Entries

HENRI GIRAUD GRAND CRU

早いもので、今日で2015年の11月も終わり、いよいよ師走に入ります、一年を振り返り忙しかったです。今回も、シャンパーニュのお話です、暫しお付き合い下さい。友人でオーディオライバルである葛西のNに私はこう聞きました「blogにシャンパーニュの事を書くと見てる人のカウンターが減るんだよね、あまり書かない方が良いのかな?」するとNは即座に「そんな事はない、俺はお前と奥さんが飲んで楽しんでる光景が目に浮かん...

千葉のIさんのご試聴

この方の耳を納得させられたら、多分ウエスタンスピリッツのオーディオシステムはもう完成に近い、そう感じます。ただ使ってきたものが中古だと言う事で、故障や接点不良が多く、まだ変わらぬ今の内に、ウエスタンスピリッツの音を聞いておきたいとの事みたいです。私自身は、正直まだ不満はありますが、Iさんにはこの帯域バランスを何かの参考にして欲しいのです。クラシックを中心に色々聞きました、しかしイギリスデッカ盤のヴ...

英ちゃんの思考回路

今日はオーディオのお話しではなく、大切な母親のお話ですが、しばしお付き合い頂けたら幸いです。アルツハイマー型の認知症は進んで来ました、デイサービス等時間を決めた約束事が駄目なのです。その段になると体温計で熱を計りだし断る理由を探すのです、その理由付けが実に巧妙なのです。自分の好きな時間に出掛け、好きな時間に帰って来たいのでしょうが、世の中約束事で動いております。本当は熱もありませんし具合は悪くない...

葛西の友人、Nの試聴結果

一年と数ヶ月ぶりです、Nは気立ての優しい男で、私のblogを読み私の体を気遣ってくれたらしいのです。実際両親の介護で私は正直確かに疲れています、しかし性格的に止まってはいられないのです、カビの生えた様なだらけた生活はしたくありません。今日初め聞いた音は実に酷く、ツィーターが先に鳴り出すかのような鳴り方で、隣にいるNの表情がくもったのが分かりました。「参ったなこんな音を聞かせる為に呼んだ訳ではないのにな...

エール音響のツィーター

千葉のIさんから譲っていただき使っております、MODEL 1701Beでベリリュームの振動板に交換グレードアップされたので、58万円で購入されたそうです。ベリリュームの振動板は付帯音が付かない為、癖のない鳴ってないかの様な鳴り方をします。ウエスタンスピリッツは8kHzでクロスさせているので、側に行って耳をそばだてて聞いても聞こえないのですが、離れてリスニングポイントで聞くと確かに鳴っているのです。まだ慣らしは済ん...

マルチシステムのメリットデメリット

オールマルチシステムにしてから鳴らして来ました。マルチシステムのメリットは、音量調整、つまりレベル合わせやカットオフ周波数を決定しやすく、パワーアンプとスピーカーの間に抵抗が入らない音質を考慮した繋ぎ方が特長です。デメリットはプリとパワーアンプが同じメーカーの同クラスのものが必要になり、更にパワーアンプに至っては総て同じ型番のもので揃えなければならないのです。そして、お金がかかります、一見簡単に出...

グランド線に最も適しているワイアーゲージ

AWG(アリカン ワイアーゲージ)もしくは(GA)にはないゲージなのです。色々作ってみて、ホットとのバランスもありますが、オーディオケーブルは、ズバリ断面積と合計表面積が総てと言って良いと思います、これに関しては総て検証してみての結果です。だからウエスタンは音があまりパッとしないのです、今の日本の電源事情にもよりますが、16GAも14GAも、太すぎたりわずかに細かったりで、それを満たしてないのです...

低磁束ノイズカットトランス

ウエスタンスピリッツは、総ての機材に一台ずつ容量の大きな低磁束ノイズカットトランスを単独電源から取り、繋げました。そして暫く聞いて来ました、滑らかな中域、どこまでも伸びる爽やかな癖のない高域、地の底から沸き上がる様な低い低域がバランス良く鳴っています。総てにノイズカットトランスが入っていなかった時は、今からするとやはり駄目な音だったのが分かります。ノイズカットトランスを繋ぐとその時は、確かに音の鮮...

マルチシステムの音がまとまって来た

私は過去にマルチシステムを否定してきました、そして、LCネットワークで悩み苦しんで何とか完成させました、それでもあと少しの所で限界を感じたのです。それはレベル調整です、R1 R2の固定抵抗でレベルを決める為、その間の抵抗が部品規格に無いため揃える事が出来ないのです。ローカットコイルを作り細かくアッテネーターにする選択肢もありましたが、大変な労力が必要になる割には、やはりレベルを決めるのは大変な時間...

何にも買えなかった頃を思った

以前は何にも買えなかったのです、でも、その時はそれしか知らないので、それでなんとか工夫して、少しでも良い音を目指していたのです。しかし、知らないと言うのはやはり違います、お金をかけずにオーディオをやっていると、私の様にいつか壁にぶち当たります。そう、それが限界なのです、経験があれば確かに間違いはないのですが、なまじ自信だけが先走るのです、でもそれは少し違うのです。そして、昔世田谷の経堂に住んでいた...

ツィーター用のパワーアンプからノイズ

聞いていてツィーターからザザッとノイズが出ました。NIKKOのM‐204です、流石に嫌になりました。こう頻繁に故障ばかりでは仕事に悪影響が出ます、もう一度修理に出すべきか考え中です。こうも思います、名機と言われ1960~1980台年代に製造されたものはNIKKOに限らず総て部品が寿命を迎えているのではないでしょうか。またこうも思います、色々システムに手をかけて来たので、今やウエスタンスピリッツの鳴り方はハイエンドの様に...

ウエスタンスピリッツの音質改善

絹やリネン(麻糸)巻きケーブルの研究開発、その結果、しっかりとした理論の元に作られたリッツ線が優れていることに気が付きました、そしてグランド(マイナス)は、リッツ線ではなく、1.6㎜の太さの普通のPEW単線が優れてるのを見付けました。ウエスタン単線も随分色々な太さで試しましたが、努力は結局空振りに終わったのです、もうウエスタンの単線は終わった、そう感じます。出来る限り配線の取り回しを絡まらない様に...

JBLがJAZZを選ぶのではない

JBLを鳴らせない貴方が、JBLをそうさせているのです。総ての音は0から始まるのです、その0を作れないのは貴方の経験不足なのです、後付けで所詮ペタペタ何をやっても改善はされません。総ての機材に素質はあるのです、それをいかすも殺すも貴方次第なのです。要はその間違いにいつ気付くのかです、私にはいつも千葉のIさんが側にいてくれました、でも私はなかなかそこに気付かなかったのです。いつも反論ばかりしておりま...

モノラル再生で悩む

このお話は二週間ほど前の出来事です。何故モノラルレコードなのに、真ん中にビシッと定位しないのだろうか?それならばとOrtofon cadenza MONOを購入してみたのですが、やはり音は左右どちらかに寄るのです。そう、これが私が何時も話している定位のスピーカーセッティングの事なのです、決まればスピーカーから音が剥がれ二本のスピーカーは消えたかの様に鳴るのです。それで、スピーカーの調整を始めたのですが、私には一人で...

テクニクスSH‐10B3

組み立てて三日間聞いて来ました。テクニクスの往年の名機SP‐10MKⅡ専用のキャビネットSH‐10B3です、上の板は黒曜石(北海道では十勝石とかちいしと呼ばれます)です、割ると鋭い角がたち透明な硝子の様になります、私は北海道出身です。しかし、ターンテーブル本体とアームベースを留める所は、黒曜石に触れないような工夫がなされています、素晴らしい加工精度です、少しでもずれていると、取り付けネジは入っていきません、少し...

トーンアームの高さ調整

このお話は少し以前の事で、実際のウエスタンスピリッツは、更に先へ進んでおります、なので過去の内容となりますが、呟くなら今だと思います、思いっきり書きます。一日聞いていて自分のシステムは力なく、高域が足りない気がしました、プレーヤーの所へ行き、トーンアームの高さを見てみると、うん?後ろが3㎜程後ろが下がっていました。写真二枚は現在のもので、写メでは正確に写りませんが、載せないよりは良いと思ったトーン...

クラシックとジャズの違い

楽器の質と録音が違うのだと思います、システムがだんだん理想の方向に近付いて来ました。そうすると、どうにもならないジャンルの差に突き当たりました、レーベルの差は、確かにあるもののウエスタンスピリッツでは、何をかけても上手く鳴るようになりました。しかし、やはり極論、音の悪いレコードを上手く鳴らす方法はありません、こちらが力不足で鳴らせない時もありました、音楽の性質の差もあるとは思いますが、両者(ジャズ...

帯域バランス

とても大切なのだと分かりました、夜中に色々チャンネルデバイダーでドライバーとツィーターの音量調整をしてみました。でもやはりいくら調整をしてみても、既に決まっていました、ウエスタンスピリッツはこれまでに色々良い音にするための対策をうって来ました、それが間違いでなかった証だと思います。ツィーターがエール音響になったので、多少ソリッド(中身の詰まった)な雰囲気の調整にしました、と言うかそこしかポジション...

大型スピーカーならマルチ

小型スピーカーでマルチは効果が薄いと感じます、むしろフルレンジの鮮度(情報量)を落とす結果に繋がってしまうと思います。しかし、ウエスタンスピリッツの様に、JBL4560BKを軸としたような、大きなスピーカーシステムならば、何かは犠牲になっているでしょうが、やはりマルチの音は鮮度が上がります。しかし、それがフルレンジの小型スピーカーならば、付帯音や分割振動が少ないため、ノイズカットトランスさえ鮮度を...

G.H.MUMM Cordon Rouge F1 Edition

本日も、個人的に大好きなシャンパーニュのお話です、こちらは日曜日エール音響のツィーターが入った日の事です。ジーアッシュ マム コルドン ルージュ F1 エディション、F1のシャンパンファイトに使われ、F1のスボンサーもつとめる会社です。個人的にボトルのデザインが派手で軽いと感じており、最後で良いだろうと少しなめていました。ところが、家内と飲んでみたところ、とてもさっぱりしていて我々には合いました。...

BARONS DE ROTHSCHILD

本日も大好きなフランスのシャンパーニュのお話です、これは土曜日のお話です。バロン・ド・ロスチャイルド、大手スーパーAEON(イオン)がやってるリカーショップで、ソムリエさんのお話と家内の第六感にひかれ購入しました。6788円でした、本マグロの大トロ、平目、真鯛の刺し身でいただきました。こんな値段とは思えない程葡萄の味がしっかりしていて、酸味が強く炭酸が少し粗く、抜けも早いが辛口で飲みやすいシャンパーニュで...

エール音響ツィーターMODEL 1710Be

昨日の事です、千葉のIさんが数ヶ月前に、上級機種を購入されました、「特別に安く譲るよ」と言われていたのです。前の晩、家内に相談すると、あっさりオーケーが出たので、予定していたお墓参りが雨が降って駄目そうなので、Iさんに電話をして、現金を持参し速攻で引き取りに伺いました。神がかり的に道は空いていて、三十分程で到着してしまい、チャイムを鳴らすとIさんは驚いて出て来られました。見るとやはり大きく、持って...

ゴンゴン低音が消えた

このお話は少し前の事であり、実際のウエスタンスピリッツは更に先へ進んでおります。JBLの低音は一般的に、どこで聞いてもゴンゴンボンボン低音です、いや普通はそれすら鳴っていないJBLが殆どです、ウエスタンスピリッツも昔は艶のないうるさい低音でした。その鳴り方を嫌い、JBLを使わずALTECHを使われてる方も多いと思います。ウェスタンスピリッツのJBLは、まだまだですが、もうそんな下品な音を鳴らさなくなった...

アナログ

最近このblogをお読みになり、ご自分の事を書かれていると勘違いされた方がいらっしゃいました、私はある特定の方を指して書いてる訳ではないことを申し添えておきます、そして書いてる内容は、あくまでも個人的な主観です。レコード再生です、アナログは、トーンアームの回転軸の中心とターンテーブルの回転軸の中心が引っ張り合っているとご理解下さい。後にそのお話が出て来ますが、千葉のIさんと私で散々色々やってみて出した...

千葉のIさん邸に訪問

写真は千葉のIさん拘りの東披肉、トンポーロウ、トンポウロウ、つまり豚の角煮です、圧力鍋で前の晩から煮込まれた800gの桜豚バラ肉は、三分の一の大きさになったと話していました。ニンニクや生姜や唐辛子が入っており濃厚でさっぱりした味で、歯が必要ないほど柔らかでした、中華や沖縄の味付けではなく、拘りのIさんらしい全く別の料理でした。それと、Iさんが豆腐屋さんから購入された湯葉がとても、美味しかったです、...

夜中の静かな部屋で

たまには頭をオーディオから切り離し、音楽を聞いてみました、ここのところ家庭内で色々あり、少し疲れたのです、CDでバロックを小さめの音で聞いています。オーディオから頭を切り離すとは言っても、すぐにオーディオの事を考えてしまうものです。「我ながらずいぶん色々やったな」見渡してみてももう何処にも妥協はありません、また気が付いて何かを始めるでしょうが、お客様や家内や両親の協力があり、一段落つきました。音に...

出来上がったシステムを聞いて涙が零れた

幸せな奴だと笑って下さい。何て包まれてるような優しい素敵な力強い音なんだろうか、ところで、私は一人でこれが構築出来たのだろうか?いいやそうではありません、皆さんが色々教えてくれて、家内が支えてくれたからです、そして、両親がいてくれたからです。急に涙がとまらなくなってしまいました、何処にもない素晴らしいサウンドを、いつか私は必ず私は鳴らします。オーディオケーブルだけではありませんが、まだ見知らぬ貴方...

人生が鳴る

若い頃は鳴っているのはスピーカーで、それを駆動してるのがアンプを含めた機材である、そう思っていました。しかし、それは確かに間違いないのですが、年齢や経験を重ね色々考えてみると、そうではないのです、人格のスケールの様なものが装置から鳴るのです。まだまだとは言ってもウエスタンスピリッツは、もうとうに限界を超えた鳴り方になりました、後は優れたケーブルを作る為に私の音の目標があるのです。もうやってる事自体...

オーディオも本人と一緒に成長する

今、とある方に色々ご指摘をうけ、勉強しております。素直に聞き入れても、まだなかなか実行にはうつせないですが、直そうとする努力が必要だと思います。このままでは、人からの情報が入って来なくなり、井の中の蛙になってしまいます。特にアルコールが入り、人から誉められると、私はすぐに有頂天になり、天狗になり攻撃的になるところがあるのです。そして、少し落ち着いて相手の立場に立って話さなければなりません。これが自...

どこまで鳴らせるのか

私が難しいLCネットワークで頑張ってるのを応援して下さっていた方もたくさんおられた事と思います。そして、ご自分もLCネットワークで鳴らされていて、ご自身と重ね合わせ、楽しんでこのblogをご覧になっておられた方もいらっしゃったと思います。しかし、更にもっと自分に賭けてみたくなりました、総ては、良いケーブルを作る為です、blogを始めた頃(2011年)は常にお金がない状態で、お金をかけずにどこまで行けるのか...

Appendix

プロフィール

wespirits

Author:wespirits
WESTERN SPIRITSのつぶやきへようこそ!

WESTERN SPIRITSホームページ

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR