Entries

パソコンを起動すると音が悪くなる

これは少し前のお話しである。以前にも似たような経験をした。カルメンを家内と聞いていた。私が欲しいものがあるので、ノートパソコンを起動させたその瞬間、家内が「音がくもった」と言った。私もすぐに気が付いた。しかし、これに気付かないオーディオフリークがほとんどではないだろうか。本当に音質がガックリと落ちる、この差が分からなければ、多分オーディオを突き詰めるのは無理である。音に元気がなくなる。オーディオの...

色々な木材と音の響き

木材のインシュレーターに、とても詳しい知り合いがいらっしゃる。二人でずっと長年議論してきた。これは家具やDIYのお話ではない。木の種類による響きで音質が変わるのを先に見つけたのは私だったが、その方は、こちらが知らない内に、鬼の様に色々別の方向から散々試されたようである。ではなぜ彼がその様になったのか説明が必要である。スピーカーの下の床が畳なのである。なので推奨の小さな黒檀を下に敷くと、スピーカーの...

深夜のオーディオ

世の中総てが眠りについたかの様な、静かな午前二時、今日は何故か眠れない予感があり、オーディオを鳴らしっぱなしにしておいた。それが本当に眠れない事を想定していたのかは自分にも分からない。しかし眠れない、家内に心で詫びながら獺祭(だっさい。大吟醸の旨い日本酒)を片手に、リスニングルームへ上がって来た。リピートしておいたケニードリューのララバイが鳴っていた。独り言を言ってしまった、凄くお洒落…この状態で美...

極限迄甘さのないケーブル

作ろうと思えば作る事が出来る。しかし、優れたものが実際耳で聞いてみて本当に聞きやすく良い音なのかは些か疑問である。素線を複数を束ねたり、ホットとグランドによる電磁誘導の影響をなくそうと各々が動かない様にガチガチにしたり、ホットとグランドを離して作ってみても優れた答えはでない。適度な甘さを作り、適度な響きを作らなければ、出来上がったケーブルは実につまらない音になる。甘さとは響き、つまり適度な付帯音の...

オーディオの音の変化。

最近ずっと部屋に籠り、モニターケーブルを作っている。そして、ふと気が付いた、今からすると以前は大雑把な鳴り方だった事に。もう鳴ったと思っていた部屋は、いまだに変化し続けていたのである。音が穏やかで柔らかな事に、音に距離感が出て来たのである。変化は全帯域なのだが、特に愛用のツイーターテクニクスEAS-9HH42の鳴り方だった。チキチキしたような細かい音が、実にたくさん鳴ってきたのである。そして、その鳴り方と...

LCネットワークの設置

このお話は、ウエスタンスピリッツの主観によるものであり、総てのスピーカーシステムに当てはまるものではない。ネットワークは、特にスピーカーボックスの中や上に置いてはならない。昔は何にも知らなかったのでJBL4560の後ろの所定の位置に3110をネジで付けていた。音は開放的にならず、いつもモコモコしていた。しかし、その原因になかなか気が付かなかった。ある日、そのネットワークを外し、ボックスの上に置いて...

ウエスタンスピリッツの独り言

個人的に行動もせずに、ものを申すのを好まない。そして気をつけていても、安易に実験結果を他人に漏らしてしまう。そして少し経ち、色んなソフトを聞いていくと、その結果が次第に時間と共に少しずつ変化して、結局良くないと分かる事もある。もうこれを繰り返したくないと思った。ウエスタンスピリッツは、過去にこの状態を何度も繰り返している。だから今回は時間がかかったが。密かに実験を行い、時間をおいて結果が出たと感じ...

スピーカーケーブル配線から丸一日目

次の日の19:00、随分馴染んで来た、前回もそうだったが、ケーブルはなかなか馴染んでくれない。72時間経って良好ならば、半田で留めるのだが、これだけは何度やっても結果が予測不可能なのである。今現在はかなりのレベルなのだが、如何せんミノムシクリップで挟んで留めてるだけなので分からない。低音対策は思った様な低い音階はまだ再生出来てない、しかし、ボックスの唸りの様な附帯音が減り、バスレフ臭くなく、素直な...

遂にスピーカーケーブル完成、実験開始

遂に、2013年から行ってきた数々の実験の集大成が総て完成する。今のところ、かなりの音が出たが、やはり今回、完成させたリッツ線の試聴をちゃんとしたシステムで行いたい。間違いない筈であるが、今まで少し、いい加減に行ってきたウエスタンスピリッツのスピーカーケーブルを、今回は、理論どおりに作り、妥協なく、綺麗にロスなく配線させたい。音は素直で早く、まともになると思う。そしてJBL4560BKから、真に低...

Ortofon針圧計DS-3

右が旧タイプMODEL DS-1で、左が新タイプのMODEL DS-3である。以前の(現在も多分現行機種である)DS-1の方は、例えば1.25gを計りたいと思っても1.2g迄しか計れなかった。針圧を細やかに計れないのである。しかし新製品のDS-3は、1.25gが細かく正確に計れるのである。例えばDENONのDL-103が2.50gより少し高い2.53gにしたいと思えば計れるのである。今まで細かな針圧を計れる針圧計はけっこう高額だった。DS-3は、これだけ高い精密な...

オハラショウスケさん健康法

今日はオーディオのお話ではありませんが、暫しお付き合い下さい。朝寝朝酒はやらないが、私は朝湯が大好きです。毎朝8:30に起床、前日の、ブログのチェックをしてから新たに更新、それからお湯の温度を42°にセットして、220リットルをパスタブに入れて入る。必ず温泉の素(昔あった六一○ムトウハップ)みたいな(紅茶色の硫黄温泉の入浴剤)を入れる。そして全身を石鹸で洗う。洗い流す前に、足のふくらはぎから太ももの付け...

深夜の小音量再生

どうしても何かに興奮して眠れない。深夜そっと布団を抜け出し、三階のリスニングルームへ来た。真冬の為、室温は17.5℃になっていて、水を打った様にシーンとしていた。何の音も聞こえない。システムのスイッチをCDから順に、プリ、パワーと入れた。CROWN DC-300Aの電源を入れると、トランスからバネの様なガウーン!!と唸った音が一瞬して再び部屋は静かになった。さて、何を聞こうか…ARCHIE SHEPP QUARTET T...

まつり囃子(上)(下)

今日は、オーディオとは関係ないCDソフトのお話である。つまらないかも知れないが、少しお付き合いを。最近ケーブル製作の時にずっと聞いている。個人的にまつり囃子を聞いてると、なぜか落ち着き、次第に気分がハイになる。しかし興奮して、舞い上がってる訳でありません(笑)人の声や、祭の雑踏の音や、和楽器や、笛の音や、金属音等が、たくさん入っている。しかし、最近、祭を行おうと、お囃子を呼ぼうとしても、特に笛の名手...

ウエスタンスピリッツ実験再始動

ここ暫くウエスタンスピリッツは、オーディオにあまり手をかけていなかった。モニターケーブル製作とお客様を最優先に考えていたからである。しかし、ちょっと待てよと思った。出来上がったモニターケーブルを検証しようにも、自分のシステムが同じケーブルレベルになってないではないか。こんな事では出来上がったケーブルを正しく聞き分ける事は出来ない。先ずは、ウエスタンスピリッツ自体の配線が先である、そう思った。今回は...

総てが馴染んだDL-103

ヘッドシェルを交換して時間が経った。シェルとカートリッヂ本体のダンパー、シェルリード線も馴染んだ様である。私は一日に八時間は仕事をしながらレコードを聞いている。なので一般の方よりは馴染みも早いと思う。何でもそうだが新しいものを追加した時、なかなかしっくり来ないものである。カートリッヂは、留めたネジの具合やリード線の電気的な馴染みやダンパーもあり、なかなか本来の性能は発揮されないものである。なので、...

カートリッヂの針圧

アナログはCDに比べ、確かに優れた音を再生出来る。しかし、カートリッヂからその優れた音を引き出すのは、並大抵な事ではない。みなさんが思っている、更に、遥か上のアナログ再生がある事をご理解願いたい。アナログはセンスと、その方法を正確に引き出す事が大切な為、経験に裏打ちされた正しい調整能力が必要である。ズバリ!キャビネットやトーンアームやラックや床を含めた相互関係である。そしてゼロバランスや水平や針圧...

JBL4560BKから低い低音を鳴らす方法

ウエスタンスピリッツは、JBL4560BKを鳴らすために、約三十年苦しんだ。どうしても4560はカタログに書いてあるとおり、本当に60Hz以下の周波数は鳴らないのかと。ウエスタンスピリッツは、努力の結果、かなり鳴る様になったが。やはり本当に鳴っているとは言えない。でも答えは以外とアッサリしたものだった。結論から話そう、4560は、ちゃんと下の周波数まで鳴る。みなさんはオリジナルが好きなのと、なかなか...

関東の大雪

これは先週の土曜日のお話しである、それにしても凄い雪だった。私は生まれが北海道の遠軽である。中学卒業と共に東京の私立の高校へ通うため、北海道を後にして千葉県に出てきた。そして、今年55歳になる。朝少し遅めに目覚めると、外は曇っているのに明るく感じた。それは雪が降って外が白くなっていたからである。それから夜中迄、雪は降り続いた。北海道とは違い、とても重たい雪質である。夜中にふと心配になり、オーディオ...

船橋のオーディオ再び

前日に降った雪道を歩き最寄り駅へ、何とかお客様との約束が果たせる、良かった。さあ、いよいよお客様のオーディオは、今日で八合目迄来ると思う。さてどうなるだろうか。前回、いつも個人的に持参するConcordのレコードが、お客様はお気に召したようである。それを知り合いのレコード屋さんへオーダーしておいたものが届いていた。作って持参したスピーカーケーブルを配線する前にかけていただいた。前回よりは確かに鮮やかに鳴...

なぜブログを始めたのか

人は色んな場所や他人から様々な情報を得ている。ブログとはこんなものではないだろうか?もしも、主要な駅や人の集まる公園等に、誰もが好き放題書ける大きな掲示板があったらどうだろう。個人的な愚痴や喜びや悲しみ、そして、趣味等の主観的なたくさんの言葉が綴られるだろう。誰しも興味のない落書きは読まない。しかし、その落書きは必要な人には励ましになったり、共感したり反論もあったりする。ウエスタンスピリッツは、ブ...

オーディオの接点不良

新しく機材をを買い換えたり、新しいケーブルを繋いで暫くは、何かと機材の不具合や接点不良に悩まされる事があります。しかし、これを解決する方法はなかなかないようです。オーディオとは接点だらけ、とにかく通電しなければなかなか正常に動作しない。購入して繋いで直ぐにカタログに表記されてる様な高いスペックにはならないものである。それと昨今どんな高級オーディオでも、殆どが海外製品も含め中国や韓国で製造されている...

オーディオ考

ウエスタンスピリッツは主観でこう思う。これが生業で、主観ではあるが、色々な経験とノウハウと知識がある。そして、それをたくさんのお客様へ伝授してきたり、手を加えたりしてきた。しかしウエスタンスピリッツは、まだまだだ。オーディオは未完成で、手を加える所がたくさん潜んでいるのである。そしてお客様も様々である。例え同じ様なものを使っていても、こちらがどんなに手を加えても、その方、固有の音色と言うものがある...

ケーブル考(外被)

ウエスタンスピリッツは、様々な方向からオーディオを見つめ、色んな対策を講じてきた。しかし、これら総ては少しでもシステムの音を標準的なまともにする事で、更に優れたオーディオケーブルを作りたいからである。しかし、システムの音をただして、標準的なまともな音にして、本当に妥協なく違和感なく鳴らすのは、実に大変な事である。道程は遠いと言わざるを得ない。それはなぜか?先ずは標準的な音とはどこにあるのか、これを...

ウエスタンスピリッツのリッツ線の内部

まだ製作中ですが、中身をある程度公開したいと思う。これ以上は文章では伝わらない。その前に、なぜこんなに時間がかかっているのかご説明したい。過去からお付き合いのあるたくさんのお客様からご注文が来るからである。新しいリッツ線のご試聴を依頼した結果、注文が増えてしまった為です。それと共に、今回の数々のご試聴の結果がとても良好なのです。前回迄の作り方では音質に若干意を唱える方もいらっしゃった。今回はもうぶ...

ノイズカットトランス下のインシュレーター

ノイズカットトランスの下に敷く木材はとても大切である、ずっと気になっていた。インシュレーターを敷くと、ウーハーの付帯音が減ったのである。その為、クラシックがゆったり聞ける様になった。今までは室内楽の弦楽四重奏等の、チェロやコントラバスの重なる所が不明瞭だったのである。お客様からご伝授いただいてから、敷いている。変わったのは全帯域だが、特に低音に作用が大きい。被りがちになっていた低音がクリアーになっ...

モニターケーブル製作中

写真でご確認下さい。偉そうに話す訳ではないが、向かって右の茶色い方が本当の絹巻きケーブルである。合計二回、隙間なく強く巻いてある。この上にシールドを被せるが、今の様に強く綺麗に巻けるまで、20年はかかった。二枚目の写真が下地のグレーの糸が巻いてあるところである。隙間は全くない。これを手で強く巻いているのである。巻き付が終わり、タオルで強くしごいて真っ直ぐにする、しかしウエスタンスピリッツの絹巻きは...

癒しのオーディオと対決姿勢のオーディオ

どこまでいっても両者は交わる事はない、そうは思えないだろうか?しかし、年齢で変わってくる事もある様である。例えば、ジャズだけをガチンコ勝負の様に、スピーカーとかぶりつきで音色だけを聞かれる方。反面綺麗な響きと、調和とハーモニーをクラシックに求める方。しかし、これはウエスタンスピリッツだけのワールドだけかも知れないが。クラシックを好む方は、比較的、真逆なロックも好む傾向にあるようである。響きを聞くク...

トーンアームの内部配線

ここはとても重要である。新しいトーンアームならば劣化してる事はないと思うが。ウエスタンスピリッツが使ってるトーンアームは製造されて40年近く経っていた。たまたま気になりメンテした時に見てみると、内部配線はとても細くしなやかだった。半田が浮いていたので、少し切って外被をむき、古い半田を吸いとり、留めようと作業していた。トーンアームのオリジナル内部配線を剥いてみると、中で素線が黒くなり錆びていたのであ...

Appendix

プロフィール

wespirits

Author:wespirits
WESTERN SPIRITSのつぶやきへようこそ!

WESTERN SPIRITSホームページ

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR