Entries

さようなら2014年

今年は、体(肩)を壊しましたが、リッツ線オーディオケーブルも完成しましたし、今までにないオーディオの答えが出た年でもあります。そして、個人的に色んな事がありました。それが真実の答えなのか、今は、まだ分かりませんが、ウエスタンスピリッツの音が、あり得ない位クリアーで整った鳴り方になったのも事実です。言葉にすると、クリアーで総てのユニットがしっかり繋がり、端正な違和感のない円やかで鋭角、奥行きと広がり...

システムをいじり過ぎてはいけない

常にシステムをいじっていては、いつまでたってもシステムが安定しないと思います。機材のレベルはほんの僅かな差でしかありません。確かに、その僅かな差にお金をかけるのも一つのやり方ですが。私は個人的にあまり好みません。次々機材を買い換えるのはもう昔のお話です。今回、CDプレーヤーを交換したのも、あまりに音に差がありすぎたからです。そして機材を交換するには、やはり、センスが必要です。交換したい機材のコンセ...

アナログはなぜ優れているのか

主観で書きます。オーディオ機材の中で、アナログのカートリッヂとトーンアームだけが電源を必要としません。ターンテーブルを回す、モーターや制御回路に必要な電源だけです。特にモーターは、パルスノイズを発生させます。しかし、カートリッヂは自家発電です。トーンアームは慣性で動きます。なので、他の機材からの影響も受けづらく、また他の機材の電源を汚さないのです。理屈を冷静に考えてみると、答えは簡単に出るのですが...

音質を改善していくと必ず答えが変わる

新たな部品の慣らし(エージング)やウォーミングアップの事です。それと半田で熱を加えると、半田が融合するまでに、約一週間かかります。半田は最高の端末処理の方法だと思いますが、ゆっくりと融合する為に時間がかかるのです。半田で留めたその時は「遂にやった」と思うのですが、後に答えが変化するのです。一ヶ所半田で留めたら、一週間は聞きながら待たなければならないのです。そして一週間たったら、上手く行ったか判断す...

現代のハイエンドでは絶対に鳴らない音

それは、クリフォード ブラウンのスタディ・インブラウンのアナログ盤B面一曲目を聞いた時の、シンバルがカッツーン!と鳴る音です。その音は、上手く鳴ったヴィンテージオーディオでも、並大抵では鳴らない鋭く強い音です。定位が低く鮮やかで、点音源から広がり、うるさくないのです。とても素敵に録られています。ウエスタンスピリッツのオーディオシステムは、そのレコードがしっかり鳴ります。ウエスタンとはいかないまでも...

ロードレーサーとラーメン

今日も、オーディオのお話ではありませんが、しばしお付き合いいただけたら幸いです。私は38歳の時に、ロードレーサー デ・ローザ(イタリア車)を上野の横尾双輪館で購入しました。最近は、動体視力が落ちて、なかなか踏ん切りがつかなく、乗っていませんが、来年の春から乗ってみようかと思っています。このお話は、17年ほど前のまだ若かりし頃の事です。オーディオケーブルを作ってはロードレーサー(自転車)で届けており...

行徳ステーキ石井

今日は、オーディオとは関係ないお話ですが、少しお付き合いいただけたら幸いです。ステーキ石井さんは、家内がネットで検索して見つけてくれたのです。とってもとっても美味しいステーキの老舗だと思います。地下鉄メトロ東西線の行徳駅から、ゆっくり歩いて五分位の住宅街の中にありました。建物の外観はピンク色で、少し風変わりな感じのお店でしたが、ステーキを焼いているご主人のお顔がとても素敵です。そして、特筆するのは...

アナログサウンド

CDの音はかなりのところ迄来ていた、それは確かに分かります。しかし、SACDになり、音は淡白になりました。そして、アナログを極限まで突き詰めた今、やはり、CDは絶対にアナログを越える事は未来永劫ない。それは伸びやかさです。SACDになり、更に音はつまらなくなった、そう感じるのです。ウエスタンスピリッツは、システムを極限まで追い込んだ結果、そこに行き着いたのだと思います。しかし、システムが極限まで鳴...

オーディオケーブル

私は、少し前に2013年2月から音質改善の為に行ったことを、大まかに公開致しました。もっと細かく失敗談も含め書こうと思いましたが、あまりのアイテムの多さに断念致しました。申し訳ありません。と言うより、過去にお一人だけ、私の過去のblogを総て読んでいただき、私の失敗談をお気に召されたのか、そのまま鵜呑みにしてしまった方がいらっしゃったのです。当然失敗談なので、その方のネットワークは失敗に終わりました。...

短時間でよくもここまで鳴らせたものだ

人は一生の内に、どこまで何が出来るのか?またオーディオを何処まで鳴らせるのか、やってみたかったのです。言い方は良くないですが、世間のオーディオのレベルはとにかく酷いものです、例え何億円かけようと、良くないものは良くないです。しかし、確かに良いものを使えば、スペックが優れている為、到達点は確かに早いとは思いますが、世間に私が素晴らしいと思ったシステムが存在しないのも確かです。私はその真実が知りたかっ...

トーンコントロールで音を作ってはいけない

一番良くない安易なやり方です。グラフィックイコライザーを使ったり、スーパーウーハーを使うのも、誤魔化し(ごまかし)オーディオの一つです。ウエスタンスピリッツのプリアンプは、CROWN IC‐150Aです。トーンコントロール回路はパスできるのでパスしてあります。グラフィックイコライザーや、スーパーウーハーなど、ハッタリ的なものは一切使用しておりません、常にガチンコ勝負です。誤魔化しは一切使わずノーマ...

お客様のご試聴

ウエスタンスピリッツのホームページに辿り着き、過去からのblogをお読みいただき、余計な事をしてないのが好ましいと、浦安にお住まいのDさんがご試聴にいらっしゃいました。昼下がりの15:00に最寄りの駅で待ち合わせしました。あまりごちゃごちゃした曲はお好みでないのか、編成の小さなあっさりした曲のCDを数枚ご持参されました。ご持参された何を聞いても音が良く感激しました。ウエスタンスピリッツの音は、「余計な...

引っ越して来てからを振り返る。

2013年二月二十一日に千葉県の新居に越して来ました。そして、私は新居を建てている間、考えられる限り素晴らしい音になる事を想像していました。しかしその期待は見事に裏切られ、初めて鳴った音の酷さに愕然となったのです。「もうオーディオはやめよう」と。しかし、実際過去に新居を建てられた方は、口を揃え私と同じ経験をされていた事を思い出しました。「新居は、三年は我慢しろ」です。つまりどんな部屋でも、一年から...

オーディオケーブルはグランドが大切

マイナスの線の事です。私は数年前にそこに気付きました。ウエスタンスピリッツのオーディオラインケーブルは、0.12㎜のPEW単線を108本束ね、ホット(プラス)のリッツ線としています。そこにシールドを被せてあります。しかしグランド(マイナス)は、1.6㎜のPEW単線一本なのです。ですから一般的なリッツ線とは音が全く違うのです。マイナスにはシールドを被せていません、意味がないからです。それらを平行にし...

失敗を成功にする

ウエスタンスピリッツは、今でこそ理想の音を手に入れる事が出来ましたが。実に沢山のお金をドブに捨て、沢山の失敗を重ねて来ました。ですから機材の差ではないと呟いて来たのです。お金はかけるところにはかけなければなりません。でも、そのセンスが大切です。しかし、自分が何も分かってなかった事や、五十五年生きてきて、自分を振り返り、反省し、駄目な自分自身を理解しました。そして「自分を一番理解していないのは自分自...

端正な音

オーディオの教科書に出てくる様な、整った音をJBLから鳴らしてみたかったのです。でもそれはかなり難しく未知の世界だったのです。昔若い頃こう思いました、「JBLの音って汚いな」と、ちょっと聞くぶんには派手で低音が鳴って聞こえるのですが、高音はシーシーいってるだけで潤いがないし、中音は薄く乾いたようでショボくれているし、低音は鳴っては聞こえるが、あまり下に伸びず、ドカンドカンいってる。しかし、私はどう...

オーディオ考

それは遠く果てしないロマンであり、一生かかっても辿り着く事はないのかも知れないと思います。そもそも再生音は、録音時にすでに歪んでしまってると勝手に考えていました。そして、私の考えは受け入れ難く特殊なのかもしれません。しかし、現にどこで聞いたJBL4560BKより、どんなにご立派な現代の高価なハイエンドオーディオより、音が現実的に鳴っています。しかし、まだ終わりではありませんが、オーディオとは実に厄...

遂に鳴ったお客様のシステム

船橋のIさんのシステムの事です。勝手につけていた点数ですが、ウエスタンスピリッツが80点、Iさんが60点で、私本人が関わっているのに、どうしてもウエスタンスピリッツ以上の音質にならなかったのです。しかしシステムは、ほぼウエスタンスピリッツとおなじなのです。不思議で仕方がなかったです。しかし、本日遂にウエスタンスピリッツの音質を越えて、95点になったのです。では、なぜ今回100点に至らなかったのか?...

TELARC オルフ カルミナブラーナ

私は、個人的にTELARKと言うレコードレーベルを、昔は馬鹿にしておりました。録音も大袈裟で、指揮者や演奏が大したことないと話される方もいらっしゃいます。でも違います、テラーク盤をつまらなくしているのは、再生するこちら側だったのです。テラークは、どこまで録音出来るのかを限界まで挑戦したレコードレーベルです。しかし、今になっていかに素晴らしいレーベルだったかに気が付いたのです。このレコードは、機材そ...

オーディオは低音再生との戦いの歴史です

あまり低音ばかり聞いていてもつまらないとは思いますが。私の経験によると、音質改善を行っていったら、JBLの4560BKと130Aの組み合わせでは、普通は絶対に鳴らないと言われてきたスーパーウーハーの様な、低い低音が引き締まりながら軽々と鳴るようになったと言った方が良いのかも知れません。総てが完璧に近くならないと、私の話している低音は鳴らないと言いたいのです。低音だけを追いかけていても、決して鳴るこ...

様々なソフト

今日は、先ずCDを聞いています。イーグルスのHELL FREEZES OVERの、六曲目ホテルカリフォルニアと十五曲目のデスパレード(ならず者)です。ホテルカリフォルニアは、素敵なアコギの音と、カッコいいバスドラの音がたっぷり入っています。以前はどうしても鳴らなかった、バスドラの周りの空気が動く様な、低い音を見事に再生しています。デスパレードは声が強く、夕日が沈んでいくときのオレンジ色の少し寂しい...

いつか日本一の音を鳴らしたい

オーディオは、良い音の定義が難しく、順位を誰に定めていただくか、それが問題ですが。とにかくこれを求めシステムを改良してケーブルを作って参りました。確かに、私のブレーンには日本全国優れたオーディオがあると聞くと、必ず聞きにいらっしゃる方がお一人だけいらっしゃいます。そして、私もそうですが、オーディオ好きはみなさん、色んな所へ行きたくさんのシステムを聞いています。そして、色んな聞き方をされる方がいらっ...

音を改善したいなら鳴らないレコードを聞いて下さい

そして、なぜ上手くおもしろく鳴らないのかを考えてみて下さい。貴方は必ず、いつかエネルギーロスに気が付くはずです。しかし、ご自分のシステムは鳴っていると思い込んでいるため、あまり他で聞かないでしょう?なので、なかなかご自分以上のシステムを鳴らされてる方に出会わないのです。オーディオは勝ち負けではありません。上手く鳴っているかどうか、ただそれだけなのです。そう、素敵な低い引き締まった低音が鳴るかどうか...

DENON HA‐1000 MCヘッドアンプ

私にとって何十年振りの再会でしょう。知り合いのオーディオマニアが、システム変更したいので、もし、欲しい方がいらっしゃれば譲って構わないとの事でした。私は即、船橋のIさんを思い、購入しました。本日ウエスタンスピリッツにご持参になり、お代金をお支払しました。さて問題はその音質でした、ダイナミックレンジがウエスタンスピリッツのHA‐500と比べ遥かに広く、低音も更に下へのびて数倍上でした。そして、正直惚れ込み...

オーディオケーブル

色々な事を公開して来ましたが、実際はその途中からリッツ線ケーブルを作り始めました。そして今年一月に、遂にリッツ線絹巻きシールド平行ケーブルを完成させました。貴方が、オーディオを極限まで鳴らそうと思うのでしたら、まずは音の違いを知らなければなりません。ケーブルを取り替えても違いが分からなければ、機材を買い換えた時と変化の仕方が違いますので、オーディオを追い込む事はまず無理だと思います。ウエスタンスピ...

聞き方の間違い

特定のソフトの音を鵜呑みにして、他人のシステムでその狙った音が鳴る?鳴らない?で、そのシステムを判断してはいけないと思います。世の中には、確かに鳴らすのが難しい恐ろしいソフトがたくさん存在致します。ウエスタンスピリッツはその、そうそうたるソフトをご持参になられても、確かに他のシステムよりは今は鳴るようになりました。しかし、かと言ってその音階が鳴ったからといって驚くのは、まだまだお子ちゃまレベルなの...

オーディオに向いた性格

今日は個人的な主観的な事を書きます。私はオーディオをやるのに向いている性格なのかもしれません。先ずは、物事をあまり直視しないで、どうしてこうなってるのかを常に広く考えてるタイプの人間です。そして、全く別の事をしたり、ボーッと考えてる時にオーディオと繋がり、突然閃くのです。そして、ピンポイントで思い付いたら即行動に移ります。たまに的外れで失敗もしますが、クヨクヨ考えません。終わった事は終わった事でし...

名機マランツCD‐72AF

今年、二月に壊れてから同じマランツのSACDを聞いてきましたが、どうにも音が綺麗なだけで、低い低音迄沈んでくれないと不満を持っていました。読み取りスピードが遅く綺麗な淡い音だけれど、エッヂ(音の輪郭)のたった雰囲気がなく元気がない、高い周波数はのびるのですが、低音が低いところ迄沈まずでした。ある音階からなくなると言った方が良いかもしれません。ウエスタンスピリッツは、世間様よりは遥かに鳴っていますが...

オーディオの本音

一年八ヶ月と言葉で言うのは実に簡単ですが、ウエスタンスピリッツが行ってきた音質改善は正直相当なものです。思い起こしてみても、その総てをブログに書き込む事はとてもではないが無理です。ブログに内容を書くと人に真似をされるとか、先を越されるとか、企業秘密とかそんなことではなしに、多分誰にもそんな気力もお時間もなく、私と同じ様には出来ないでしょう、そう思います。ですから、私のような人間が必要なのではないで...

アコリバのRR‐777とQR‐8との出会い

この二つも千葉のIさんにご伝授いただいた商品です先ずはRR‐777です。地球には元々7.83Hzと言う共鳴周波数が存在します。太古の昔からその周波数を聞いて生きているのが地球の生命体です。しかし、人間は住みやすくするため、地面にアスファルトを敷いたり、鉄筋の建物を建てたので共鳴周波数をあまり感じなくなったのです。この周波数を部屋の中に流す事により、神経や脳が本来の状態にリセットされ、音や映像が良くなると...

Appendix

プロフィール

wespirits

Author:wespirits
WESTERN SPIRITSのつぶやきへようこそ!

WESTERN SPIRITSホームページ

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR