Entries

縛りのない音

押し付けがましくない音の事です、私はJBLの愛好家ですが、以前の音は「どうだ聞いてみろ」こんな感じの音でした。


ギラギラしていて、その強烈な音に耳を縛られ、何かをやりながら聞いてる事は出来ませんでした。


歪み感ありありだったのだと思います、鳴りきらないスピーカーにパワーを入れて無理やり鳴らしていた、そんな感じでした、低音はコンクリートの床を震わせ椅子からお尻に伝わっていました、鳴っていないスピーカーとはこんなものです、つまり付帯音だらけでした。


今は隣の人と普通に話が出来ますし、本を読みながら聞けます、つまり聞こうと思えば、端正に鳴っているのでしっかり聞ける、聞き流そうと思えば聞きながす事が出来る、これが理想ではないでしょうか。


あからさまに圧倒的に鳴っていると思うような音はいけません、さりげなく自然であるべしです。


無理やり聞かされてるような鳴り方は、まだ鳴っていない証拠です。




ほぐれた音

オーディオで特に難しいのは、一斉に鳴った楽器がしっかり分離しながらも、その鳴り方が自然でなければならないことです。


そのように鳴らそうと、自己満足で有り得ない帯域バランスになることがあります。


私もそうでしたが、その有り得ない帯域バランスをこちらが正解と勘違いして、その方向に進んでしまう事です。


その時は、思考がそちらの世界へ行ってしまってるので、第三者からの指摘があるまで気がつかないものです。


だからオーディオは一人では出来ないのです。


音の分離はもともとソフトに入っているのです、それをそのまま鳴らせば良いだけなのですが、それが難しいのです。


音は好みに作るのでなく、そのままに鳴らすこれがオーディオなのです。


音がオーディオシステムに縛られてはいけません。




神秘的

最近ウエスタンスピリッツオーディオシステムは、とても神秘的な鳴り方をするようになって来ました。


やはり止めずにリピートして、鳴らして来た証だと思います。


どう神秘的なのか?これはなかなか文章に出来ません、あえて話すなら、音はオーディオから鳴っているのですが、もうスピーカーからは聞こえない、と言ったらわかりやすいと思います。


特に高音が、まるで岩の壁の隙間から染み出て来るような、不思議な感覚なのです。


録音されたその場の香りや雰囲気、楽器の形まで分かる気がするのです。


奏者や歌ってる人が 立っているのか座っているのか、そんなものまで見えるような気がするのです、足は床や地についています。


自分で話すのも変ですが、ここに来るまでに、コンサートへ行ったり、楽器とはどんなものでどの様な作りでどの様な響き方をするのか。


どの様に聞いた人の耳に届くのか、そして、人はそれらをどの様に捉えているのか、いっしょくたには出来ませんが、考え体験して来ました。


音楽とはどの様なものなのか、人は何故音楽を欲するのか、そして、人はオーディオに何を求めているのか。


これらをひたすら考えて来ました、そしておぼろげながらも何となく答えが出たような気がします。


だからこの音の変化に気がついたのだと思います、気がついてオーディオをさわるのと、気がつかないでオーディオをさわるのとは全く意味が違うのです。


直感や感や勢いだけでオーディオは出来ません、また理論だけでもオーディオは出来ません。


優れた機材を使っただけで音が良くなる事はありません。


やはり類い希なセンスも必要になる厳しい世界なのです。


それらを電気的やメカの振動や、数多くある接点を部品の品位も含め音にして、音楽を鳴らす、これがオーディオなのです。


ですから生と少し違いオーディオは時に、神秘的に聞こえるのだと思います。




オーベルジュ・フォンテーヌブロー熱海


左手の平の痺れが未だ治りません、脳が心配だったので、一月にMRIの検査を受けました。


結果は全く問題なしとの事、過去に脳梗塞などになった後も全くなし、母が認知症なので、そちらの検査結果も全く問題なしでした。


では何なのだろうか?と考えていましたが、素人が考えても仕方がありません。


今は、ゆっくりリハビリするしかないようです、家内がフレンチレストランの宿に個室露天風呂の付いた部屋を探し、予約してくれたのです。


諭吉は少し出て行きますが、写真でみるかぎりなかなかの景色で、露天風呂と料理も評判のようです。


しかし、最近関東は春めいて来たのに、昨日は気温が低く、しかも曇り時々雨の予報に変わってしまいました。


天気ばかりは仕方がありません、フレンチを食べて、好きなシャンパーニュでも飲んで、露天風呂に入れば気分も少しは和らぐでしょう。


熱海へ一拍で行って来ました、かなり有名なレストランみたいです。


お昼は伊豆高原ステンドグラス美術館の中のカフェで、アマトリチャーナと言うパスタを食べましたが、私は美味しいと思いました。


宿までは雨が強かったり風が強く吹いたり、実にひどい天気でした。


客室露天風呂も景色も部屋も良かったです、ただ一つ残念だったのは、その露天風呂で雨が降ってるのに雨をよける天井がなかった事です、この景色を天気のいい日に見る事が出来たならさぞや素敵だったでしょう。


宿の方の夜に雨はあがるとの言葉を信じ、夕食までビールを飲んで待つことにしました。


夕食は、季節の香りをふんだんに感じる事が出来て、とても美味しかったですが、我々老夫婦には少し多かったです、伺ってみると、少なめのライトコースもあり、その内容はお肉か魚をチョイス出来るようです。


まあ、我々が大好きなシャンパーニュ
ボランジェ・スペシャルキュベを二本も飲んでしまったからでしょうが…(笑)


お部屋もお部屋からの眺めもお部屋の露天風呂もそのお湯も景色も最高でした。


因みに、予約はリラックスと言うサイトを利用しました。


おかげでいつも上質な旅が出来ております。


是非また来たいです、しかし食べログで文句ばかり言ってる人達は、いったい何が気に入らないんでしょうか?さっぱり分かりません。


分からないのなら書かなければ良いのに。





行ってきます

せっかくのドライブなのに、今日だけ雨で寒い、昨日までのポカポカ陽気は何だったの?どう言うこっちゃあー!!


でもとある所を予約してしまったので、気を取り直し、行ってきます。