Entries

千葉のIさんご訪問

暫くぶりである、前回ご訪問されてから、一年半は経っている、そして私の左手の平が痺れてから連絡をとっていなかった、私自身健康管理が駄目で悔しかったからである。


Iさんはその間ずっとご使用されてきたアルテックの620のボックスから決別され、ウーハーごとエールに取り替えたらしい。


まだエージングがすんでないので、ウエスタンスピリッツの音を聞かせてほしいとの事。


となれば善は急げ早い方がいい、早速ご試聴願った。


さてどうなるでしょうか。


試聴はCDから始まった、Iさんはクラシック党(バロック好き)である、先ずはここから。


「帯域バランスは整っているとは思うが、もっと低音が欲しい」との事。


思っていたとおりである、しかしジャズのレーベル(ビーナス)を聞くと「やっぱり活き活きしている」との事だった。


言いたい事は瞬時に分かった、私が「でもエールと比べ低音がないでしょう?」と聞いてみた、Iさんは一言「うんっ」とおっしゃった。


ようするにクラシックコンサートで聞く、コントラバスの帯域が足りないとの事だった。


Iさんの導入されたエールのボックスとは、ウーハーが38センチで容積が370リットル、理想の容積である、しかも理想の密閉型である、理論的に話せばウエスタンスピリッツは、絶対に太刀打ち出来ない。


そして、少し休憩し色々話した、ウエスタンスピリッツの今の音とは、徹底的に余計なもの(付帯音)を排除しようとした音の方向である。


今回のアナログの試聴はモノラルを聞いてみたいとのIさんのご要望だった「暫く使ってなかったイコライザーを繋がなければならない、大丈夫かいな?」私は思った。


何とか繋げたがノイズが出たので、配線をやり直し繋がった、少しの慣らしを経て聞いてみた。


モノラル再生は時代やレーベルによってレコードのリアカーブが違う、これを標準化するのがこのイコライザーなのである。


聞いてみた「やはり駄目か?」初めはそう思った。


しかし、二枚目からは俄然鳴りだした「やはりモノラルはイコライザーでリアを補正し正しく鳴らさなければならない」そう思った。


三枚位聞いた後、Iさんはこう話した「何も意見はない、良いと思う」私も自分なりに良いと思い聞いていた。


Iさんはこう話した「エールの音は優しく穏やかな音」これは逆に私の好みである、それに比べウエスタンスピリッツの音「再生帯域は狭いが、モノラル時代の音を残し、そこがモノラルの旨味を引き出しているのではないか?」


エールの音とはダイナミックレンジが広くなった分、歪みはないがウエスタンスピリッツのような濃密な音はない。


しかしウエスタンスピリッツの音には、本当のクラシックコンサートのようなホールトーンのような雰囲気はあまり感じない。


その通りだと思ったが、私はエールの音が多分好きだと感じる。


しかし、我が家にエールは入らない、天井もリスニングポイントも無理がある、そして思った「オーディオに答えはない、やはり部屋の形と容積と距離である」そしてかけるソフトはシステムが選んでいる。


クラシックが聞きやすいエール、モノラルが聞きやすいウエスタンスピリッツのJBL。


どちらも正解で、どちらも不正解だと思った、つまりどんなにやっても万能なものはないと思った。


お互い狂ったようにオーディオにのめり込んできた仲なのである、でもそこそこの答えは出た「オーディオは結局願ったような音になる、しかしどこにも答はない」これが今回の結論。


私はIさんからモノラルのご試聴を要望された時、かなり否定的だった、しかしひっくり返ってしまった、Iさんはウエスタンスピリッツの鳴り方を理解していたのだと思った。


Iさんのエールを聞くのが楽しみである、Iさんご試聴感謝いたします。






ワインは寝かせた時間

色々飲んできたそして思う、ワインやシャンパーニュの味とは、葡萄の出来が大切である、そしてズバリ作り手がどれだけ熟成させたかだと思う、だから高価なのです。


何年物、これが大切なのではないだろうか、日本酒やウイスキー、焼酎や紹興酒(古酒)総てに言える事です。


熟成期間のながいものはやはり、口当たりがマイルドである、これは主観だが、アルコールの ツンッと した嫌みがないのである。


そして如何に作り手が商売に走らず真面目に作っているかである、昔は美味しかったお酒が今はどれだけ不味くなったのか、真実を語る方は希である、私はシャンパーニュで気がついた。


テレビなどで紹介され美味しかったお酒は数少ない、今の時代そこでしか買えない、そんなものはない筈である。


購入された方の口に入るときにベストな状態になるように出荷する、これが本当である。


オーディオにはエージングがある、私は出来上がったケーブルを必ず三日間聞いてから発送しています、どこか似てはいませんか。


当然ケーブルも熟成されます、聞けば聞く程ほぐれて、総ての音は刺がなくなり熟成されるかの如しです。


本当のエージング時間は1000時間です、これが理解出来ないとオーディオは出来ません。


どこかワインと通じる気がします。


簡単に優れたものは作る事が出来ません、飲んでいただき、聞いていただき初めて違いが分かるのです。


これを語りたくてこのブログを始めました、ウエスタンスピリッツケーブルとは、ワインやシャンパーニュと似たようなものなのです。






船橋シャポー

船橋シャポーは二月九日金曜日にオープンしました。


何年も工事をしていてみんな待っていたのでしょう。


我々は土日祭日を外し火曜日に行って来ましたが、めちゃめちゃ混んでいました。


飲食店が沢山入り、かなり気合いが入っていました、その中のとんかつ屋さんで食べて来ましたが、正直値段のわりにあまり美味しくなかったです。


シャポーを一通り見物して、船橋西武の地下を見てきました、やはり閉店セールをやっていますが、店内はガラガラで店員もやる気がなく感じました。


シャポーがオープンしたからとか、船橋東武に負けたとかではなく、もう船橋は百貨店の時代ではないのだと思いました。


そして何時もの東武行き、夜に食べるパンやフルーツを買って来ました。






クラシック党になった

若い頃、職場の先輩方に言われた、君、音楽を色々聞いていくと、多分、貴方も最後はクラシックを聞くようになるでしょうと。


その言葉は現実となった、何より音が良いのと、楽器が全く違うのです。


これはあくまでも主観ですが、ジャズは何を聞いても勢いやのりでしかない気がするのです、個人的に今はあまりジャズを聞きたいと思わないのです。


そして、ジャズは録音と楽器がクラシックと違うと個人的に感じます。


私の時代ジャズイコールJBLだったのです、私の場合もそうでした。


しかしジャズをまともに鳴らそうと思ったら、クラシックもまともに鳴らせないとジャズもまともに鳴らせないと感じるようになったのです。


しかし、極限までオーディオを鳴らしてみたくなり、クラシックも聞くようになり、次第にJBLもクラシックが上手く鳴らせるようになった、と、言った方が良いのかも知れません。


するとクラシックを鳴らした方が楽しくなった、と言うことです。


ウエスタンスピリッツのシステムは、クラシックがとても上手く鳴っている、そう思えるのです。


自分で言うのも変ですが、ここまで鳴らすには並大抵の努力ではありませんでした。


寝食忘れて努力しました、今ではジャズはあまり魅力を感じなくなりました。


やはり帯域バランスありきだと私は思っております、ジャズしか鳴らないJBL、そんなものあるのでしょうか?


総ての音はゼロから立ち上がり鳴るのです、そして瞬時に消える、ならばクラシック向き?ジャズ向き?この様な言葉そのものが、理論から外れる筈だと思ったのです。


ウエスタンスピリッツは今のところ、クラシック党になっております。






定位

ただひたすら一点だけを見つめてオーディオを聞いていると 、 総てを見晴らせる時がある、これが私の言いたかった定位です。


どんなに機材を弄ってもその定位が鳴る事はない。


あくまで機材のスペックが上がっただけでその先がない、私はそれをもっとお伝えしたくこのブログを始めた。


しかしご理解できない方もいらっしゃる、でも分からなくても音は理解出来るらしい。


これは感じ方の違いで、そう言ったアイテムが思考にないだけだと思う。


横一列に並ぶと表現する方が多いが、そうではない、そもそもそのように録音されてないのです。


後奥行きが分からないと話す方もいらっしゃる、しかし奥行きつまり前後感は確かにある、そして上下感や左右感もあります。


でもこれが分からないと二本のスピーカーの微妙な設置の仕方や、ユニットそれぞれの置く位置が分からない事になる。


これが分からないと位相の管理は難しいと言わざるを得ない、これだけは誰も文献にしてないからである、二等辺三角形の頂点で聞くなど間違えた理論を持った方もいらっしゃる。


位相の管理が分からないと正しい帯域バランスをとるのは難しいと思う。


定位がしっかりして来ると、こちらが多少リスニングポイントから動いても、しっかりその位置から音が聞こえて来るから不思議である。


そして帯域バランスも含め音が良くなる、私の友人にひとりだけ二本のスピーカーのセッティングに優れた方がいる。


私個人はそのセッティングがどうしても出来ない、私はその感性に乏しいのだと思う。


私のスピーカーはオールホーンシステムなので、指向性が強く特に難しいが、友人が来るとかなりの確率でそのセッティングが決まる。


友人の話によると使ってる機材は関係ないようである、左右のスピーカーがリスニングポイントで聞いた上に於いて、揃って動作しなければならないと話す。


余程特殊なスピーカーでない限りセッティング出来ると話す。


そして私がまだオーディオの販売員だった時、沢山のスピーカーが展示されてる一つを鳴らすと確実に言い当てる事が出来た、今でも変わらない筈である。


そのメーカー独特の音がすると言うのである、私にはとてもではないが無理だった。


どんなお客様で試しても分かる方はひとりもいなかった。


その友人のオーディオはその定位が間違いなく鳴っていた、私にそのセッティングは出来ないが聞いたら理解出来た。


神経質な鳴り方ではあるが確かに鳴っていた、彼のスピーカーシステムはタンノイのGRFメモリーだった。


昔はヤマハのNS‐1000(NS‐1000Mではない)だった、その頃から音は抜群だった、彼は某大手スタジオのレコーディングミキサーだった。


本当に妥協なく二本のスピーカーが消えたような鳴り方を聞いたとき、自分の耳を疑った。


暫く自分のシステムを聞く気にならなかった。


定位が真に決まっていると音も優れているのです。


しかしこの様な定位は、彼のシステムでしか聞くことはなかった。


素晴らしいと思う。






Appendix

プロフィール

wespirits

Author:wespirits
WESTERN SPIRITSのつぶやきへようこそ!

WESTERN SPIRITSホームページ

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR