Entries

優れたセッティング技術

そして、旧友である葛西のNを呼んだのです。もうこれ以上、私の力や能力では解決出来ないと思い、耳や経験に優れたNの力を借りたのです。「確かに良い音だ、しかし、何かが変だ、ボーカルが全部左によっている」とNは言った、そしてNは暫く聞きながら考えていた。「分かった、右だけスピーカーを後ろの壁にピッタリつけて鳴らしてみてくれ」と言った。そのとおりにしてみた。激変した、本物の低い低音が遂に鳴った。そして左も...

アナログキャビネット制作

ウエスタンスピリッツのターンテーブルはYAMAHAのGT‐750です。値段は安いですが、大きく質量のあるターンテーブルは、慣性モーメントが高く素質を感じていました。「ターンテーブルは質量と慣性モーメントがあり、ゴロなく静かに正確に回れば良い」これが、ウエスタンスピリッツの持論です。これまでに私はマイクロ(ベルトか糸ドライブ)を二台、テクニクスSP‐10MKⅡを一台、リン ソンデックLP‐12を一台、ロクサン ザーク...

スピーカーやラックや機材の下

前回は、スピーカーの下に付けていたキャスターと耐震ジェルを外しました。それでも尚、音質改善は不充分でした。しかし、ここに辿り着く前にとても必要な内容だったのです。それにしても、前回からここに来るまで実際は一ヶ月かかっています。スピーカーやラックや機材の下に、厚さ3㎝の赤タモの集積材を三枚張り合わせ、敷きました。張り合わせ持ち上げてみると、かなりの分厚さと重量でした。部屋に敷いた赤タモの集積材の総重...

スピーカーの下のキャスター

スピーカーの底に付けていたキャスターと、その間に挟んでいた耐震ジェルを外しました。そして、スピーカーの下に荒杉の角材を敷いてみた、大さは約10㎝四方でした。以前からお話に出てきました千葉のIさんの意見を尊重したのです。Iさんが仰ったのは荒杉の角材ではありませんが、振動は大きな面積で受けないと減衰しないのです。そして、キャスターと耐震ジェルは付帯音を作り、音を鈍らせます。なるほど、音を聞いて納得しま...

パワーアンブの唸り対策

アナログを聞いていたある日の事、ゴロ以外の異様な音が鳴り出した事に気が付いた。実に嫌らしい振動である。レコードを回転させずに、針を乗せて、ラックに耳を当ててみた。かなり大きな唸りだった。そして、針を上げ耳をラックにあてたまま、パワーアンプの電源を切ってみました。振動は止まりました。そして、他の機材の電源を一つずつ切ってみました。パワーアンプ以外の電源は切ってみても何にも変わりません。そして私は、パ...

ネットワーク(2)

ウエスタンスピリッツは初めネットワークをスピーカーボックスの上に置いていました。そのせいか、その時はとにかく音が汚かったと記憶しています。そして、以前からの構想で、賃貸マンションでは出来なかった事を遂に決行したのです。スピーカーの後ろにある強固な壁に、ネットワークを吊ったのです。その時聞いた感動は今でも忘れる事が出来ません。これでネットワークは完成したな、そう思いました。音が総てクッキリ分離して、...

ネットワーク(1)

ウエスタンスピリッツのネットワークは自作です。とてもシンプルな一番オーソドックスなスタイルです。三つのユニットを800Hzと5000Hzでクロスさせています。ネットワークを自作したのは、オリジナルネットワークが総て経年変化で駄目になっていると気が付いたからです。それともう一つ、JBLのネットワークのクロスの回路は、マイナスへ捨てる電気エネルギーが多く、それがエネルギーロスに繋がると思ったからです。話は...

2014年富岡八幡 酉の市

今日はオーディオとは関係ない酉の市のお話しですがお付き合いいただけたら幸いです。家内と、東京メトロ 東西線 門前仲町の富岡八幡へ行って、新しい熊手を買ってきた。その前に、腹ごしらえに途中下車をして、行徳のステーキ石井に行ってきました。Aランチの、ステーキランチを食べた、初めて行ったのですが、このお店はとにかくステーキソースが独創的で絶品でした。家内が注文したのは豚のしょうが焼きでしたが、出てきたその...

ノイズカットトランス

ウエスタンスピリッツの新居には単独で30A 200Vが六回路引いてあります。普通のステッフアップトランスで二ヶ月聞いて来ました。そして200V~117V2000Wを一台、1000Wを一台、200~100V1000Wを二台、合計四台のノイズカットトランスを特注しました。音は激変しました。明らかに力強く綺麗な音になりました。確かにトランスの入った音ですが、その音質改善効果は抜群です。ノイズカットトランスは、容...

普通のステップアップトランス

昨日はラックの下のキャスターのお話しでした。そのラックも暫くそのまま使っていました。さあ、この段階ではまだウエスタンスピリッツの音質改善は、まだ入り口に過ぎません。いや、入り口にすら立っていません、まだまだです。最後は凄い事になりますので毎日お楽しみに。調布の頃から使って来た単なる100~117Vのステップアップトランスの音はノイズもあり汚く、実に酷い音でした。でも最初は、いままでどおりの状態で部...

オーディオラックやその下

昨日はスピーカー下のキャスターのお話しでした。しかし、このキャスターはしばらくこのまま使っていました。今日はオーディオラックのお話しです。ウエスタンスピリッツは、ずっとウッドポールをラックにしてきました。しかし、いつもグラグラで安定しませんでした。でも、更に前に使っていた別注の重量級の横型ラックがあったのです。重いので、引っ越しの時に捨てる筈だったのです。しかし、なぜか捨てなかった。新居は広いので...

一年八ヶ月で行った音質改善

2013年二月に新居が完成して千葉県の実家に戻ってきました。そして、最初は実に酷い音の部屋だった「もうオーディオは出来ないな」そう思ったほどでした。さて、そこから一年八ヶ月経った現在、驚く程の音になったウエスタンスピリッツの、オーディオとの格闘を、これから少しずつ改めて書いていきたいと思います。ここに来る前は調布の賃貸マンションに住んでおりました。借りてるお部屋は狭く、色々制限があり限界に来ていま...

お金をかけずに、世界一最高の音を鳴らしたい。

そう思いました。そして、このブログを始めました。とは言っても、百均ばかり使ったりスカンピンではオーディオは出来ません。やはり、お金をかけるべきところがあるのです。だからセンスが必要と話している訳です。自分が書いてきたブログをじっくり読み直してみて、私のブログは専門的すぎて伝わってない、そう思いました。「もっと分かりやすく少しずつ公開しよう」そう思いました。もっと細かい内容をお知りになりたい方は、過...

家内とのお話の中で

家内とリスニングルームでお酒を飲みながら、オーディオと合わせて色々本音で語りあった。その結果、家内に「貴方は自分が一番なの?」と言われた。家内は一言「ダサいね、全然いけてねぇじゃん?」と言われた。そして「貴方いくつになったの?」と言われた。「昔は凄かった?では今は凄いの?」確かに今は凄くない。それが総ての答えである。まいった。これで、ブログの内容を考え直した。...

音を良くしたいなら聞き込め

いつもウエスタンスピリッツは、あまり聞きもしないで、矢継ぎ早に色々な音質改善をしている様に見えるのかも知れない、と、少し心配になった。それは違うのである。若い頃から何故オーディオは上手く鳴らないのか?じっくり聞きながら色々考えて来た。そして、結婚し実家を出て、家内と暮らす賃貸物件では出来なかった事を、今はやっと自己所有の戸建てになったので、それでも制限の中で思いっきりやっている。と、言った方が正解...

音は自然かどうかが大切

そうは言ってもなかなかご理解は難しいと思う。外へでて歩いても良いし、公園などでベンチに座って、自然の音を聞き、部屋に帰りオーディオを再生してみてもらいたい。いきなり違和感を感じるだろう。これがウエスタンスピリッツの話してる違和感である。渋谷や新宿の雑踏に居ると様々な再生音が競って鳴っている。その様々な音の位相がずれていて付帯音も感じる、だからうるさいのである。人によっては目眩やパニックを起こすと聞...

良い音の定義

先ずはウーハーの低音が強く、引き締まって柔らかな弾んだ音で、歪みを感じない事。そして低い低音がらくらく鳴ること。ドライバーの中音は甘くなくボケていない事。総ての楽器はしっかり分離して鋭角なエッヂかある事。ツィーターの高域は帯域が上下に広く、鋭く奥行きと広がりがあり、前に出て来る事。そして、あからさまにツィーターが鳴ってると感じない鳴り方をすること。そしてトータルで情報量が多くクッキリしていて音が濃...

付帯音対策

変な響きの様ないらない付帯音は聞いてて嫌になってくる、どんなに柔らかい素材を張り付け、止めようと思ってもなかなかなくならない。なくなっても美しい響き迄失ってしまう。そう、柔らかいベタベタしたものや墨を塗っても止まり過ぎてしまい、必要な情報量迄失ってしまう。私は千葉のIさんからの情報で水晶体のQR-8が優れてるとお伝えいただき、購入してあちこち張り付けてみた。しかし効きすぎる為大きく効くと思う場所で...

野田のOさんご訪問

Oさんは、150件はマニアの音を聞かれてきた大ベテランである。ウエスタンスピリッツは努力の末に、ある程度の音に鳴ったと思えたので、ご足労願った訳である。五枚のCDをご持参された。その中の三枚が合格だがクラシック二枚は低音が駄目との事であった。多分今使用しているCDプレーヤーが力不足なのかも知れないと仰った。そして、私自慢のアナログをお聞きいただいた。かなり驚かれていた。よくぞここまで鳴らしたものだ...

千葉のIさんシステムの試聴

昨日は、天気も良く11月だというのに関東はポカポカ陽気だった。Iさんは何時もオーディオの電源を切ってから私を最寄りの駅迄お迎えにいらっしゃる。今回はお食事をご用意いただき、それをいただきながら「エージングの時間にしよう」と前の日にご連絡があった。拘りのIさんである、どんな料理なのか期待大だった。そして、実際総てとても美味しかった。オーディオブログなので内容は省くが、やはり半端な内容ではなかった。さ...

音質改善の閃き

閃きこそ我が人生、この言葉は私にぴったりである。何処かを改善しようとしたとする、なかなか根本的な原因が分からないものである。そんな時、私はオーディオから頭を切り離し、外に出たり本を読んだりする。すると全く関係のない事から突然音質の改善策に繋がって来る。歩きながら本を読みながら、オーディオの事をうっすら考え、前後関係と照らし合わせてるのだと思う、自分でもよく分からない。優れた音質改善の方法は、全く違...

ウエスタンスピリッツのオーディオ構築

このお話は少し前の事です、ウエスタンスピリッツはかなり先に進んでおりますが。お付き合いいただけたら幸いです。過去に、三日間にわたり色々書いてはみたが、総てを書ききれなかった、でもご購読感謝致します。他にもまだまだ前後関係が複雑に絡み、ウエスタンスピリッツのオーディオ構築はアイテムが多く、シンプルにまとめる事が出来なかった。でも読み返してみて、なぜ今の様なサウンドをウエスタンスピリッツが構築出来たの...

音を良くするには経験とセンスを磨くしかない

常にそう話し、過去からたくさんの情報や実験結果を書いてきた。このブログを過去からお暇な時で構わないので総て読んでほしい。私はずっと呟いて来た。しかし、ウエスタンスピリッツは、普通は白黒の淡い水彩画の様なJBLの音から、ディテールのしっかりある濃い絵画の様な見えるような音を鳴らす事に成功した。私は正直、電気の基本が出来ているとは言えない。しかし、最近誰もが話す、貴方は何故この様な音が鳴らせたのだろう...

RR-777(低周波発信器)の設置位置

購入して1ヶ月聞いてきた。少し前に自作したスピーカースタンドを二つ縦に重ねて、ちょうどメーカー指定の床から1.5メートルの高さになった。そのスピーカースタンドはB&W MATRIX805Vを設置しようと作ったので、かなりがっちりしていて、二つ重ねても安定感がある。その高さが、偶然に1.5メートルになったのは、何か神憑り的なものを感じる(笑)そして、そのスピーカースタンドの上に乗せたRR-777は、素...

ホーンの抑振剤を外した

このお話は少し前の内容であり、実際のウエスタンスピリッツは、更に先へ進んでいる。今までウエスタンスピリッツは、ホーンの前面上に抑振剤を貼って余計な振動を抑えて来た。しかし、最近ウエスタンスピリッツは、違う方向の付帯音対策を行っている。こちらはそのものの泣きを抑えてしまうのでなく、共振点を変化させる方向である。その方が音が開放的で、付帯音が減り情報量が増えるからである。奥行きも広がりも増えた、それに...

ネットワークの部品のエージング

先ずはここから語らなくてはならない。あまり配線は綺麗とは言えないが、写真を載せてみた。これ以上シンプルに音が良くなる様にするのは私の今の力では難しい。ウエスタンスピリッツは過去に12dB/oct2形ネットワーク(クロスオーバー6dB落ちクロス)のネットワークから、6dB/oct形ネットワーク(-3dB落ちクロス)にして、ウエスタンスピリッツのネットワークは成功した。ネットワークの構築にあたり、部品定数がなかなか...

遂に端正な音になった

今回の内容は少し前の出来事です。しかし、少しずつではあるが、更なる高嶺に登っている。オーディオに終わりはない。ウエスタンスピリッツは、今年2014年後半、肩を痛めてからあまりオーディオを改善していない。また肩が痛くなるのではと少し怖いのもあるが。そしてその予感はドンピシャあたった。聞いていて妥協なく違和感がなくなった事と、暫くオーディオに手をつけずに、今の音を来年から新たに行う音質改善の為に、今の...

体を犠牲にして得た素晴らしい音

誉められたものではないが、私は無鉄砲である。しかし、こんな性格だから体を酷使してまで、世にない素敵な音を手に入れる事が出来たのだろう。しかし総ては健康であって叶う事である。自分の体がここまでまいっていたとは想像も出来なかった。特に首の凝りはなかなか緩んでくれない。今日で四回目の整骨院に行ってきた。そして酷かった肩の痛みはやっと半減した。痛いと言うより苦しいと言った方が早い。今年の四月位から痛みはな...

LAURIND ALMIDA・CHARLIE BYRD LATIN ODYSSEY

アナログレコード、USA盤 Concord CJP‐211である。このブログは、あくまでも私の主観であり、普通のオーディオシステムで鳴らして絶対に上手く鳴らないレコードの一つと思い、呟いてみた。少し、お付き合いいただけたら幸いです。ウエスタンスピリッツは、このレコードのギターの低音弦が飽和して膨らみ、なかなか上手く鳴らなかった。そして、上手く鳴った今、どうしても言葉は変かも知れないが、オーディオ的(弦のクリアーさ...

スピーカーの内振りセッティングについてもの申す

間違えたオーディオのセオリーの一つにはびこっている、変なスピーカーの内振りセッティング。二等辺三角形の頂点を正確に計り、リスニングポイントにする?そんな事誰が決めたのだ。完全に間違えている。何をしてそんな理論が成り立っているのか?私にはさっぱり分からない、むしろ笑ってしまう。変なオーディオ常識を長年信じて来られた方は、もうその見た目に慣れて音も見た目に縛られ、そうしないと気がすまないと殆どの方は思...

Appendix

プロフィール

wespirits

Author:wespirits
WESTERN SPIRITSのつぶやきへようこそ!

WESTERN SPIRITSホームページ

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR