Entries

ウエスタンスピリッツが鳴らしたかった音

オーディオの音質を文章や会話で人に伝えるのは無理である。しかし、あえて言葉で話せば。極限の寒さの中にある厳しさの中に、ふくよかで柔らかく少し暖かい広がりと奥行きがあり。ハッタリのない血の通った、ボリュームの大小に左右されない鳴り方をするシステムの音である。ウエスタンスピリッツはそれを求めてきた。つまり、まじりっけのないピュアな音を、今まで使ってきたJBL4560BKに私は求めたのである。仲間は口を...

自作の板に乗せ換えたYAMAHA GT750のその後。

普通YAMAHAのGT750はキャビネットが黒い。乗せ換えてトーンアームの内部配線とピックアップケーブルを半田で留めてから丸三日経った。なぜこの様な内容を書くのか、半田をすると72時間程度は音の変化が大きい為である。半田をして72時間経つと音は落ち着く、これは私の拘りである。銘木パオロッサと叩いた音を比較した時は、駄目だと思った赤タモ(ニレ)の集積材の音は見事である。しかし頼りになるのは勘である。オリジナルの...

山小屋の様な形のオーディオリスニングルーム

今まで、新居の写真を掲載していなかった。これがウエスタンスピリッツのオーディオルームである。かなり特殊な形の部屋であるが、音は悪くないと思う。図面が出来上がった時、頂点だけが2m40㎝後は斜め、こんな部屋で理想とするサウンド等鳴らないと思っていた。そして、事実部屋が出来上がり、最初に聞いた時は目の前が暗くなるほど実に酷い音だった。もうオーディオをやめようかと思った程。逆にそれが私に火をつけた。電源...

生きていて本当に良かった

私は数年前、総てが上手くいかず八方塞がりになり、閉塞感から、かなりの鬱になり、強く、自殺願望があった。その時、辛さから逃げようと、大量に毎日アルコールを飲み続けて、免疫力が下がり喉頭盖炎(こうとうがいえん、死の病気)になり、遂には喉が激痛で唾も飲み込めなくなり、急に呼吸が出来なくなる恐怖を味わった。とても怖くて忘れる事が出来ない、凄く辛かった。急に呼吸が出来なくなる恐怖分かりますか。息を10吸ってる...

YAMAHA GT750乗せ換え完成

ずっと憧れの様にやってみたかった。そして今年二月に新居に越してきて七ヶ月、ウエスタンスピリッツはやっと総ての作業を終えた。一番最後の写真をご覧下さい。かなりの水平精度で完成。遂に納得いく木材でボードを自作して、メカと回路をそっくり移植したのである。難しかった、二度とやりたくない。しかし、自己満足ではあるが、なかなか上手く出来たと思っている。完全乗せ換えのため基盤やトランス、配線総てを外す必要がある...

ウエスタンスピリッツオリジナルアナログプレーヤー

これは主観だが、YAMAHAのGT-750は実に優れたターンテーブルである。しかし、いかんせん付属のトーンアームの精度と、キャビネットのMDFボードが安っぽすぎる。なのでトーンアームは外しオーディオテクニカのAT-1005Ⅱに付け替えて使用してきた。後は、ターンテーブルとトーンアームを乗せるキャビネットのMDF木材の音の響きである。YAMAHAはそれでバランスしているとしたのか?値段戦争の為か?分からないが、一...

オーディオに興味のない人の感想をきけ

オーディオ好き(マニア)な人の聞き方は片寄っている。なのであまりオーディオに興味のない第三者に、貴方のシステムの音を聞かせてみてはいかがだろうか。つまり、とてもまともなピュアな意見が聞けると思う。興味のない人の聞き方は違和感があるかないかである。上手く鳴っていないシステムを聞くと、疲れるとか飽きるとか言われます。それは分からないのではない。鳴っていないのです。誰が聞いても良いものは良いし、良くないも...

電源が駄目ならばオーディオは絶対に鳴らない

それを確信した、優れた機材を使うのも確かに大切である。しかし、本当に優れているのと、ただ値段が高いのとは少し話が違う。しかしどんなに世間で良いと言われているものを購入しても、貴方のシステムの音は良くならないのである。優れている機材からそれなりの音を鳴らすにはやはりちゃんとしたステージを踏む事が必要である。我が家の音は、正にそれを証明したような鳴り方である。下品な音はもう鳴らない。しかもウエスタンス...

JBLやアルテックのオリジナルネットワーク

スピーカーユニットをそろえ、オリジナルネットワークに憧れる気持ちも分からないではない。それと、やはりオリジナルでないと、しっかりカット出来ないのではないか?その考えも分かる。メーカーが作ったのだからオリジナルが一番信用できる、そのお考えも分かる。普通のオーディオを求めているならばそれでも良いと思う。しかし私はどうしても音が納得出来なかった。今や経年変化による接点不良や劣化は否めない。今は部屋にない...

YAMAHA GT-750改造

ウエスタンスピリッツのプレーヤーは、YAMAHAのGT750である。訳あってガラード301ハンマートーンと、オルトフォンRF297を手放し、途方にくれていた。そして数年前、ハードオフで見つけ、運命的な何かを感じ、安価で購入した。しかしトーンアームがあまり宜しくない。ネットオークションで探し、オーディオテクニカのAT-1005Ⅱを見つけて購入した。これも運命的な何かを感じたからである。私はいつも迷わない。YA...

深夜の小音量再生

このお話しは少し前の内容である。恩師から預かったオルトフォンSPUクラシックG/Eのメンテを終えて、昼間から色々聞いている。大きな音量から小さな音量迄色々なジャンルを聞かなければ真価は分からない。恩師からは音が眠っていて貴方の鳴らしている様な鮮やかな優しく広がった低音が、下までのびる様な音にして欲しいとのご依頼であった。預かり聞いてみた、ボケて眠っている、とても同じSPUとは思えなかった。早速中を...

再び恩師宅へ

写真の木材はトーレンスTD124の足で銘木チークである。黒檀程ではないが目が詰まっていて固く、鬼目ナットをねじ込む時割れてしまうかもしれないと思った。しかし何とかゆっくり入れる事が出来た。さて役者は揃った。総武線船橋で乗り換え、再び東武野田線の川間へ。さて、ターンテーブルはほぼスケルトンになる、実力は発揮されるだろうか。機械はものを言えない、そこに音と言う命を吹き込むのが我々オーディオのプロの仕事...

トーレンスTD124のキャビネット

オーディオは難しい。納めて一週間、恩師はやはり不満が出てきた様である。聞いていてだんだんつまらなくなって来たと連絡があった。良い音を鳴らしている方がいると聞けば、色々な所に伺い聞いて来ている怪物の様な方である、一発で決まらない事は分かっていた。若い頃は何でもご自分で作り頑張っていたのだが、70歳になり体力がなくなり、目も悪くなり根気も失せて、私にご依頼されたのである、ありがたい私を信用していただき...

ortofon SPUA/Eを裸にしてみた。

この実験とその感想は私の主観であり、総ての方が同じ結果になるとは限らない。私のSPUは、カンチレバーに貫通している極薄ラバーが破れていた、ついでに被っているプラスチックのカバーも外し、残っていたラバーはピンセットで取り去った。トーンアームのインサイドフォースキャンセラーをいったん外し、ゼロバランスも調整し直し、正確に針圧を3gに合わせた。私は昔同じ事を何度もやっている。しかし、その時はシステムのエ...

公衆の場所で馬鹿みたいな声で話す人

一言で迷惑だ。「オイッ!にぃちゃん、少し声のトーン下げてくれねぇか」私は必ず注意をする。おとなしく聞いてくれれば良いものを、「あ~ん?」と言葉を返す馬鹿がいる。こちらの思う壺である。ハイッちょっといらっしゃい。ご自分がたるんで吐いた言葉の意味と、舐めて生活してきた事を精算する時が来たのである。恐怖とはどんなものかしっかり教えてあげる。当然土下座をさせる。人はみんなお金を支払いそのスペースと時間を買...

ウエスタンスピリッツの考え

あまり高価な機材を使わない、これは私の理念である。それは何故か?私はこう思う「プロは優れた機材を使うなかれ」と。総てはお客様よりも安価であること。聞きに来られたお客様はこう思う筈である、こんなにガラクタの様なものから何故この様な優れた音を鳴らす事が出来るのか。よくとてつもない高価なオーディオを試聴室に並べ、お客様に聞かせているお店がある。その考えはスバリ、次から次へと買い換えを繰り返すお金持ちだけ...

オルトフォン コントラプンクトb

恩師から預かり聞いていた。鳴らしはじめは音が大きいな、位にしか感じていなかった。しかし三十分、丸三日と聞いてる内に目覚めた様である。音が強くフレッュで良く弾み若々しい鮮やかな強い音である。しかしこの鳴り方はご年配の方にはちょっと辛いのかも知れない。どちらかと言えば、スピーカーとかまえ対決姿勢の所謂ガチンコ勝負を挑んでいるような、隙のない鳴り方に感じる。私もそうだが若い頃ならば良いが50歳も半ばにな...

トーンアームのオーバーハング

アナログを極上に鳴らしたい。その為私は、寝食忘れ努力してきた。メーカー製品ならばその値はしっかり出ている。しかし私がやってるオーディオとは、自分で総てチョイスして揃え、自分で組み上げていくスタイルである。カタログに書いてあるオーバーハングとは実に緻密でその精度を出しづらいのである。中古で購入すると、アームのゲージがなくなり付いていない事が多い。さてどうするか考えた。先ず、升目のある定規を用意し、セ...

人は誉められて向上する

少なくとも私はそうだった。本当に好きな事しかしてこなかった天然者である。しかし今は、歳をとって駄目だが、運動神経だけは抜群だった。しかし運動とは言っても集団行動が苦手なので、一人で鉄棒やバクテン、バクチュウをひたすら練習した。同級生では出来ないウルトラCがたくさんあった。それを担任の先生はとても大袈裟に誉めてくれた。その運動もやがて飽きて、まだ小学生の時である、一人で街へ出た時、楽器屋さんのショー...

トーンアームを取り付けに野田の恩師宅へ

さて、いよいよである、遂に微力ながら少しは恩返しが出来る。船橋から電車に乗り、東武線野田線の川間へ行ってきた。ターンテーブルは、前の日の夜に、指定日より一日早く届いてしまった。ちゃんと日にち指定したのに。でも中身は、異常なしとの事である、安心した。今回自信はある、やっとこの日が来たのである。私は神経質である、工具や必要なものは総て前日に用意しておき、今日の朝に再チェックした。予定より少し早く川間に...

船橋からお客様が試聴に来られた。

今までGASのテァドラとアンプジラを使用しておられた。しかし半年鳴らしてなかった為に部品の劣化なのか音に艶がない。そしてアナログが鳴らなくなった。私は故障の少ない名機CROWNを推薦した。今日は最終確認の為、CROWNが繋がった我が家のシステムを聞きに来られた。10年ぶりである、私もかなり進歩した、自信はあるが、どうなるだろうか。先ずは私の十八番、Concordのメジャーリーグをかけた。お客様は唸ってい...

恩師から預かったトーレンス124が蘇った

本当に見事に蘇った、届いて回してみたとき驚いた。十年間眠っていたとは聞いていた、しかしあまりに重症だった。目の前が暗くなり簡単に引き受けた事を後悔した。先ずはターンテーブルがストッパーと擦れている。ゴロどころのお話しではない。トーレンスTD124は,ターンテーブルが二層になっている。なので素人考えではあるが、二重に重なっているターンテーブルの下の重いターンテーブルの上に、試しに3㎜程の厚さの平ワッ...

再生音は生とは違う

生の音(ライヴやコンサート)をよく聞いて、それをオーディオに繁栄させるのは大切な事だが、生らしく鳴らす事は出来ても、そもそも生の音は録音されていない。強いて言えば、違う方向から生らしく録音されているが、正解。つまり家庭で気持ちよく聞ける様に録音されている、それが現実である。現実問題、実際の楽器の音は360°に音が広がっている、しかしスピーカーの振動板は、前後にしか動作しない。しかしオーディオには二本...

CDプレーヤー

昔秋葉原のシントクエコーに勤めていた時に各社いっせいに発売となった。とは言ってもまだ盤は本当に数枚しか発売されてなかったと記憶がある。問題は音質だった。見た目の虹の様に綺麗な盤からは、想像も出来ない程、酷い人工的な音だった。音に暖かみが全くなく、生命感を感じない死の世界を連想した。機器を製造販売したメーカーは、多分その時点から電磁波による影響に気付いていた筈である。私には音の悪い原因がずっと分から...

自作オーディオよ…総て私がおそかったのか

少し前から気が付いていた、秋葉原の万世橋を渡り左に行くと、神田川沿いにヒノオーディオがあった。しかし最近店がしまっている、何度行ってもしまっている。心配になり、ネットで検索してみると、長年営業していた店舗を縮小したりしていたのだが、総て閉店したとの事。私が19歳で秋葉原に仕事についたとき、ヒノオーディオは現在とは違い、万世橋の左手前の万世ビルの一階にあった。実に古い雑居ビルだった。そのビルの地下に...

オーディオは永遠にノイズとの闘い

ノイズと簡単に言っても、その種類は様々である。高周波、低周波、電源、デジタルノイズ、電磁波、電波(外来ノイズ)大まかにはこんな感じである。そして、ノイズは空気中に舞うものと、ケーブルの線の中に音楽信号と共に存在するものがある。そして地球には磁場がある。私が使っている200Vから117Vや100Vの低磁束ノイズカットトランスは、確かにノイズを少し減らす事が可能である。しかしノイズカットそのものの効果では...

常に、ガチンコのオーディオ

今まで自由奔放、好き勝手に生きてきた事で、どれだけ人生の辛酸を舐めて来たのだろうか。そしてどれだけ疲れ果てたのだろうか。そして今まで、どれだけ日々輝いて来れたのだろうか。答えはどこにもない。しかし、これがしたくて生きてきた。思い描いた暖かく強く優しい音楽が遂にこの部屋である程度鳴った。強く潔く、静かで神秘的、春や秋の乾いた風の様な鳴り方をする。そしてその鳴り方は、スピードがあり早い。しかし、どんな...

JR総武線船橋再び

前回はアナログが鳴らなかった。今回はそのチェックに、使用しているプリアンプを持参した。さて、どうなるだろうか。やはりアナログは鳴らなかった。GASテァドラはノイズが増えていた。持参したプリを繋いでみた。見事鮮やかに鳴った。お客様は即答だった。同じプリとそれに合うパワーアンプとノイズカットトランス二台のご注文が来た。アナログが鳴らないので、CDを聞いてみても音の差は明らかだった。そしてアナログのトー...

トーレンスTD124

今恩師から預りトーンアームの乗せ換えをしている。簡単に引き受けたが大変である。アームベースを作る前に回してみた、するとターンテーブルをロックさせる平板に擦れている。平板が少し外に飛び出ているのか。ベアリングが減った為か分からない。しかしこのままでは全くお話にならない。ゴロ以前のお話し、早速メンテ開始である。ターンテーブルをキャビネットから外そうと持ち上げてみた、何故だかスポッと抜けた…あれっ?ター...

また一つ素敵な彗星が消えた。

2006年の頃だった。まだ私が調布に住んでいた頃、埼玉の所沢で先輩と二人で、ウエスタンスピリッツとしてオーディオケーブルの製作販売をしていた。西武線の西武園で下車の、静かなのどかな環境のオーディオショップなのだが老舗で、オーディオ博物館みたいだった。そこでウエスタンスピリッツは、昔喫茶店だった店舗を改装してもらい、間借りしていた。家賃のかわりに毎週末ライヴを企画してミュージシャンをお呼びしてコンサ...

Appendix

プロフィール

wespirits

Author:wespirits
WESTERN SPIRITSのつぶやきへようこそ!

WESTERN SPIRITSホームページ

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR