Entries

カートリッヂ

ここが駄目ならばアナログは上手く鳴りません、また一番個性を出せるところでしょう。オーディオの機材選びの中で一番経験と知識を活かしたいところです、また、たくさんの中から選ぶ楽しみもあります。私は、国内外のカートリッヂをたくさん使って来ました、特にDENONのDL‐103とOrtofonのSPUは何個お世話になったことでしょう。昔のカートリッヂは中身は金属製のシャーシですが、外側はプラスチックが多かったですが、昨今のカー...

アンプ

アンプの役割はアナログ信号やCDプレーヤー等の微細な音楽信号を、スピーカーが再生できる信号へ変換するブースターの様なものです。アンプがないとオーディオは再生出来ません、そして欲を言うならば、出来るだけ歪みやノイズがないことが条件です。そして、大きく分けると三種類あります、トランジスターと真空管式と、そしてバッテリー駆動です。トランジスターアンプは技術の進歩で、ノイズが少なく広い帯域を再生出来てパワ...

アナログキャビネット

ターンテーブルやトーンアームを載せるとても大切なアイテムだと思います。いくら優れたターンテーブルやトーンアームを使っていても、キャビネットがよろしくないと、結局良い音は鳴らせません。私は若い頃、今と同じTechnics SP‐10MKⅡを使っていた事がありましたが、合板で作っていただいた別注のキャビネットも、レッドコンソール(大阪ケーブル)も良い音しませんでした。その時はもうTechnics SH‐10B3は生産中止で、在庫も...

ラック編

総ての機材を設置するとても大切なのがオーディオラックです。オーディオラックにキャスターを付けてはいけません、付いてる場合、外した方が格段に音質は向上致します、強いて言えば静かな底力のある音になるのです。キャスターを見てみると分かりますが、安っぽくグラグラでエネルギーロスの巣窟です。私も以前スピーカーの下に、利便性を狙い付けておりましたが、階下に低音が漏れる割には低い低音が出ないのです、外して杉の角...

スピーカーやラックや機材下の振動対策

初めて千葉のIさんから聞いた時は全く納得出来ませんでした、Iさんはこう話されました「総ての機材の下に分厚く板を敷くと音が落ち着いて自分好みになった」との事でした。それからIさんはどんどん板を敷いていきました、何をやっているんだろうかと思って静観してました。しかし、私も自宅が建ち、マイルームが出来て、相変わらずスピーカーやラックの下にもキャスターを付けて聞いていました。ある日、ここは三階なのに一階で...

低磁束ノイズカットトランス編

なんと言っても一番肝心なのは電源、その名のとおり電気の源です。ウエスタンスピリッツのオーディオルームの電源は、オーディオの所だけは、家電と完全に分離させて単独化させてあります。200V30Aが六つ、100Vが八つ、総ては単独回路になってます。なので、たくさんの機材一台一台単独の低磁束ノイズカットトランスを繋ぐ事が出来るのです。個人的に、ノイズをとるためにノイズカットトランスを繋いでいる訳ではなく、ノ...

ターンテーブル編

あくまでも主観で語ります。ターンテーブルを語るには、まず色々な駆動方式を理解しなければなりません。ターンテーブルの役割は、正確に滑らかな回転をする事です。そしてセンタースピンドルの下にある軸受けにゴロがないことです、そこには駆動の仕方が絡んで来ます。次に慣性モーメントと合わせ、重さでスピーカーからの音圧に強いのもメリットの一つです。以前マイクロの5000番を糸やベルトドライブで使っていたことがあり...

異次元オーディオ構築の為に

前回は、去年から色々買い揃えた機材や、リスニングルーム等を含め、ウエスタンスピリッツのコンセプトをお伝え致しました。オーディオは、機材のスペックだけを競うものではありません、また私のようにマルチにしたからと言って、それが究極な訳ではありません。マルチにすると、ネットワークと違い、カットオフ周波数やレベル調整が合わせやすくなります、しかし特性が裸になるため位相合わせがシビアになります、ユニット各々の...

方向転換

今ウエスタンスピリッツは、スピーカーを除いた機材を、ハイエンドの方向に切り替える為、ご試聴を控えさせていただいております、初夏の頃にはエージングも含め総て揃い整ってると思います。下地がほぼ出来上がった為、新たにチャンネルデバイダー、パワーアンプ三台、プリアンプを信頼のおける方に特注依頼している最中です、先ずは経年変化でレベル調整のボリュームが接触不良を起こし駄目になったチャンネルデバイダーから依頼...

両親の事

今日はオーディオのお話しではなく、最近頻繁に話に登場しております私の大切な両親のお話しです。父はここ一年でめっきり体が弱って来ました、10年ほど前に大腸癌と肝臓癌の手術をしております、父の体にはその時の手術の跡がクッキリと残っております、見ると痛々しいです。それから再発はなく、経過も良く、月に一度は総合病院へ検査に通っていました、そして煙草はやめていましたが、毎晩少しのお酒を飲んでいました、私は心...

名機JBL LE85

個人的に1インチドライバーが付帯音が少なく好みです、私のLE85は、ダイアフラムをUSAのRADIANに交換していますから、もうLE85とは言わないのかも知れませんが。しかし優れている筈のこのドライバーは、じゃじゃ馬でなかなか上手く鳴らす事が出来ませんでした、こちらが鳴らせないだけなのです。上手く鳴らせたのは、使ってから三十年たった去年の夏くらいからです。そのドライバーにコーラルのAH‐500を取...

輝ちゃん退院

父はめでたく昨日、退院となりました、ナースステーションへお礼の挨拶に行くと、看護師さん全員が出てきてくれ父の退院を喜んでくれました。いつもそうですが、この時、父がいかに人気ものだったのか、人間的な大きなスケールを感じるのです、スタッフの皆さん、先生大変お世話になりました、ありがとうございました。そして、家内と三人でお約束のハンバーグを食べに行きました、もう殆ど歩けないので、家内に階段のないお店をリ...

色々な方向からオーディオを見つめる

オーディオはなかなか思ったように鳴りません、ある程度迄は有名なブランド品を購入すれば、確かに誰でもそこそこのレベルに達する事は可能です、しかしそれではそこそこ程度です。でもこのblogはそんな低い内容を呟いてる訳ではないのです、私は高級オーディオのアドバイザーをまだ景気の良い最高の時にしていました。その頃のお話です。かなり著名な方のオーディオシステムもたくさん販売し、取り付けに伺いました、しかし何処に...

オーディオは基本が大切

当たり前ですが、先ず出来る限りしっかりした優れた機材を使う事です。そして何時も機材や接点をクリーンにしておくことです。セッティングも非常に大切な項目の一つです、位相の問題があるからで、位相がずれると帯域バランスが崩れ結局はエネルギーロスに繋がります。帯域バランスもレベル調整も上手くバランスがとれていない時は、常にエネルギーロスになっている状態と言えます。何をやったらどう変わったかは確かに大切な事な...

色々分かってきた

オーディオは本当に広く深いです、過去の私は、使いこなしで出来るだけお金を使わずに音を良くしようとしていました。その努力も今のいしずえとなり無駄にはなっていませんが、しかし、そのままではかなり年数の経った機材を使ってきたので、経年変化で常に何処かがおかしかったのです。考え方はこうでした「古いものは名機で現代のハイエンドの音は駄目だ」昔聞いた体験がそのまま思考になってしまったのです。そしてそれら名機は...

イグレック シャトー・ディケム

今日はオーディオとは関係のない家内と私が大好きなワインのお話しです、夫婦で色々楽しんでおります、暫しお付き合いいただけますか?とある方にワインを色々飲むならば、食後に飲まれるシャトー・ディケムを飲んでおいて欲しい、甘いけれどとにかく美味しいからと。それを購入しに行ったのです、そうすると少し色の薄いシャトー・ディケムもあったのです、そしてシャトー・ディケムもハーフボトルで冷やしたのがあったのです。冷...

ロードレーサー

私は個人的にイタリア車のデ・ローザのネオ プリマト(クロモリフレーム)が少し重めですが好きです、長い時間19Cの空気圧の高い細いタイヤで走っても、あまり疲れないのです、多分フレームが私に合っているのだと思います。十五年ほど前に世田谷の経堂に住んでいた頃、毎日100㎞は走っていました、走ってる時、必ず一分間に90回転のケイデンスを守っていました。重いギアをかけて走っていると、膝に負担がかかり足がパン...

Technics SP‐10MKⅡ

部屋が暗くキャビネットが上手く写りませんでした。今でも世界的に有名で、日本のターンテーブルの名機と言えるでしょう、イギリスのBBC放送局もガラードからSP‐10MKⅡに変更されたのは紛れもない事実です。電源部が分かれており軸受けが強く、回転が正確でトルクが強く僅か0.25秒で定速になり、33、45、78回転の再生が可能です。このターンテーブルはオリジナルのラバーマットでなく、SAEC(サエク)の特殊硬金のターンテーブ...

高音の調整で低音も変わる

総ては上手く調整出来たらのお話しです。分かり易く言えば、ツィーターのレベル調整で低音も中音も変わりますが、特に低音が引き締まり音像が小さくなり軽く伸びやかに変わるのです、また逆に低音が上手く鳴らせたら、ツィーターの鳴り方も変わる事になります、当然ドライバーの音も上下の帯域に影響します、だから難しいのです。「何を馬鹿な事を言ってる」そう思う方もたくさんいらっしゃると思います、でも総ては帯域バランスな...

慣らし(エージング)

新たに作ったものや、購入したばかりのものは初めから良い音はしないものです、総てを新品で購入され意図した鳴り方になるまでに、調整を含め一ヶ月から半年はかかると心得て下さい。新居でも車やバイクでも同じ事なのです。新しい製品は精度は出ているのでしょうが、遊びが全くなくガチガチと話したら良いのでしょうか。内部に使われている電子部品も配線も、電気を通されてないので、なかなか馴染まないのです、だからと言って結...

MCカートリッヂ

このblogはあくまでも主観です、個人的にどうしても、高域が頭の上を撫でる様な鳴り方をするMMカートリッヂ(特にシュアー)の音に馴染めません。とは言っても総てのMMカートリッヂがこの様な鳴り方をするわけではありません、中にはADCの様に立派な優れ物もあります。音も薄く明るく感じます、それをMMカートリッヂファンの方は好きなのだと思いますが。一関に君臨しますジャズ喫茶ベイシーは、シュアーのMMカートリッヂ...

ボケてるPart2

オーディオは何処か一ヶ所がボケてる(エネルギーロス)と総てがボケて聞こえるもの、しかし、何処がどの様に悪いのかなかなか見当がつかない。そんな経験はないでしょうか?今回私は、何処が駄目だったのか分かる迄に約一ヶ月かかった事になります、これではプロ失格?そうではないのです、この際、成功に辿り着く迄のプロセスとしておきましょう。私は初め、新たに購入した、キャロット ワンのノイズが出た為、そのせいだろうと...

値段なりのもの

ウエスタンスピリッツは、一部ハイエンドへ移行です、写真にありますESOTERICのCDプレーヤーK‐01Xと、マスタークロックジェネレーター(ルビジューム動作)G‐01は最高のコンビです。私の今までの人生の中で、戸建ての次に高額な買い物でした、新車が買える金額ですが、家内と仕事を最優先にして話し合い、現金でこちらを購入しました。色々なところから様々な情報が入る様になり、初めは否定的だった私も、さすがにハイエンドを...

今入院中の輝ちゃん

相変わらず、看護師に悪態ばかりついて病院スタッフを困らせている不良患者になってるみたいです。確かに、何かあったら入院してる間は、総て病院側の責任になるので自由はありません、父はそれをがんじがらめと言い、面白くないのです。「親父よ、病院は病気を改善するところで、居心地の良いホテルじゃねぇーんだよっ」暇なのは分かりますが、おとなしくしてないと、また早く出されてしまいますよ。顔色もけっして良いとは言えな...

長岡鉄男推薦のソフト

私は昔、正直汗臭くてあまり好きではありませんでした、しかし最近になって優れたレコードを収集するようになり、先生の推薦するレコード総てが優れている事に気が付きました。優れたレコードを聞き分ける耳をお持ちと言う事は、音楽と音を極めていらっしゃってたのでは、と思う様になったのです。間違いないと思います。私のオーディオのやり方が、その長岡先生に似ていると話されたお客様が一人だけいらっしゃるのです、でも私は...

チャンネルデバイダーが接触不良を起こした

作られて何年経ったのでしょうか?この事を予言したのは家内でした。一ヶ月程前の事でした、夜リスニングルームで音楽を聴きながら食事をしていた時の事です。「ひょっとしてチャンネルデバイダーもボケてる?」と私に聞いて来たのです。言われてみれば、高音が少し明るくうるさいのに気が付きました。その時はツィーターやドライバーのアッテネーターを何度も回すとおさまっていたのですが、最近はいくら回しても良くなる事はなく...

良かったね英ちゃん

今日はオーディオのお話でなく母のお話です、暫しお付き合い下さい。母の入れ歯は総入れ歯ではなかった為、大変だったのです、三ヶ所留めていた入れ歯を二ヶ所留めるだけにして頂いたのです、つまり外しやすく入れやすくして頂いたのです、少し高額でした。その入れ歯を入れてから二ヶ月、やっと安定し、習慣だった入れ歯を入れるときに噛み込み装着する癖がなくなったので、完成となり昨日歯医者が終わりました。母はスッキリした...

ボケている

自分のシステムや音にプライドを持っているのが普通だと思います、でも私は少し違うのです、何故かと申しますと、真剣に真実だけを知り色々書きたいたいからです。オーディオケーブルの作り手がボケたシステムを使っていたらどうでしょう、でも私は良いことも悪い所も正直にお伝えしたいのです。今まで中古品を使って来たので、メンテナンスしながら使ってきたのですが、その機材達にそろそろ寿命が来たのです。今よりもシステムが...

結局帯域バランスが大切

特にスピーカーです、フルレンジやメーカーの完成品ならば、経年変化以外はあまり問題はありません。広い帯域を鳴らそうとユニットを増やし各々に決まった帯域を持たせバランスをとり密度の濃い再生音を狙う、各々のユニットは性格や能率が違います。そして、ネットワークやチャンネルデバイダーで、カットオフ周波数やクロスのdBや、ユニットの能率を合わせます。メーカーが測定した能率を信じて合わせるのが一般的なのですが、ユ...

Appendix

プロフィール

wespirits

Author:wespirits
WESTERN SPIRITSのつぶやきへようこそ!

WESTERN SPIRITSホームページ

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR