Entries

日々の積み重ね

音に拘り、周りを見渡しながら徹底的に改善してゆく、これがウエスタンスピリッツです。


はじめからは出来ませんが、色々経験を積んでいくうちに、新たに行った音質改善の方向が合っているのか間違えているのか、それが前後関係と合わせて分かるようになって来るものです。


位相の管理、電源周りの整備、アースの取り方、トーンアームの微調整、ケーブルが絡む接点の清掃、機材本体や設置されてるラックの清掃、そして何故、思ったように鳴らないのか、次は何をしようかを常に考えてる事が大切です。


これら一つ一つを妥協なく丁寧に行って行くのがオーディオなのです、自分はお金をかけていいものを使っているから大丈夫。


これでは間違いなく思い描いたようには鳴ってる筈がありません。


なんで鳴らないのか、なんで上手く鳴るのか、これには絶対的な答えがあるのです。


ウエスタンスピリッツが理想とする鳴り方とは、明らかにオーディオが鳴っていると感じない鳴り方です、つまり違和感のない音です。


オーディオが鳴ってる違和感はなく、あたかもコンサートを聞いてるが如く、新鮮で、開放的で、滑らか柔らかで、エッヂがきいていて、穏やかである事です。


そしてあまり買い替えをせず、現状のシステムを思い描いた及第点まで鳴らしてみる事です。私はそうでした、それからレベルアップしてゆくと、新たな機材の素晴らしさが分かるでしょう。


私はエソテリックのハイエンドを二年前に導入しました、中古で揃え使っていた機材に限界を感じたからです。


そしてメーカーの方に色々聞いてみると、三百円以上の部品を使ってはいけないとか、色々妙な制限のあることが分かって来ました、これだから知ってる方はもっと精度のある音のいい部品を探し、部品取り替えや専門的な改造に走るのでしょうが、余程知識がないと失敗するのは目に見えています。


私のようにアナログプレーヤーのターンテーブルやトランス周りを外し、新たなキャビネットに総てを載せ替えた時は効果てきめんでした。


メーカー製の59800円クラスは、販売戦争の果てのコストダウンの為の貧弱なキャビネットだったので、そのキャビネットから外し、新たなキャビネットに載せ替えた為、成功に繋がったのです、そしてキャビネットに留めてあった電源トランスを少し離れた所に隔離してしっかりした木製の角材に留めると、太く静かな音になりました。


なんだか分からないけどやってみたら良かった、これでは駄目なのです、行う前に充分な理論と経験を経た感覚で、成功を思い描かなければなりません。


それでも天地がひっくり返る程の想像を超えた結果になるのです。


「まあ今回はこの程度でいいや、本当はもっとこうしたら良くなる」ではなく後から更に手を入れるなどして、精度を上げていく努力も必要になりますし、自分でやり遂げた自信にも繋がります。


私はそこを通り抜け自信をつけたのです。


しかし、改造は時によく分かってないと、動作していたものまでジャンクにしてしまう事さえあります。


よく考えろとはこの失敗をして欲しくないからです、私はやりすぎて今までに、何台の大切な機材をお釈迦にした事でしょう。


今はもう壊れたものを直す以外は改造はしません、人の作ったものに後出しじゃんけんのような事をしたくないからです、しかし時にかなりのレベルアップに繋がります。


オーディオは一つ一つを丁寧に間違いなく管理して、妥協なく音質改善してゆくのがいいと思います。


音は作るのでなく、メカも含め正常に動作させる為にお膳立てしていくものだと思います。


オーディオで一番大切なのは電源だと思います、しっかりさせたいですね。





とりあえず冷やせ

昔、父から教わりました、当時は病院も同じ治療をしていました、歯を抜いた後や、打ち身や捻挫で痛いとき、とにかく冷やせと言われやっていました。


しかし冷やすと逆に痛くなることの方が多いのです。


今は昔の常識がひっくり返っています、歯を抜いた後、冷やすと炎症を抑えられると思いきや、血液の流れが悪くなり、傷の治りが遅くなると言われています。


骨が折れたなどの症状は熱と共に痛みが出るので、冷やす事もあるそうですが、筋肉痛の場合、痛み止めやマッサージや患部を温める治療が効きます。


肩や首背中や腰や膝など痛みは千差万別です、感じ方と話した方がいいかもしれません。


症状によって治療は違います、なので「とりあえず冷やせ」これは一概に言えません。


冷やしていいのは火傷の時です、患部を素早く冷やす事で皮下組織まで熱が届くのを防ぐ事が出来るのです。


私はよく半田ゴテで火傷をしますが、必ずそばに氷水を用意しておきます、かなりの火傷でも直ぐに冷やす事で、水ぶくれは出来ますが直ぐに治りますし、次の日には痛みもなく、普通に仕事も出来ます、これは私だけでしょうか。


「とりあえず冷やせ」これは火傷の時にはとても有効ですが、訳の分からない痛みには通用しません。


そして最近私の首から肩にかけての鈍い痛み、じっとしていても痛いのです。


この原因かも知れない出来事が昔あったのです、ロードレーサー「自転車」に乗っていた時の事、神田神保町の交差点で信号待ちの車の左横をすり抜けていました。


急に左の助手席側のドアが開き、気がつくと本当に目の前、どうにもなりませんでした、そのまま右肩を強打し転倒しました、しかも交番の真ん前、お巡りさんは走って来ました。


助手席の女性へ「今総てを見ていました自転車の方に落ち度は有りません」と言っていました、その場から直ぐに救急車で病院へ行き、検査してもらい帰って来ましたが、ヘルメットをかぶっていたせいか、頭や骨に異常はなく大きな外傷もないと言われ帰って来ましたが。


余りに痛いので暫く整形外科に通っていたのですが、あまり治療の効果がなく、示談書にサインしたのです。


それからは大した痛みもなく暮らしていたのですが、一昨年あたりから痛みがたまに出て来て、とうとう今月初めに激痛になり、いつもお世話になっている整骨院へ通っています。


院長は冷やさない方がいいです。筋肉ですから、筋肉痛は温めるのが普通で、骨ばかり看てる整形外科では、まず痛みの原因は分からないでしょうとの事でした。


とりあえず冷やさなくて良かったです。





ボリューム

音を大きくすると、付帯音や余計な響きを感じやすくなるため、高音や低音が鳴っていると感じやすくなるため、聞きやすくなったと勘違いするのですが、それは少し違うと思います。


ようは大きな音量になれてしまっているのです、小さな音量でもしっかり満足出来る耳も鍛え、そんなシステムを目指したいと思います。


それと加齢的なものからくる症状で、鼓膜が固くなり低音や高音が聞こえづらい等も考えられますが、ナイーブな内容になるので、このさい省かせていただきます。


夜に語り合いながら、蚊の泣くような小さな音で聞く楽しみ方もあります、家内はこちらの方向のようです。


そんな小さな音量でも、システムがしっかりすると、総てがはっきりと聞き取れます、機材がまともに動作してるため情報量が埋もれないからだと思います。


オーディオは所詮、再生芸術です、音は大きくし過ぎると近所迷惑にもなりますし、うるさくなるものです。


音楽は楽しいものですが、ジャンルによっては嫌がる方もいらっしゃるのです、ですから苦情になるのです。


小さな音量でもうまくなるようにシステムをまともな帯域バランスにしましょう。





ソフトに入ってる情報量

かなり膨大な量なのです、私はあちこち良い音を鳴らされてる方がいると聞くと連絡をとり、聞かせていただきました。


そこそこの音を鳴らされてる方には、みなさん共通した考えがあることに気がつきました。


音は作るのでなく、機材をまともに動作させる事、その為にはスピーカーからの振動を機材に伝わりづらくさせる事、これがそこそこ鳴らされてる方々の共通点です。


私もそうなのですがやり方は様々です、金属(スチール)のマウントラックを特注で作ったり、コンクリートブロックと板を重ねてラックを組み立てていく作り方です、これは私も以前やってみました。


共通してるのは圧倒的な質量を稼いでいる事です、質量でスピーカーからの振動を跳ね返すと言う発想です。


しかし聞かせていただくと、残念ながら思った程の変化ではないのです、私は人からの情報で選ばれたる木材を、スピーカーの下に敷く事から始めました。


先ずはスピーカーの下に付けていたキャスターを外し、床にベタに赤タモ(ニレ)の集成材3センチの厚さを三枚張り合わせ(合計で厚さ9センチで総重量約80キロ)敷いてみました、あくまで私の方法です。


私のシステムでは、効果はてきめんです、そして敷いた板とスピーカーの底面の間に、1センチの固いキューブを敷いて浮かせました。


この意味は、素早く下の板に余計な振動をせずに素早く振動を下の質量の大きな板に逃がす為と、スピーカーの底板は、素敵な重低音を鳴らします、その素敵な重低音を聞きたかったからです。


そしてラックは先ず床にベタに低反発タイプのバスマットを敷き、その上に先ほどと同じに作った赤タモの板を敷きました、ラックを乗せる前にやはりラックの下に付いていたキャスターを総て外しました。


それでもパワーアンプのトランスの唸りは止まらないので、プリやアナログやCDに影響すると気がつき、巨大な木製マルチラックを作り、パワーアンプ三台とチャンネルデバイダーを隔離させたのです。


音はクリアーになり穏やかになり感動的で、効果はてきめんでした、それまでは明らかにスピーカーが鳴っていると言う鳴り方でしたが、今ではソフトの膨大な情報量を取り出せてる気が致します。


マルチラックには釘もネジも一本も使っていません、木工ボンドのみです、木工ボンドの音は付きますが、釘や木ねじの音が付くよりましです。


これも良い音を鳴らす条件の一つです。


私は金属を否定してる訳ではありません、実際総ての機材は金属の集合体です、金属なしでオーディオを作る事は出来ません。


ただウエスタンスピリッツでは、ラックやスピーカーを支えるものは、木材が優れていると言いたいだけなのです。


オーディオは結果オーライで、良くなればオーケーなのです。





久し振りで古巣へ

以前ウエスタンスピリッツがあった所沢のウエスタンラボへ、一緒に行動を共にしてくれた先輩と伺って来ました。


相変わらず凄い在庫の数でした、流石、日本のビンテージオーディオショップトップのウエスタンラボです。


ウエスタンはもとより、マランツ、マッキントッシュの真空管アンプや、メンテナンスの為の真空管やトランスなど、ここでしか揃わないものばかり。


いつも溜め息がでます、ある意味クレージーな天才肌の社長さんですが、人間的な魅力があるのです。


そして店内をつぶさに見ているとそのトランスの数に驚きます、その時代によってウエスタンが鳴らしたかった音質が分かります、なぜなら私はほぼ自分で使って来たからです。


社長さんとのお話で最近はウエスタンの線が売れていてアクロリンクなど(高級品)はあまり売れなくなってきたとの事「うーん違うんだけどな」私はそう思います、社長さんも私と同じ考えのようです。


そしてウエスタンラボを後にして先輩のお宅へ行きました、そして同じスピーカーを聞かせていただきました、ほとんどが私の家から行ったものですので、似たような音かとおもいましたが、全く違う音になっていました。


以前使っていたパイオニアのチャンネルデバイダーなので調整はお手のもの、まあまあ、まとめて来ましたが、まだまだ慣らし不足ですので、そこは時間が解決してゆく事でしょう。


いつか私と同じイシノラボのマルチシステムが欲しいと先輩は話していました。


先輩、ウエスタンラボさん本日はお邪魔致しました、ありがとうございます、楽しかったです。





Appendix

プロフィール

wespirits

Author:wespirits
WESTERN SPIRITSのつぶやきへようこそ!

WESTERN SPIRITSホームページ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR