Entries

さよなら2015年

今年はウエスタンスピリッツのオーディオシステムが大きく変化した年でした。先に購入しましたマスタークロックジェネレーターとヨルマデザインのケーブルは、実際に鳴らした時間が100時間を少し越えて、初期のバーンインを終えました、来年更に鳴って来るでしょう。そして今年は、個人的に両親のお世話がほぼ完璧に出来たと思っております。夏の暑い最中、熱中症になり足が毎日震え本当に前に出なくなり体重が減り、大変でした...

オーディオアンプ考

真空管、トランジスター、アンプにも色々あります、昔は大きなパワーのあるアンプが音に余裕があり良いと思っていました、これはあくまでも主観ですが、その考えにも一理あるのです。パワーの大きなアンプの中を見ると、使っている部品の精度や容量が違うのです、質の良い部品を使い作られたアンプはやはり優れていると思うのです。ラックスの真空管パワーアンプMB‐3045を使っていた事がありました、確かに音の抜けやその濃...

Esoteric K‐01Xの音質

今回、マスタークロックジェネレーターG‐01を繋ぎました、土曜日の夜の事です。その前に単体で100時間鳴らした頃から実力を発揮して来ました、それから一週間ずっと色々なジャンルの音楽ソフトをリピートさせて、鳴らしっぱなしにして来ました。今はかなりの実力になって来ました。中には各々の回路を干渉せずに独立化させる為に、質の良いトロイダルトランスが四つ入っています、極限迄研究された強靭なメカも入っています、な...

風邪をひいた

昨日の事でした、朝なかなか布団から出られない、起きてみると寒気がする、熱をはかると36.8°あった、朝風呂に入る習慣があるので、入ると寒気は少し収まったが、30分位で猛烈に寒くなった。熱をはかると37.3°になっていた、全く食欲もないけど、市販の風邪薬を買って中華屋さんへラーメンを食べに行った、半分も食べれなかったです。家に帰り、薬を飲んで暖かくして寝てました、夕方家内が帰って来ました、熱をはかると...

Esoteric G‐01

まだ慣らしも終わってないのに、全く次元が違います、更にヨルマデザインのケーブルは、私の説明書にはバーンインは100時間と書いてありますが、千葉のIさんの説明書には800時間と書いてあったそうです、まだまだ鳴ってない事が分かります。右奥が先に購入しましたCDプレーヤーで、手前左が今回購入しましたマスタークロックジェネレーターです。そしてヨルマデザインのBNCケーブルです、このケーブルも千葉のIさんの...

今一度原点に戻れ

今日は、オーディオケーブルのお話しです。昨今の高級オーディオショップへ伺うと、とんでもない太さのとんでもない値段のオーディオケーブルが販売されています。そしてお金持ちなのか、オーディオケーブルに何百万円とお金を使い、良くなったと思い込んでる方がいらっしゃるとお店の方が仰っておりました。実際に伺い聞いてみると、オーディオケーブル以前のお話しでしたと話されていました。私も同感です、そしてアドバイザーの...

Esoteric K‐01Xがやっと鳴ってきた

ずっとリピートさせっぱなしで聞いて来ました、やっとエネルギーが鳴って来ました、太く再生帯域が広く上品さも兼ね備えた、素晴らしい音です。ずっと呟いて来た事が現実味を帯びて来たのです、やはりメーカーのブースで聞いただけでは駄目なのです、自分が徹底的に色々努力しないと何にも解決しないのです。メーカーのブースで聞いても諸事情により、あまり拘った鳴り方にはたどり着いてはいないのが現状です、でも昨今の景気を考...

エージング

当たり前の事ですが、エージング時間の事です、オーディオは慣らし運転が必要で、CDならば最低1時間、アナログならば季節や部屋の温度にもよりますが、鳴らしてるほど良い音になります。これが分からないようであれば、拘ったオーディオは出来ません、あとエアコンを入れたり切ったりするのも音は全く違い、特にエアコンの暖房は音質がガックリ落ちます。パソコンもいけません、パソコンを入れた瞬間オーディオの音はどっちらけ...

K‐01Xの再生能力

我が家に届いてからまる三日、つまり72時間ずっと色んなジャンルのCDをリピートさせて聞いて来ました、音は加速度的に良い方に変化致しました、そして今は話せませんが一つの答えが出ました。頭では理解していたつもりでしたが、まさかこれ程の実力だとは思っていませんでした、実に素晴らしい。上手く鳴っていないアナログならば、完全に罵倒されます、やはり優れたMCカートリッヂの音に似ています、どんな音かと言いますと...

なぜ中古品は音が薄いのか

特に六十年代、七十年代、八十年代のアンプです、そして、八十年代製造のCDプレーヤーです。経年変化でコンデンサーの容量が抜けたり、抵抗も数値が上がり、半田の劣化等が考えられます、フルレストアした方が良いと思います。アナログも劣化していますが、機械的に保存状態がしっかりしているものを運よく選べば、まだまだ現役で通用するものもたくさんあります。しかし特にCDプレーヤーは、ピックアップの出力も弱ってきてお...

EGLY OURIET MILESIME 2005

今日はオーディオとは関係のないシャンパーニュのお話しです、しばしお付き合いいただけたら幸いです。エグリ・ウーリエ ミレジメ、2005年ものです、1998年や次に葡萄のあたり年なのは2004年みたいです、今年の2015年ものはだいたい四年後になるでしょうか、良いワインやシャンパーニュが出来そうです、いくらになるでしょうか。値段もあまりかわらずでしたが、さすが貴腐ワインと言われ小さな農家で葡萄作りの畑...

ESOTERIC K‐01X

このお話は実際は土曜日の18:30からのお話しです、届きました、箱が物凄く大きくて、家内に手伝ってもらい、いったん二階までやっと運び、一人で何とか本体を引きずり出しましたが物凄く重かったですが、必死で三階のリスニングルームへ運び、ラックへ設置し繋ぎました。初めて聞いた音はか細く力ない音でしたが、それでも素質を感じました、三十分程で情報量が増えて来ました、後はもう想像していただく他はありません、幸せ...

オーディオを知るには生を知る事

生の音なんか聞いてもオーディオ装置では鳴らせない、若い頃の私は勝手にそう思っていました。しかし、優れた音を鳴らされてると評判のスーパーオーディオマニアの装置をたくさん聞いても、心に届くオーディオシステムにたどり着く事はありませんでした。では何を基準に自分のオーディオシステムを構築すれば良いのか分からなくなります、そこで千葉のIさんがずっとお話になっていた少しでも質の良いコンサートをホールの響きを含...

Esoteric K‐01Xを購入

Yカメラさんで購入しました、値引きは一切なし、定価1,450,000円そこに消費税が入り1,566,000円税込み、ポイントは156,600pですから一割引きと同じです。価格ドットコムで調べてもどこも割引なし、ならばポイント10%のYカメラが圧倒的にお得です。今までウエスタンスピリッツは、CDの音だけはあまり良く言われませんでした、どうせCDは上手くならないと馬鹿にして、中古の安いものを使っていたからです。アナログが完璧なのに...

アンプで帯域バランスは変わらない

と言おうか、オーディオはすでに完成されています。アンプの音が重いとか軽いとかそんな事は整ったシステムには皆無なのです。優れたものを繋げばオーディオはちゃんと鳴るのです、ようは古くて駄目なものを繋ぐからオーディオは、上手く鳴らないのです、中古で購入された機材はしっかりメンテナンスするか、私の様に新品に買い換えるかだと思います。少し前の事になりますが、今回も千葉のIさんに心底救われました、貴方のシステ...

総ては実験の為

今までウエスタンスピリッツは赤タモの集成材を使用して来ました、しかし、それも赤タモの集成材の音が良いからではなく、総ては価格がそこそこ安い割には音もそこそこ良いいからで、実験の為だったのです、そして最近音の良い木材が手に入りづらくなったのです。昔気質の方々がみなさん高齢になり、次々と引退してしまうからです。やはり、高価な木材は目が詰まっており音も各々に優れております、中でも桜、楓、チーク、黒檀、シ...

ケーブルを理解するには

システムがかなりの状態で整った鳴り方をしていなければなりません、良く鳴ってるシステムを更に端正に鳴らすケーブルは作れますが、良く鳴っていないシステムを上手く鳴らすケーブルは作る事が出来ません。ケーブルに癖があってはなりません、ウエスタンスピリッツのケーブルは、ひたすら付帯音のない素直な音楽信号を送り続けているにすぎません。立派なケーブルとは癖のないケーブルの事なのです、そこにはジャズ向きもクラシッ...

イシノラボさんへ発注

一度ご連絡差し上げた時はお留守で、二回目に繋がりました、家内に相談すると即オーケーで、総て購入しなさいとの事でした。しかし、ものには順序があります、先ずはプリアンプからこちらの要望をお伝えしました、次にチャンネルデバイダーで、パワーアンプも注文しようとしましたら、また来週にでも再度連絡を下さいとの事でした。来週、ツマミの配列や図面が出来上がるのでしょう。相変わらず心地よい代表者様です。さあ、いよい...

山梨のOさんの試聴

このお話は昨日の事です。以前から申し込まれていたので、ウエスタンスピリッツの試聴はこの方でとりあえず一端終了となります、昨日はご試聴中止と言っておきながら申し訳ありません。私がお付き合いしてきた中で三番目のうるさ方です。日本全国良い音あれば出向いて150件はご訪問された方です、高級オーディオをたくさん聞いてきております。今回カートリッヂも変更になり、MCヘッドアンプも乾電池式に変わり、アナログがト...

私は群の中では生きれない

私は基本一人が好きです、若い頃からあまりたくさんの人数で食事に行ったり、飲みに行ったり、旅行をするのが苦手です。要はわがままなのです、好きな時に風来坊の様にあてもなくさ迷うのが好きなのです。そのくせ寂しがり屋なのです、思った事は後先考えず話してしまうところが有ります、そして考え事をしてる事が多く、人の話があまり耳に入らないのです、っと言おうかあまり聞いてません、とはいってもオーディオのお話しだけは...

暫くの間ご試聴中止

今までたくさんのご試聴ありがとうございます、ウエスタンスピリッツは暫くのあいだ、開放していたリスニングルームのご試聴を中止とさせていただきます。理由は、新たな機材を導入して、音質改善に入る為です、今までの様に古くなった中古機材では、しっかりした鳴り方をせず、たえず何処かがおかしく帯域バランスがとれてないと判断致しました。帯域バランスが崩れたシステムに作ったケーブルを繋げても正当な答えは出なくなり、...

イシノラボ

このお話しは実際は少し前の内容です。千葉のIさんとうかがって来ました、千葉の新検見川駅が最寄り駅です、そこからタクシーでワンメーターで到着しました。アンプ作りでお忙しいのか、お部屋はあまり片付いてはおりませんでしたが、私はズバリ音を聞きに来たので関係ないです。コンセプトはしっかりしており、バッテリー駆動のアンプの音は穏やかでひたすらクリアーでした、正直レベルが違います。一般的な電源トランス式のアン...

プリ、チャンデバ、パワーアンプ

ウエスタンスピリッツのスピーカーシステムは、トータルで101dBの能率です。多分、1Wもまともに入ったら大変な音量になります、そしてエール音響のツィーターは最大入力が10Wで118dBの能率です、ドライバーはLE85なので、108dBです。そんなユニットに必要なパワーはせいぜい5Wもあればじゅうぶんと思いました。しかし低音だけはエネルギーが大きいので、50Wは欲しいと思います。何処のアンプが優れているか色々...

ジャズが鳴らない理由

最近ウエスタンスピリッツは何故かジャズが上手く鳴りません、そしてロンドンデッカ盤が濃厚に脂がのったように鳴らずでした。千葉のIさんが考えてくれてお伝え頂きました、中古で購入したNIKKOのアンプやチャンネルデバイダーのコンデンサーの容量抜けやトランスの唸りが原因との事です。私も同意見です、特に私はケーブルを作るのが生業ですので、鳴らす再生音が総てなのです、出来上がったケーブルを繋いで検証するからです。...

使った者にしか分からない

モノラルレコードの帯域バランスを整える真空管式イコライザーアンプ、今までここまで拘った商品はなかったと思います。モノラル盤の音は本当に素晴らしいです、普通のフォノイコライザーでは、カートリッヂだけモノラルにしても、絶対に上手く鳴りません、ただ針先が音溝にフィットしてモノラル針になったに過ぎません。何より演奏家も指揮者も時代が違うので、訴えてくるものが違うのです、今の様にそこそこの方がレコードに録音...

癖のないケーブル

付帯音や妙な響きが付かず、閉塞感のない爽やかな品格のある滑らかな音のケーブルが作りたかったのです。しかし何故だか私は昔からJBL4560BKを使って来たのです、ズバリデザインが好きなのです、本当はどんなスピーカーでもそれなりに上手く鳴ると今なら言えますが、そんな私を嘲笑うかのようにJBLは鳴ってくれませんでした。でも苦心惨憺36年かかりやっと本当のJBLの真実を、まだまだではありますが、鳴らす事が...

子供になっていく英ちゃん

全く言う事を聞いてくれなくなった英ちゃん、でもこれは事実、私の母なのです、そうは言っても彼女なりの思考回路があり、理由があるのです、それをこちらが理解してあげなければならないのです、それが病気と言う事なのでしょう。英ちゃんは、今年の8月頃から加速度的に壊れて来ました、アルツハイマー型の認知症とは本当に酷いものです、今の事は全く理解出来ず、過去の記憶だけで日々の生活が出来るのです。母は365日、毎日...

端正な音

本当に端正な音とは、底力があり元気があり鋭くも滑らかな鳴り方で、違和感のない音の事なのです。ウエスタンスピリッツはそこを目指して音質改善をして参りましたが、どうやら鳴ったようです。さてここまで来たら、後は物です、もう中古が嫌になりました、プリアンプ、チャンネルデバイダー、パワーアンプ三台を新品で購入する事になりそうです。今色々調べて物色中です、総てを同じメーカーで統一しなければマルチシステムは成功...

どこまで鳴らせるのか?

初めて聞いたJBL4560BKの音は、それはそれは酷い音でした、しかし私はその神秘的なフォルムに魅せられ、いつか鳴らしてみせると35年前に向き合いました。そして基準を掴もうと、良い音を鳴らしていると評判のスーパーマニア宅をたくさん訪問し、聞かせていただきました、しかし、どこに伺っても私の求める理想の鳴り方ではないのです、多分これからも。しかし、使ってる機材だけはみなさんご立派でした、どれもみなさん...

真空管式・フォノイコライザー・アンプの必要性

1954年に、RIAAにイコライザカープが統一される迄の初期LPレコードでは(後にRIAAに統一されるまでは)各レーベルによって、まちまちのイコライザーカーブでプレスされていますから、それぞれレコードレーベルに応じたイコライザカーブを用意する必要があるのです。「モーツァルト・フォノプロフェッショナル」真空管式LPイコライザーアンプは、ターンオーバー(低域補正周波数)としてFLAT、250Hz、400...