Entries

CHAMPAGNE

シャンパーニュに魅力を感じ、値段イコール味だと、たくさんの方から聞き、有名どころや隠れた知る人ぞ知るシャンパーニュを色々飲んでみて思います。


確かにKRUGのビンテージ1996年81000円は、私は美味しいと思いましたが、家内は好みではなかったようです。


この事から色々分かりました、必ずしも高いから美味しい訳ではなく、好みが別れるのです。


驚いたのはガティノワのノンビンテージのロゼ8000円でした、このシャンパーニュは普通のロゼファンにはうけないと思います。


甘さや柔らかさがなく切れのいい普通のシャンパーニュのようなものだったからです。


我々夫婦にはクリッュグより好みだったのです、しょっちゅう飲む私達にはこの値段も助かります、十本買ってもクリッュグのビンテージ一本より安いのです。


その他にも我々夫婦の好みは今のところ、エグリ・ウーリエ が一番であり、アンリ・ジローが二番目、ジャック・セロスが三番目です。


四番手に来るのがゴセ・ブラバン ナチュレであり、アグラパールの7クリュ(フランス読みでセットクリュ)であり、少し落ちますがボランジェあたりです。


しかし、好みが別れますので我々夫婦が好んで飲むシャンパーニュは一般的ではないと思います。


切れやコクや濃さを求める方には正にぴったりだと思いますが、色々飲んで探すのも面白いとは思いますが、やはり浮気をしないで、信頼のおけるソムリエさんのいらっしゃるお店に何度も通い、好みを伝え教えてもらう方がいいと思います。


今年のように暑い夏はツール・ド・フランス(世界で最大級の自転車のロードレース)を観ながら飲むシャンパーニュは最高です。


私にとってシャンパーニュもツール・ド・フランスも人生そのものに感じるのです。


是非お試しあれ!






レコード

私はアナログ党です、そしてレコードを大切にしています。


古い考え方なのでしょうが、昔LPレコードはとても高価なものでした、私の年代での価値ですが、今で言う一枚1万円位の価値だったのではないでしょうか、中学生のお小遣いは千円から三千円、その当時LPレコードは一枚二千五百円から二千八百円でした。


なので一枚買ってもらったレコードは、何年も擦り切れるまで大切に聞いたものです。


そしてCDの出現によってアナログは衰退の一途を辿りました。


それでもネットオークションや中古レコード屋さんが出現して来たのですが、一時を境にいい品が減って来た気がします。


レコードとCDは全く別物と私は考えています、それは我々の年代が特別に考える事なのかもしれません。


アナログとは言いません、LPレコードよ永遠なれ。






時には大切なものを失ってでも

人生でも仕事でも、そしてオーディオでも良いとこどりだけは出来ません、時に大切な何かを捨てなければならない時があります。


私の場合それは、ノイズカットトランスです、ノイズカットトランスを繋がない音は確かにクリアーです、しかし薄く、心にグッと来るような芸術的な音には感じない、これでは納得いきません。


鮮度をとるか、芸術をとるか悩みましたが、長く聞いていられるのは芸術的な鳴り方の方だったので、鮮度を落としてでもノイズカットトランスが必要と思いました。


違和感があるとつまらないので長く聞いてることが苦痛になります、これではいくら鮮度があっても明るすぎてうるさいのです。


ウエスタンスピリッツの音はトランスを繋ぎ成功しました。


何度繋げたり外したりしてみても長く音楽再生を楽しむ事が出来るのは、ノイズカットトランスを繋いだ方です。


私の場合ノイズカットトランスは、ノイズを減らしたいのもありますがそうではなく、ノイズカットトランスを繋いだ音が好きだからです。


LCネットワークもそうだと思います、JBLなど特殊なユニット構成ならば、マルチシステムより音がいい場合があります。


しかし、そこに至るまで鳴らすために何をしたのかが問題です。


何事も下地がしっかりしてなくてはいけません。


私はノイズを減らす為だけでなく、時に鮮度を多少失ってでもノイズカットトランスを繋いだ音が必要なのです。


しかし、総てのシステムにノイズカットトランスを繋いでも、ウエスタンスピリッツのような芸術的な鳴り方になるとは限りません。


オーディオとは答えがなく、難しいのです。






三位一体

総てが絶妙に合わさって鳴るのがオーディオです、深く追求していくと料理と音作りは似たようなものを感じます。


料理の味付けの基本は、さ、し、す、せ、そ、と言われます、甘い味けから先に決めていきます。


料理は足し算は出来ますが、引き算は出来ません、つまり順序が大切です。


オーディオもそうです、私はカットアンドトライを繰り返し、消去法で音質改善してきました。


つまり余計なものを取り去り、シンプルにしっかりさせてきました。


しかしスピーカーやラックや機材に敷く板は増やしました、震動を質量で断ち切る為と、木材の素敵な音を追加したいと感じたからです。


私の場合、板を沢山敷くのは成功しましたが、誰もが成功する訳ではないと思うようになったのです。


部屋の広さも、聞くリスニングポジションも、システムも違うからです、私はこれが最高とは言えません、オーディオで飯を食ってるからです。


時に私と違うやり方で結果を出してる方もいると思います。


私はオーディオが生業なので、間違えた情報をお伝えする訳にいきません、自分がやった事だけを伝える事にしています。


同じやり方でも形や質量によって全く違う答えになる事を知ったからです。


しかし帯域バランスだけは聞いて一瞬で分かります、長く聞いていても答えは変わりません。


これがウエスタンスピリッツの判断基準です、全体的な帯域バランスがどの様になっているのかです。


整っていたら素敵な低い低音は鳴っています(実際はほぼ全滅)、何を使っているかもとても大切な事ですが、やはりトータルの帯域バランスが一番大切です。


しかし、その帯域バランスを正確に掴む為には、生の音に接し素直な思考で聞いて理解しなければならないのです。


オーディオは料理の隠し味のような要素も絡み、勘も必要になり、とても難しいのです。


再生芸術だからです。





エレアコを買った

moblog_62778de9.jpg
moblog_b3ded5e7.jpg
近くのショッピングモールへ行った時の事、たまたまネギを買い忘れたので、喫煙所で煙草を吸って売り場に戻ろうと歩いていたら楽器屋さんがあった、入ってみると一つのギターが目にとまり一目惚れしました。


エピフォンで金額は四万でソフトケースを付けてくれるとの事、家内に相談すると「必要なら買ったら」即決でした。


説明を聞いてみるとエレアコ(アコースティックギターとしても使え、アンプに繋いでも使える)との事、音もしっかりしており、気に入って購入しました。


家に帰り弾いてみると全く弾けなくなっていました。


気がついてみると、約四十年弾いてなかったのです、それにしても四十年とはあれだけ好きで弾いていたものが、全く弾けなくなる年月なんだなと思いました。


とにかくコードが押さえられないのです、指も痛くて仕方ありません、最近左手の指が全部痺れていて、そのリハビリにいいかもしれないと思い、購入したのですが、まさかここまで弾けなくなっていたとは。


ギターも自転車のようなものと思っていました、何年経っても一度乗れたら直ぐに乗れるのは自転車なのです。


しかしギターは全く違いました。


折角買ったのだから真面目に練習したいと思います、指のリハビリも含めて。







Appendix

プロフィール

wespirits

Author:wespirits
WESTERN SPIRITSのつぶやきへようこそ!

WESTERN SPIRITSホームページ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR