Entries

DL-103のヘッドシェルを探しに

やはり私は今回も我慢が出来なかった、昔からそうである、欲しいとなったら即行動である。最近少し暖かいので、秋葉原のヨドバシに行きました。昔は秋葉原と言えば老舗がたくさんありました、今はヨドバシ位しか高級品が揃ってるお店がない。ヘッドシェルは、かなりの種類がありました。その中でたった一つ目を引いたのが、シェルターと言うメーカーの、アルミ製で真ん中をくりぬいた、とても軽いタイプでした。しかしSMEほど薄っ...

アナログ再生

何度でもお話する。アナログはオーディオの迷宮、正にそのとおりだ。これだけたくさんのターンテーブルやカートリッヂの数とトーンアームやケーブルの数、そして様々なオーディオアクセサリーの種類。いったい、どれとどれを組み合わせたら良いのか、そして、何を信じたら良いのかさっぱり分からない。それがみなさんの本音ではないだろうか。そして事実、私もかつてはそうだった。しかし、今はもうぶれなくなった、実験結果はブレ...

DENON DL-103再び

暫くDL-305発売記念モデルを聞いてきた、とても素晴らしかった。しかしやはり、DL-103を今一度聞いてみるべきだろう、それが王道だ、そう思った。確か三年程前に、あえて新品で購入してみたのである。その時はフレッシュな音がして、一週間程で馴染んだ。103は、針圧が2.5gでベストである。シュアーをはじめ、個人的にどうしてもコンプライアンスは高いが、頭の上を突き抜ける様なMMカートリッヂの音にどうしても馴染めない。...

船橋のお客様宅へ

一部だけ写真をとったので掲載したが、まだトランスの下に木材は敷かれていない、下にインシュレーターを敷くと更に音質は全帯域激変する。去年はネットワークまで、今年はツィーターのレベル合わせまで。今回は今年二回目、いよいよウエスタンスピリッツの出番。先ずは、総ての電源ケーブルの単線化(1.6㎜)です。今までは仮の赤黒スピーカーケーブルだった。お客様は、もうこれで充分な位と話していた、しかし、電源に総て1.6...

ウエスタンラインケーブル復活

数が少なくなったので一度は作るのを止めていた。以前からお話に出てくるウエスタン0.6㎜単線ワイアーである。はじめて写真を公開する。写真の上に写ってる黒い方がカーボン被膜の素線の映像である。後から作ったものではない、ウエスタンワイアーとして確かに存在した古いワイアーである。どうだろう、見たことのある方はまずいない筈である。被膜の艶が他の被膜とは全く違い鈍く重厚である。このカーボン被膜は剥離剤で剥離出...

オーディオに人生を賭けたい

個人的に博打が嫌いである。パチンコ、競馬、競輪、麻雀、総てやらない。しかし、本来心の中では大好きなのだろう。でも博打をやらなかったお陰で私は多分助かったのだ。ならばオーディオに人生を賭けようと思った。とにかく止まっている事が出来ない、また別の方向から話せば、落ち着きがないとも言えるだろう。しかし、常に本物が知りたいのだ、だから、食や衣類(スーツやワイシャツ)や酒や自転車(ロードレーサー)やオーディオに...

新たなリッツ線の製造過程

1)の写真は、新たに見付けたロックリムーバーで、ポリウレタン被膜を剥離している様子、やがて(五分位)先端から被膜が霜柱の様に抜き出て来る、それが剥離したサインである。2)の写真は、剥離前のポリウレタンが被ったリッツ線である。ご覧の様に全く導通なしである。3)の写真は、ロックリムーバーで剥離したリッツ線である。導通ありである0.02Ωとなっている。その差はハッキリ数値に出た、明らかにインピーダンスが下がっ...

ウエスタン25Cアンプ

外観を写さない条件で撮影させていただいた。とても変わった形をしていて、庭にでも置いてありそうな形をしている。とてもアンプとは思えない。これは、白黒写真ではない。カラーで現物を写したものです。上手く写らなかったが、このトランスにはいったい何が塗られているかご存じでしょうか?多分煤である。煤をにかわか脂か蝋等と配合した様なものが、絹巻き線に真っ黒に染み込む様に複巻きトランスやその他のワイアーにも塗られ...

MCヘッドアンプ

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。早速ですが、最近ブログを過去から読んでいただいた方が増えたのか、DENONのHA-500の事を書いた過去のブログに拍手が増えている。それともヘッドアンプ党の人工は、以外と多いのだろうか。一時期MCヘッドアンプは、音が軽く薄く明るく、重厚な音のMCトランスに勝てないと話す方が多かった。ご多分にもれず、私もその中の一人だった。つまり強い思い込みだったのだと思う。...

お客様宅へ訪問

秋葉原に勤務していた時からの長いお付き合いのお客様である。クレルのパワーアンプの修理が終り、新たなエール音響のツィーターが馴染んだとの事なので、一度聞いてみたかった。お客様の言葉と声は、自信に満ちていた。しかし、エール音響のツィーターは過去に何度も聞いてきたが、どれもマルチで鳴らされていたので、個人的にあまり良い印象はなかった。商品は良いようだが、みなさん上手く使いこなせてないようである。先日、ウ...

ピックアップ(PU)ケーブル

言わずと知れたアナログケーブルである。ピックアップケーブルは、増幅段の前、つまり入り口なので、ひろったノイズも盛大に増幅されてしまう。なのでどうしてもシールドが必要になる。しかし、やはり作りはラインと酷似している。違いは入力端子の形状とグランドケーブル(アース線)が一本増える。ウエスタンスピリッツのピックアップケーブルは、今の所ラインと全く同じくシールドを施したリッツ線である。マイナスはやはり1.6...

ラインケーブル

ラインケーブルは主に電圧がかかる、電流はあまり流れないのである。しかし、ウエスタンスピリッツの作り方では、電流が流れるスピーカーケーブルと作り方に大きな差はない。しいて差があるとすれば、シールドの有無である。電源ケーブルにシールドを施すと音が粗く固くなる。話がスピーカーケーブルに反れたが、ラインケーブルをご理解いただく為に必要と思い、呟いた。ウエスタンスピリッツは、ラインケーブルもマイナスは1.6...

スピーカーケーブル

スピーカーケーブルは、電源ケーブルと似ているが、違った性質を持っている。どちらかと言えばラインケーブルと似たような作り方(素線の数と断面積)になる。でもラインケーブルは主に、電圧である、それに対しスピーカーケーブルは電流が流れる。スピーカーケーブルは、電源ケーブルと性質は似ているが、やはり全く作りや素材が違うのである。マイナスは1.6㎜単線だが、プラスは、被膜の被った0.12㎜単線を108本使って作っ...

電源ケーブル

一概にこれが一番優れた作り方とは言わないが、ウエスタンスピリッツはプラスとマイナスに、電源ケーブルだけは、1.6㎜単線を使っている。ラインケーブルと違い、こちらはプラスマイナス同じ単線にして、やはり平行にしている。それは何故か、この単線の太さと作り方で音が良いからである。しかし、ウエスタンスピリッツのリスニングルームの電源の様に、200V30Aならば、100V+100Vグランドなので、ケーブルの本数は1...

音が変わったのと、良くなったのは別のお話である

改造をして音が変化をすると、音が良くなったと勘違いする事がある。しかし、少しの時間、色々聞いていると、良かったと思っていた大体の実験は、失敗に終わる。上手くいった時の変化とはいかに自然になったかである。高音がどうとか、中音がどうとか、低音がどうとかではないのである。確かにその様な表現しか出来ないが、オーディオは一部の方を除き、音楽を楽しむものである。いかに長い時間、疲れず楽しく聞いていられるか、そ...

お客様のご試聴

とても寒い日だったが、今回は私にとって、一番怖いお客様が、ご試聴に来られる。拘りが半端ではない、生業者の私にも一切の意見を曲げない。そして当然、ご試聴に関してもかなり厳しい、さてどうなるだろうか。先ずはご持参のCDである。バロック音楽が主流だった。JBLでよくもここまでまとめあげたものだと語られた。しかし「中音に、はりだしの様な音があり、それが少し濁って聞こえる」との事だった。こちらも同意見である...

ウエスタンスピリッツの社名の由来

よく、お客様にご質問をうける「ウエスタンが好きなの?」と「ウエスタンのワイアーを使ってるから?」この二つのご質問が多い。そして、ご質問されないまでもそう思ってる方は多いと思う。結論、どちらも違う。私が師匠と定め、ケーブルやオーディオの聞き方を教わった方がいらっしゃった。その方は、確かにかなり有名なウエスタン研究家であり、部屋には修理待ちの、ウエスタンのアンプやトランスが、所せましと溢れていた。確か...

船橋のJBL再び

去年の暮れにウエスタンスピリッツ特製のネットワークを納めた。やはりコーラルのツィーターH-105は予想どおり鳴ってきた。お客様から連絡が来たのである「ジャズは上手くなるが、クラシックの弦が強く感じる」との事だった。この時を待っていた。お客様のツィーターは去年の段階ではまだ本領を発揮していないと感じていた。夏から久し振りでシステムを鳴らしてきて、ネットワークがしっかりして、やっとシステム総てが目覚め...

DENON DL-305発売記念モデルが鳴り出した

繋いで五日目である、やっとまともになってきた。針圧を1.5gからメーカー指定の1.25gにしてみた。情報量が格段に増えた。その理由の一つは、ウエスタンスピリッツが使用しているトーンアームにある。オーディオテクニカのAT-1005Ⅱなのである。このトーンアームは3gまで針圧調整が出来る事になってはいる。しかし、多分形状から推測するに、軽針圧を得意とする筈である。値段は安価だったが、とても反応の素早いトーンア...

ラインケーブルはプラスマイナス離すと良くない

一ヶ月前、とある方のご提案で、ノンシールドでプラスとマイナスを束ねずにラインケーブルを作り、聞いてきた。しかし過去には駄目だった、その時は変化したので良いと思い聞いてきた。やはりホットとグランドの線はウエスタンスピリッツの作り方では、強く束ねた方が音が良い。束ねないと、音がノイズっぽく薄い。なぜそれが分かったのかであるが。過去に作った同じノンシールドでホットグランドを束ねて作ったケーブルに取り換え...

CD盤の消磁は効果なし

一度でも再生したCD盤は、ブラウン管のテレビ画面に近付けると、色が七色に変化する。これが電磁波である。しかしその盤を消磁する機械がある。しかし考えてみて欲しい。消磁出来たとして再び再生すると、ものの数秒でまた着磁してしまう事を、みなさんはご存じでしょうか?消磁し数秒再生したCDを再びテレビに近付けると分かる、また虹色画面になる、これが答えである。CD盤を消磁すると音が良くなる?そんな話しはない、効...

ウエスタンスピリッツの2014年

色々作ってきて、ケーブルは本当に魔物である。外来ノイズや高周波ノイズのアンテナになっている。そして、作り方で音は激変する。素線の太さもある。シールドの有無もある。フェライトコアを付けたりその対策は個々に様々である。世間では、アンプの中や入出力やノイズ対策が色々試されているが、今一つ誰も核心にふれていない。それはウエスタンスピリッツも全く同じである。それにしても、これだけケーブルやオーディオメーカー...

DENONのカートリッヂ再び

今回のお話は、販売されてない特殊なカートリッヂ、DENON DL-305の発売記念モデル(非売品の特殊なもの)のお話しである。個人的に同メーカーのDL-305も所有しているが音は全く違う。ネットオークションでも一度も見かけたことはない、日本全国で100本とはないだろう。今となってはもう何処にもないし、多分、分かっていて所有している方は、絶対に手放さないと思う。内容は全く分からないが。以前調布の賃貸マンションで鳴らして...

ツィーターの設置位置

以前は、ツィーターや他のユニットは、総て縦軸に並べていた。そして、あまりシビアに位置は気にしていなかった、何となく気になって位置をずらし、左右共に内側に設置してみた。左右のツィーターは互いに15㎝ずつ近付いて、合計で30㎝近付いた事になる。新居に越して来てから、左右の距離は以前と比べて1メートルは離れた。最近やっと気が付いたのだが、このツィーターはもっと太く濃いソリッドな音がした筈である。なのでコ...

新年の試聴

つぶさにCDを聞いていると、どうにも音が気に入らない。去年色々附帯音を減らそうと努力した何処かがおかしい。そして久しぶりでアナログに針を落としてみた、やはり比較にならなかった。しっかり調整されたアナログの音は、特に高域が突き抜けていて全体的に歪みを感じない。今年は心機一転少しずつユニットを変えてみようと思った。先ずはドライバーのダイアフラムを少ししたら元のラジアンのノーマルにリセットしてみる。後ろ...

小さなフルレンジの音

去年後半は、小さなフルレンジの附帯音の少ない音に近付けようと、色々試してみたが、やはりオーディオはなかなか鳴らない。しかし、最後はやはり38㎝ウーハーに魅力を感じる。しかし私は、小さな(8㎝位)フルレンジスピーカーユニットを否定している訳ではない。良いものは良い。しかしいくら附帯音があっても、個人的に能率の高い38㎝ウーハーが好きである。どんなに後付けで努力しても38㎝ウーハーでは、小さなフルレンジ...

ウエスタンスピリッツの音

新居に来て、総てをリッツ線に配線し終えてから八ヶ月が経った。そして、この部屋で鳴らしはじめてから十ヶ月が経った。とにかく新たなリスニングルームは、初め音が悪くて、もうオーディオを止めようと思った程だった。しかし十月位から鳴り方が急に変わってきた。どんな部屋でも一年から長くても三年鳴らせば上手く鳴ってくると聞いた。しかし、我が家はいくら耐震構造に優れてるとはいえ木造である。半年も鳴らせば大丈夫だと思...

ずっと聞いていたい一枚

エリッククラプトンのアンプラグドである。これはあくまでも個人的な主観だが、個人的にCDもアナログも所有している。ずっと聞いていても飽きることがないのである。普通は一枚まともに聞いていられない。しかしこのソフトは、何か実験をしたときやケーブルを作る時にずっと聞いてるのである。そして実験結果がとてもストレートに出る。確かにクラプトンは憎い位私が聞きたい様に演奏してくれる気もするが。一枚通してのんびり聞...

レコードレーベルや録音年代を飛び越えて

ウエスタンスピリッツのオーディオシステムが、まだ普通のレベルだった頃、様々なレーベルや録音年代の音質の差をかなり感じていた。私は、それをずっと違うと思っていた。そして聞いてつまらないと感じたレコードやCDが実にたくさんあった。今でも個人的に旋律や曲の構成などが好みでないものは確かに存在する。しかし、以前はつまらないと思っていたソフトの中には実に良いソフトがたくさん存在した。システムがまともになって...

映画 竜二 金子正次主演を観た。

何度見ても良い映画だと思う。中でも主題歌《ララバイ》が良い、ショーケンが歌ってる。冒頭でその曲を聞いただけで、私は映画の内容がだいたい分かってしまった。そして映画の中で悲しいシーンになるとかかるカッコいいギターソロの曲が流れると哀愁があり、少し寂しくなる。その曲はベックなのだと分かって驚いた。カルロスサンタナの哀愁のヨーロッパや、ゲーリームーアのパリの散歩道や、ジェフベックの悲しみの恋人逹を真似て...