしないからである。そしてそれ以上の音にしようと、自分なりの考え方と雑誌に書いてある内容を照らし合わせ、ケーブル等を取り替えたり、市販の切り売りケーブルに端子を付け...

ウエスタンスピリッツのオーディオのやり方

確かに私のオーディオは特殊で、かなり難しいと思う。読んでる方にも理解不能、ここまでやらなくてもと思われている方も多いと思う。しかし口が酸っぱくなるが、この様な一見どうでも良いような細かな積み重ねが大切になるのである。正直私と同じ事を普通の方がやっていると、ウーハーのリード線にケーブルを半田で直付けなどシステムを壊してしまうと思う。揃えている工具も経験も全く違うからである。私のオーディオのやり方は、...

私的なスピーカーの優れた鳴り考。

これはあくまでも主観です。言葉で語るのはとても難しい、しかし書かないと始まらない。先ずはのびのび活き活きしている。総ての音は淀みなく固く柔らかく濃い、いっせいに鳴った各々の楽器は輝いていて、よく分離して嫌らしく耳に絡み付く事はない。全帯域しっかり鳴っていて耳に絡まずうるさくない。そして音の縁取り(エッヂ)がしっかりある、総ての楽器や人の声は大きな定位にならない。そして音の強さと優しさ、奥行きと広がり...

もっとスピーカーを鳴らそう

私はたまたまJBLだっただけのお話しであり、とにかく上手く鳴らなかった。しかし、鳴らないスピーカー等、多分この世に存在しないと思う。ただ、思ったとおりに上手く鳴らないのは、購入する側がそのスピーカーユニットやスピーカーシステムのコンセプトをよく理解せずに購入してしまったからに過ぎないのではないだろうか。最近そう思うのである。確かに16㎝のフルレンジ一発で、38㎝ウーハーを軸としたスリーウェイスピー...

ネットワークのマイナスケーブルを半田した結果

今回、少し時間がかかった。少し色んなジャンルやレーベルをじっくり聞いていたのである。やっと半田は融合したと感じる。今聞いてきたが、ドラムの弾力みたいな音が追加された、これはジャズなのだが、ストリングスと合わさったCDがマンハッタンジャズクインテットにある。そのジャズのバックで演奏しているストリングスとの距離感があり、上手く分離していて奥ゆかしく、特に素晴らしかった。しかし何故なのか分からないが、途...

今年は厳しい猛暑

今日は、オーディオとはあまり関係のないお話ですが、最後までお付き合いを。ここは関東の千葉県である、しかも江戸川をはさみ向こうは東京都である。しかし天候は、川をはさみ違うのである。毎日33℃を越えている、オーディオルームは小屋裏部屋なので、頭の上は直に屋根である。昨日の午後三時のオーディオルームの室温は、38.9℃だった、これはさすがに鳴らしっぱなしにしているオーディオシステムがヤバイと思い、除湿の2...

JBLユニットの組み合わせと固定抵抗との関係

これはJBLを組むうえに於て、永遠のテーマであり、みなさんは、だいたいここでハマり間違えている。たくさんあるように見えるJBLのユニットは実はそんなに上手く繋がる組み合わせパターンはないのである。プロ用なので色んな現場に対応しているのである。選ぶならばコンシェマー用をチョイスする。先ずはJBLの一番オーソドックスな組み合わせである。ウーハーが130AドライバーがLE85ボックスが4560BKネット...

お客様のノイズカットトランスの音を決めに埼玉へ

先月納めた二台のノイズカットトランスは前回、違いをご理解願う為に、あえて自分が行った実験と同じ赤黒スピーカーケーブルを繋いできた。ウエスタンスピリッツの、1.6㎜ф単線の絹巻きケーブルがいかに優れているかを知っていただきたいからである。それを今回繋いできた。これは想定内であるが、お客様はしきりにボリュームを上げたがるのである。今まで赤黒のスピーカーケーブルが引き起こしていたエネルギーロスしたうるさい...

マイナスのワイアーを半田で留めた。

この内容は少し前の事であり、実際はもっと先へ進んでいる。そして私のオーディオのやり方が総てではないと思うが、かなりの効果があった。ここから読まれた方は、私の過去のブログを総て読んでみてほしい。総てここに繋がっているからである。そして過去のブログは間違えている言葉や内容があるが、私はあえて訂正していない、貴方のオーディオ構築に、何かの参考程度にはなるかも知れない。話しは本題へ。聞いていると、微妙に左...

ウーハー修理の結果

どうやら半田も融合し、リード線とリッツ線を繋いだ高純度の1.6㎜ф単線もリード線に余裕が出来て、上手く慣らしが終わり成功した様である。ドイツグラモフォンの、ケンプのベートーヴェンピアノ協奏曲4と5番を聞いている。雄大で太く奥行きがあり、柔らかなふくよかな中低域がセンス良く追加されたようである。そして私は本当は大好きなレッドツェッペリンが、どんな音で鳴るのかふと気になった。曲はWHOLE LOTTA LOVE(胸いっ...

コンデンサーは馴染んできた

なぜこんなに早くムンドルフのコンデンサーが馴染んだのか?先刻ご承知の様に、かなりのパワーを入れ鳴らし続けたからである。普通は鳴らせない音量である。私は今、その環境を手に入れた、しかし、それが今回仇になった。ボリュームは半分位上げていた、それを能率101dBのスピーカーが鳴るのだ。凄い音量である、さすがにCROWN DC-300Aも熱くなった。コンデンサーの慣らしを上手く仕上げるコツは、エージングのC...

ネットワーク半田して三日後

途中ウーハーのリード線に半田をしたところがあるが、そろそろネットワークの第一段階の判断をしたい。ネットワークの半田はやっと融合したようである。溶け込み落ち着いた音になっていた。今まで品位の低い部品の時の結果は、重心が低くなるだけであった。今回確かに重心は低いのであるが。ドライバーやツィーターはこんなに情報量があったのかと思える程である。それが落ち着いていてうるさくなく鮮やかと言ったら良いのか、何と...

ウーハーはよみがえった。

ウーハーが鳴らなくては仕事にならない、今まで幾多の峠を乗り越えてきた、私は今回も自分を信じていた。そしてまた何とかクリアーした。こんな感じだった。音が出ないのでコーン紙を少し押し込むと鳴る、離すと鳴らない。飛んだかな?焦って、パワーアンプの電源を落とし再びコーン紙を押し込むと…滑らかに深くスムーズに動作する。飛んだ場合、ガサガサした引っ掛かる様な音がして明らかにコーン紙は固く、動きが悪い。良かった...

一日目、ウーハーが鳴らなくなった

お客様からの電話で少し長電話になってしまった。かなりパワーを入れていたので心配だった。  リスニングルームへ入るなり低音が足りなかった。左側のウーハーが鳴っていない、コーン紙を押し込むと鳴る、明日見てみるが多分リード線にダイレクト接続したスピーカーケーブルの半田が外れたものと思われる。  確かにネットワークが出来上がり消磁のCDをかけた時低い周波数に左側ウーハーだけ違和感があった。...

Appendix

プロフィール

wespirits

Author:wespirits
WESTERN SPIRITSのつぶやきへようこそ!

WESTERN SPIRITSホームページ

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR